小悪魔agehaの「男を殺すパンケーキ対決♥」特集が興味深かった件

「男を殺すパンケーキ対決」というインパクトのあるタイトルを見かけた。「メイク名人のage嬢たちが本気で作ったパンケーキを男のコ5人が試食して順位を決めた!!」という企画。パンケーキはホットケーキミックス焼くだけだし誰でも作れるよね…と読み進めてみると驚愕の事実が。そういえば小悪魔agehaの名物編集長、もう退職されてたんですね。

小悪魔agehaとは

小悪魔ageha(アゲハ)は勢いのあるギャル系ファッション雑誌でキャバクラ嬢を主な読者層に設定している。誌面づくりにも特徴があって普通ファッション誌の見出しにネガティブな単語は使わないものだが小悪魔agehaでは「病みから闇み」や「心に鎧を」といったコピーが並び自らの傷を抱えつつ媚びない姿勢を打ち出している。

私たちはが頭を高く盛ることは
顔をかわいく見せるためだけじゃなく
外敵から身を守るための
武装だった。
それが今、武装がひとつはずれた。
待ちに盛りがあふれ、景色にとけこみ
私たちは高く高くデカくデカくしなくても
身を守ることができる。
あとはただ、
心に鎧を―

名物編集長だった中條寿子さんのインタビューはこちら。『小悪魔ageha』中條寿子編集長が語る 読者に憑依して書く「キャッチコピー力の極意5カ条」とは? « 編集者.jp | あの本を作った編集者の哲学・仕事術
小悪魔ageha

ガチ勝負!!男を殺すパンケーキ対決♥

5年ぶりの伝説的企画、と銘打っているので前回をむしろ見てみたいのだが号数がわかる方は連絡いただきたく。まあホットケーキミックス焼くだけだから誰でもパンケーキ焼けるよね、と思っていたがページをめくってその手で来たか〜と予想を外されたのであった。

超ひさびさのお料理企画、今回はなんと大人気スイーツのパンケーキをage嬢たちが手作り♪そして男のコたちが試食して採点!!ド派手ネイルだって料理がしっかりできること、証明します!(誌面より)

男を殺すパンケーキ対決

えっパンケーキ料理せずに盛りで勝負なのwww

登場する5人のage嬢のうち、パンケーキを焼いてない人がいるwww。特集の扉で「ド派手ネイルだって料理がしっかりできること、証明します!」って言ってたのに…。「さくりな」こと桜井莉菜さんは看板モデルだから参加しなければ的大人の事情だったのだろうか。

ベースは完成品で
普段料理しないから、失敗も考慮して市販の完成品を使うで♪
袋を開けるだけで簡単や

皆さん全体的に盛りで勝負していたのだが、これはある意味パンケーキブームの本質を良く捉えていると思う。

  • パンケーキ生地の違いは差別化要素にならない
  • 見栄えが大事

ということだ。素人がいきなりパンケーキを焼いても生地で差別化するのは難しいし、見た目でも違いがわからない。実際には米粉・全粒粉・バターミルクとか厚焼きとか手法があってだからパンケーキ専門店に行く価値があるわけだ。

次に見栄えが大事、という話。原宿で人気があるエッグスンシングスであれば山盛りのホイップクリーム、カイラであれば山盛りのフルーツということでビジュアルに特徴がある所が多い。出てきてキャーッ、写メを撮って「原宿でパンケーキ行ってきた〜」とシェアする所までがパンケーキ体験、ということ。
盛りで勝負

なおエッグスンシングス/ディキシーダイナー/カイラなど手本を食べたければこちらに、と紹介されていた。

「珈琲時間」誌のパンケーキ特集(東京・原宿)がすばらしいのでみんな買うべき

パンケーキブームでHanakoからSweetまで色々特集を見てきたが現在発売中の「珈琲時間」のパンケーキ特集はかなりいい。ブームとして紹介する場合広く浅くパンケーキ店を紹介することになり私のようなパンケーキ情報を見まくっている人間にとっては既知の情報が多かった。「珈琲時間」は買うべきです。

珈琲時間の掲載店

長くなるので先に掲載店を紹介。hara19.jpからみじんこミモザ、後はトミナガユキコさんの「パンケーキ・ノート」に載っているお店かな。いずれも味に外れの無い、あるいは取り上げるストーリーのあるお店で珈琲専門誌だけあるな、と。ファッション誌のパンケーキ特集だとどうしても純喫茶より若い女性受けする店が選ばれがちだがバランスが取れている。

七里ガ浜・bills / 表参道・カフェカイラ / 梅ヶ丘・リトルツリー / 湯島・みじんこ / 江ノ島・エッグスンシングス / 恵比寿・アクイーユ / 茅場町・珈琲屋 / 外苑前・香咲 / 横浜・パンケーキリストランテ / 浅草・ミモザ、「首都圏の名物ホットケーキ」として鎌倉・イワタコーヒー / 八幡山・ルポーゼすぎ / 南千住・オンリー / 平井・ワンモアがセレクトされている。

その他京都・スマート珈琲 / 大阪・雪ノ下工房 / 大阪・丸福珈琲店など首都圏以外も掲載されているが省略。

珈琲時間2013年8月号

珈琲時間のパンケーキ特集がいい所

写真もテキストも編集も良い、と言ってしまうと褒め過ぎだろうか。

各店10点以上の豊富な写真
メニュー各種、ドリンクにカップ(珈琲雑誌だし!)、オーナーの調理風景、店内、看板などお店の全体像を把握しやすい。日本ではホットケーキ=おやつとして定着してきた経緯もあって専門店が少なく純喫茶・カフェ・ホテルに海外系など出自が様々。パンケーキ写真だけではなく大人な雰囲気なのかカジュアルな雰囲気なのかわかるのは大事なポイント。

各店オーナーやシェフの名前入りコメント掲載
広報資料のリライトではなくご本人から「こういう意図でこうしている」と語られていて親しみが持てるし特集として取材を入れただけの付加価値が付いている。例えば浅草のミモザ。元々3段のホットケーキが6段のタワーになって話題になったのだが「スカイツリーが400mに達すると4段に、500mで現在の5段になった。」「完成したスカイツリーは645m。だから、一番上にカルピスバターをのせて6段にしました。」と経緯が語られている。ちゃんとスカイツリーの高さに合わせていたとは知らなかった。

目次構成
表紙に七里ガ浜・billsを持ってきて冒頭で「海とアイスコーヒーとパンケーキ」のキャッチコピーで導入とし。続いて「海とあるカフェ」で海辺にあるカフェを巡る旅。第二特集でメインの「パンケーキの美味しい喫茶店」が登場する。

  • 七里ガ浜→第一特集の海岸沿いのカフェ
  • パンケーキブームの発端となったbills→第二特集のパンケーキ

という二重のリンクがズルい(褒め言葉)。

▼万惣系ではメープルシロップそのままではなく黒い自家製シロップだが普通に写真を撮ると写らない。ので、かけている所を撮ったという意図の写真だとすればわかっている感ある。
珈琲時間「リトルツリー」

七里ガ浜・billsのふわふわリコッタパンケーキ

現在のパンケーキブームにbillsが果たした役割は大きくて、オヤツなイメージのホットケーキに対してパンケーキは朝食にも食べるよ、というライフスタイルを持ち込み、「世界一の朝食」というキャッチコピーと共に海外のパンケーキ店を持ち込むスタイルを確立し、今流行っているリコッタパンケーキを持ち込んだのもbillsである。

そういう文脈でbills一号店である七里ガ浜を表紙に選んだのはわかっているな感ある。

>> bills横浜限定のパンケーキ

billsのリコッタパンケーキ

表参道・カフェカイラのカイラ・オリジナル・パンケーキ

ゴールデンウィークにはパンケーキブームがピークに。カフェカイラの行列がGYRE最上階に達するという話もあり、今一番並ばないと入れない店の1つ。予約不可なのでお早めにどうぞ。

エッグスンシングスと同じハワイのパンケーキ店だが最初はスカイツリーの近所に出店、行列が長くなりすぎて表参道GYREへ移転してきた。

>> 原宿カイラのパンケーキ

カイラ・オリジナル・パンケーキ

梅ヶ丘・リトルツリーのホットケーキ

想い入れがある分記事にできていない梅ヶ丘・リトルツリー。赤坂ホットケーキパーラーFru-Fullと同じ万惣出身の方のお店。万惣のホットケーキと池波正太郎の話で書いたように美食家の池波正太郎がエッセイに書くなど著名人にもファンが多かった。

ホットケーキの側面を見れば確かに万惣系ではあるけれども木材を多用したリトルツリーの内装にはオーナー冬木さんの個性が反映されており、長く地域に愛される店になると思う。

>> リトルツリー(little Tree)

リトルツリーのホットケーキ

湯島・みじんこのパンケーキ

東京最強のパンケーキランキングで書いたようにみじんこは個人的に一番好きなカフェ。パンケーキがきっかけで訪れたらホットサンドやフレンチトースト、珈琲などみんな美味しい。混むと困るなあ、と思って最近は紹介していないのだが先週末寄ったら行列していたorz。パンケーキは14-19時の時間限定なので平日はなかなか行けない。

>> 自家焙煎珈琲 みじんこ

みじんこのパンケーキ

江ノ島・エッグスンシングスのパンケーキ

ハワイに本店があって2010年に原宿に上陸。途切れない行列がパンケーキのニーズを明らかにした。エッグスンシングス/bills/カイラ/サラベスの4店がセットで取り上げられることが多い。

>> エッグスンシングス 湘南江の島店(Eggs’n Things)

エッグスンシングス原宿のパンケーキ

恵比寿・アクイーユのパンケーキ

恵比寿駅から代官山方面に登っていく坂の途中にあるカフェ。女性率90%近いお店だがパンケーキは2人で食べきれないほどのビッグサイズ。大きい分盛り付けしがいがあるのだろう。4人以上で行くのがおすすめ。

>> accueil(アクイーユ)

恵比寿アクイーユのパンケーキ

外苑前・香咲のパンケーキ

今から30年前に「香咲」と書いてCASA(かさ)と読ませていたお洒落ネーミング。ハンバーガー食べログ日本一のA&G DINERと同じブロックにある。元々はまかないとして出していたホットケーキが今は定番メニューに。静かな時間を大事にする大人の喫茶店。

>> カフェ香咲

P1120388

横浜・パンケーキリストランテのパンケーキ

横浜にはbills・エッグスンシングス・コヴェントガーデンなどの有力店があるがコヴェントガーデンが6末で閉店してしまったので横浜でしか食べられないパンケーキ店の筆頭になるだろう。

>> Pancake Ristorante(パンケーキリストランテ)

横浜・パンケーキリストランテのパンケーキ

浅草・ミモザのホットケーキタワー

元々3段だったのに「ほら、スカイツリーもできたでしょ」とタワーにしてしまうのが下町っぽい感じがして好き。写真ではカルピスバターを入れて7段だが、正しくはホットケーキ5段+カルピスバターの6段が正しいらしい。そういう大雑把さも含めて好き。銅板で焼く本格派。

どの駅からも歩く場所にあるので最近までパンケーキが知られていなかったお店。

>> 浅草ミモザの積み上げるにも程があるホットケーキ

ミモザのビッグホットケーキにシロップをかけて

ルポーゼすぎのホットケーキ

5の付く日はホットケーキの日!京王線八幡山駅の喫茶店「ルポーゼすぎ」では毎月5・15・25日に飲み物を注文した人は通常500円のホットケーキを150円で提供するサービスデーをやっている。そう、5日と言えば今日。GO NOW!!

>> 5の付く日は通常500円のホットケーキが150円!八幡山の喫茶店「ルポーゼすぎ」

ルポーゼすぎのホットケーキ

というわけで珈琲時間のご購入はこちら!

 

私が編集に関わったこちらもよろしくお願いします!

楽天スーパーセールで「パンケーキママカフェVoiVoiのしあわせパンケーキのつくりかた」をget

昨日終わってしまった楽天スーパーセールで「パンケーキ」を検索した所「パンケーキママカフェVoiVoiのしあわせパンケーキのつくりかた」が安くなっていたので購入。パンケーキのレシピ本になんとフライパンが付いてくるという豪華本。

パンケーキママカフェVoiVoiは三軒茶屋の独立系パンケーキで東京のパンケーキの中でも味の評価が高い。お店のパンケーキメニューも豊富だが「パンケーキを食べる文化を広めたい」という理念で雑誌や書籍でもレシピを公開してくれている。

パンケーキママカフェVoiVoiのしあわせパンケーキのつくりかた

まだ開封しただけで実際に使っていないのだが小ぶりなフライパンに充実したレシピ本が付属。レシピ本はオールカラーでメニューの種類も豊富。これはお買い得じゃないでしょうか。手元に九州パンケーキの粉があるので試してみるつもり。

VoiVoiのフライパン付きパンケーキレシピ本

沖縄のパンケーキハウスからレシピ本「Paanilani とっておきのパンケーキレシピ」が登場

沖縄のパンケーキハウス「Paanilani(パニラニ)」からパンケーキレシピ本という情報。発売は6月20日。

かつて日本一パンケーキを食べたブロガーとして名を馳せたパチコさんが沖縄にオープンしたパンケーキハウス「Paanilani」。難しい綴りだが「パニラニ」と読む。

沖縄のパンケーキハウス「パニラニ」

パニラニはANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートがある恩納海岸リゾートのロードサイドにある。リゾートに来た人たちがガイドブックを見てパニラニにも来てくれるわけだ。
パニラニの外観

先日沖縄旅行で訪れているのだがそれはまた別記事で。
パニラニのココナッツミルクパンケーキ

週刊文春にトミナガユキコさん監修の「大人のパンケーキ案内」ウエスト青山ガーデン・赤坂ORIGAMI・川崎ロージーズカフェ・原宿CAFE BANYAN・阿佐ヶ谷とらや椿山

週刊文春2013年5月23号(2724号)にパンケーキ・ノートトミヤマユキコさん監修の「大人のパンケーキ案内」が載っていると聞いて買ってきた。週刊文春を買うのは初めてかも。トミヤマユキコさんが選んだのはウエスト青山ガーデン赤坂ORIGAMI・川崎ロージーズカフェ・原宿CAFE BANYAN・阿佐ヶ谷とらや椿山の5店。

週刊文春の「大人のパンケーキ案内」は「パンケーキ・ブームに乗りきれない人にこそお薦めしたい、大人をも魅了するパンケーキ案内」ということでカラー4ページにわたってパンケーキが紹介されている。読者層を意識して年代高めな方でも入りやすい店がセレクトされていると思う。

椿山以外は行ったことがあるので各パンケーキ店をご紹介しよう。

ウエスト青山ガーデンのホットケーキ

冒頭に登場するのはウエスト青山ガーデン。ここは洋菓子舗ウエストが持つ喫茶室。青山霊園の脇にありリゾート地の別荘かはたまた高級ホテルのラウンジかという空間で人気が高い。

ホットケーキは客のほとんどが注文する名物でここと横浜店でしか出していない。淡いキツネ色の円盤は大ぶりで1枚をシェアするくらいでちょうどいい。

ホットケーキ以外にも美味しそうなメニューが沢山あるのでお連れ様にも選択肢が豊富。
ウエスト青山ガーデンのホットケーキ

赤坂ザ・キャピトルホテル東急ORIGAMIのジャーマンアップルパンケーキ

首相官邸そばのザ・キャピトルホテル東急こオールデイダイニングORIGAMIは高級ホテルのラウンジという側面も強い。混まず深夜まで営業しているので使い勝手が良い。

ジャーマンアップルパンケーキはオバマ大統領に提供された一品。薄いクレープ上の生地がフライパンの縁に沿って壁になっている珍しい形。

見た目、壁を崩す感触、シロップしみしみにしていただく味覚と様々な楽しみ方ができるジャーマンアップルパンケーキは話のネタになるだろう。
ORIGAMIのジャーマンアップルパンケーキ

川崎ロージーズカフェ

WIRED CAFE系列のロージーズカフェは今の所川崎にしか無い。

ダッチベイビーという鉄板をオーブンで焼き上げてそのまま提供するパンケーキが売り。

ラゾーナ川崎のわりには混んでいないがそれでも週末はそこそこ並ぶ。提供までしばらく時間がかかるので年配のご夫婦は手持ち無沙汰になるかもしれない。
川崎ロージーズカフェのダッチベイビー

表参道CAFE BANAYN

BANYANは表参道のGYRE裏手にできたハワイ風カフェ。

小綺麗な内装で盛り付けが綺麗なパンケーキが出る。空いているので表参道を歩き疲れたら休憩に使えそう。
CAFE BAYAN

阿佐ヶ谷とらや椿山の小倉ホットケーキ

とらや椿山というのは和菓子屋さん。ホットケーキと言うよりもどら焼きにあんこというイメージらしい。詳しくは文春本誌をご購入ください(笑。

週刊文春2013年5月23号の興味深かった記事

文春を買ったのは初めてだがたまたま話題の号だったらしい。目次はこちら週刊文春2013年5月23日号 | 最新号 – 週刊文春WEB

  • 「就活女子学生をホテルに連れ込んだ「大手マスコミ」人事部長の名前」
    共同通信の人事部長が就活の女学生をホテルに連れ込んで問題になっているのを隠している不祥事のスクープ。これは昨日社長以下処分が発表されたが文春の報道を受けてのものだろう。
  • 「『八代亜紀作』の絵は私が描きました」 大物演歌歌手の盗作疑惑を告発

八代亜紀の絵を描いたのは「誰」か? – Ohnoblog 2 真偽は判断できないがタレコミに基づいて予備校生を斡旋していた人物にも直撃しており記事の体裁は成していると思う。八代亜紀の絵は地元の市役所にも飾ってあるというTweetを見かけたが『”あの八代亜紀”が描いたという「設定」だけに意味のある、八代亜紀のサイン入り色紙(有料)なのだ。』というポジションが大きな話題になっていない要因かなと。

小泉里子、表参道駅の広告ジャックで「パンケーキには生クリームとシロップをたっぷりと!」と力強く宣言

表参道駅から帰ろうとしたらCLASSY.が表参道駅構内をジャックしていてびっくりした。CLASSY.2013年6月号ではモデルの小泉里子関連で5つの巻頭特集を組み憧れのスタイルを披露している。せっかく走ったのにエッグスンシングス的にパンケーキに生クリームとシロップをオンだと元の木阿弥だがいかに…と早速手に入れてみた。

CLASSY小泉里子が表参道駅を広告ジャック

表参道駅の柱巻広告は定番の一つ。直近ではオーク表参道の開業PRやテニミュ10周年記念で広告ジャックされていた。

小泉里子さんは帝人水着キャンペーンガール > CanCam専属モデル > Oggi表紙キャラクター > CLASSY.表紙モデルという来歴。年齢に合わせていい歳のとり方をされてるなあ。
里子“パンケーキには生クリームとシロップをたっぷりと!だって今日も走ったから(笑い)”

しかし突然の…感はありますね。
_人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
> パンケーキには生クリームとシロップをたっぷりと! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

CLASSY.2013年6月号

新しい小泉里子の魅力、全部見せます
こなれカジュアルは「里子シンプル」で進化する!

ということで巻頭でファッション、シーン別着こなし、ファッションアイテム、小物、ライフスタイルを特集している。

  • PART1 仲良しスタイリスト荒木さんとがっつりオシャレトーク!
    里子×里実で考える「里子シンプル」最新バージョン
  • PART2 シーン別にリアルな着こなしを再現してみました
    もっと知りたい!「こんな時、里子は何を着ていく?」
  • PART3 少しずつ揃えて大切にしていきたい名品10
    これからの里子を作る“10年愛”アイテム
  • PART4 私服がいつもオシャレなのは理由がありました
    里子流“考える小物”でシンプルはもっとこなれる
  • PART5 ブログだけでは分からない“素顔”を公開
    里子の「朝活」「昼活」「夜活」密着ドキュメント

里子の「朝活」「昼活」「夜活」密着ドキュメント

表参道駅という場所で「パンケーキには生クリームとシロップをたっぷりと!」だとエッグスンシングス原宿のホイップクリームたっぷりのパンケーキを連想したのだが、違ったようだ。

「朝活」で走った里子さんが自分で調理したパンケーキを食べるというストーリー。写真ではそんなに生クリーム乗せてないですね。むしろフルーツたっぷりで健康的な感じ。
CLASSY 里子の「朝活」「昼活」「夜活」密着ドキュメント

ちなみにエッグスンシングスのパンケーキはこちら。
エッグスンシングス原宿のパンケーキ

冒頭の「里子×里実」の特集は等身が小さく見えてどうかなと思ったけれどこのライフスタイルのページは里子さんの自然な表情が出ていて気に入った。モデルで完璧超人な生活と思わせて「ジョギングしていることを言い訳に」シロップ沢山かけちゃう、そのギャップが親しみやすいということかも。
CLASSY 里子の「朝活」「昼活」「夜活」密着ドキュメントでパンケーキをほうばる里子さん

SPRiNGパンケーキ特集「恋するパンケーキBOOK」掲載店

SPRiNG5月号に「恋するパンケーキBOOK」が付属していると聞いたので購入してみた。4大パンケーキショップ、スイーツ系パンケーキ、食事系パンケーキ、パンケーキレシピで20店ほど紹介されている。

SPRiNGが選んだパンケーキ店

今あちこちでパンケーキ特集を見かけるがどの店を選ぶか楽しみ。SPRiNGが選んだ4大パンケーキショップは新宿のサラベススラッピーケークス、表参道のカフェカイラ、青山Daylesford Organicだった。

人気店というとエッグスンシングス原宿店やbillsを入れたくなるが毛色が違うものではザ・キャピトルホテル東急ORGAMIのドイツ風パンケーキ「ジャーマンアップルパンケーキ」やDaylesford Organicの「ブリティッシュパンケーキ レモン&シュガー」を入れてくる所が多い。

ファッション誌SPRiNG

SPRiNG(スプリング)は宝島社の女性ファッション誌。5月号の表紙は井上真央さん、特典はツモリチサト特製「恋を呼ぶ♥ピンクドットの大型トートバッグ」でこれを目当てに購入した肩も多いようだ。6月号は石原さとみさんが表紙、特典は「くまモン保冷・保温バッグ」ということでもっと売れそう。

NEWSな4大パンケーキショップ / SPRiNG「恋するパンケーキBOOK」

世界にその名を知らしめるパンケーキの名店が続々オープン。並んでも食べたい、ウワサの4店舗を直撃、ということで以下のセレクト。カフェカイラは2-3時間待ち、サラベス、スラッピーケークスも週末は並ぶはず。Daylesford Organicは毛色が違うから入れてあるだけなので普通に入れるはず。
サラベス / カフェカイラ / Daylesford Organic Aoyama / SlappyCakes

サラベス「レモンリコッタパンケーキ」

「NYの朝食の女王」と鳴り物入りで日本に上陸したのサラベス。サラベスでは実際の所パンケーキよりエッグベネディクトの方が人気があるらしい。1400円と高いがが4枚ということで3-4人でシェアするメニューかな。

サラベスのレモンリコッタ パンケーキ

カフェカイラ「カイラ・オリジナル・パンケーキ」

表参道に移転してからカイラ・オリジナル・ワッフル トッピング全部のせ(1900円)というメニューが加わった。これはカイラ・オリジナル・パンケーキのパンケーキがワッフルに変わったもの。押上店当時は再現できなくて満を持して登場。カイラはハワイの実物とほぼ同じメニューが出るので満足度が高いと思う。

ちなみにカフェカイラは2時間待ちくらいになっているようだ。予約を受けていないので朝一で1-2周目に入るか平日の夕方19時以降の運を狙うのが比較的並ばない。

カイラ・オリジナル・ワッフル トッピング全部のせ

Daylesford Organic Aoyama「ブリティッシュ・オーガニック・パンケーキ」

デイルズフォード・オーガニック青山店は英国のオーガニックカフェの日本一号店。クレープのような薄い生地の「ブリティッシュパンケーキ」はヴィジュアルが変わっているので良くメディアに取り上げられる。

ブリティッシュ・オーガニック・パンケーキはトッピングで値段が変わる。レモン&シュガー 600円、ローストアップル&シナモンクリーム 800円。通勤路なのでたまに覗くけれどパンケーキ店と認識してる人は余りいないと思われる。
デイルズフォード・オーガニックのパンケーキ

スラッピーケークスのパンケーキ / SPRiNG「恋するパンケーキBOOK」

「自分で焼くパンケーキ」を売りに新宿ルミネにオープン。ボックス8席ほどにホットプレートがビルトインされていて自分でパンケーキを焼くことができる。

ちなみにホットプレートがあるボックス席以外では普通に調理済みのパンケーキが出てくる。
スラッピーケークスのパンケーキ

スイーツ系パンケーキ / SPRiNG「恋するパンケーキBOOK」

SWEETS Pancakeとしてパンケーキ7店を紹介。micro cosmos、North Side Cafeは未訪問。
ドゥ・アンジュ / accueil / micro cosmos / RAINBOW Pancake / 帝国ホテル / 2piece cafe british / North Side Cafe

ドゥ・アンジュ

Due Anguxは姫系の女子女子したパンケーキ店として知られているが実はここのパンケーキはレベルが高い。ふわふわ三段重ねのパンケーキはももちどりやSATSUKIに引けをとらない。

注意点としては一度に9枚しか焼けないという制約がある。店内には通されるが1-2時間待ちだったりするので時間と心に余裕を持って。

表参道ドゥ・アンジュのパンケーキ

代官山accueil(アクイーユ)のパンケーキ

アクイーユは女子率が高いパンケーキ店なのだが20cmクラスの巨大パンケーキが出てきて意表を疲れる。女子会など複数人でシェアしてネットで共有したりして楽しむ、そういう使い方があっている。数百円安い「ハーフサイズ」も登場しているがそれでも結構なサイズである。

恵比寿アクイーユのパンケーキ

RAINBOW PANCAKEの「マカダミアナッツソースのパンケーキ」

平日でも1時間待ちの原宿レインボーパンケーキ。ここのパンケーキは「行列してでも食べたいパンケーキ」と言えましょう。ふわふわ生地を三段重ねどろっとしたホワイトソースをかけたマカダミアナッツソースのパンケーキは絶品。

原宿レインボーパンケーキのマカダミアナッツソースのパンケーキ

帝国ホテルパークサイドダイナーの「インペリアルパンケーキ」

帝国ホテルのパンケーキは予備知識が無いと「帝国ホテルだから高いだけで普通のパンケーキなんでしょ」と思ってしまうのだがこの均一な焼き色はさすが。苺もいいものを使っていてサーブされた瞬間ふわりと香ってくる。

帝国ホテルのインペリアルパンケーキ

渋谷東急2piece cafe britishの「2PIECEスペシャルフルーツパンケーキ」

写真は綺麗なんだけどねえ。見本よりかなりフルーツやクリームの量が少ないんです。見た目重視なら一度はありかも。

渋谷2 piece cafe Britishのパンケーキ

食事系パンケーキ / SPRiNG「恋するパンケーキBOOK」

MEEL Pancakeとしてパンケーキ7店を紹介。SOAKS、はちみつ、ミーズパンケーキは未訪問。食事系パンケーキ店のセレクトは妥当なんじゃないでしょうか。SUNDAY JAM、UZNA OMOM、VoiVoi、THE GREAT BURGERはおすすめ。

SUNDAY JAM / UZNA OMOM / SOAKS / はちみつ / ミーズパンケーキ / VoiVoi / THE GREAT BURGER

原宿SUNDAY JAMのパンケーキ

SUNDAY JAMはメディアに出てる店の割りにはそれほど混んでいない。調理場が大きいからかな?玄人に評価が高い店で強火でカリッと焼き上げた薄い生地が特徴。

SUNDAY JAMのパンケーキ

UZNA OMOM「B.L.T.パンケーキ」

写真はB.L.Tでは無いが普段使いにもデートにも使えるキャットストリートのカフェozna omom。パンケーキを意識する前から通っている気がする。

uzna omomのパンケーキ

VoiVoiの「4種類のチーズフォンデュパンケーキ」

三軒茶屋のパンケーキ専門店VoiVoiさん。私の行動範囲からは遠いのだが何度か通わせるだけの魅力あり。食事系のパンケーキというとペラペラのベーコン一枚で「食事系です!」みたいなメニューを見かけるがこれだけチーズにサラダがかかっていれば満足度が高い。

VoiVoiのパンケーキ

THE GREAT BURGERのパンケーキ

GREAT BURGERのパンケーキ、好きですよ。薄いので一見食事にならないと勘違いするが実際はもちもち系生地で大きなベーコンにスクランブルエッグとこれぞ食事系パンケーキという感じ。

THE GREAT BURGETのパンケーキ

GQ JAPANに「なぜ、今パンケーキなのか?」のコラムが掲載される

ファッション誌GQ JAPAN掲載されたパンケーキブームについてのコラムがネットにもアップされていた。GQはVogue社の「大人の男性のクオリティ・ライフスタイル誌」。

日本は空前のパンケーキ・ブーム!! なぜ、今パンケーキなのか?では「今や全国規模に広がるパンケーキ・ブーム。“朝活”で変わりつつある昨今のライフスタイルにおいて、これは単なるブームなるのだろうか。」ということでブームの理由と東京のパンケーキ専門店が紹介されている。全文じゃなく抜粋かもしれないですね。

まずブームの理由としてbillsなどの運営に関わるトランジット・ジェネラルオフィス代表・中村貞裕氏のコメントが掲載されている。甘味、家庭のオヤツとして認知されてきたホットケーキが朝食そしてオールダイニングで食べられるイメージがつき始めた、これはあるでしょうね。

「朝食カルチャーをもっと盛り上げていこうと、“世界一の朝食”で知られる『bills』の日本1号店をオープンした際は、果たして朝8時から営業してお客さんが来るのか? という不安の声もありました。フタを開けたら連日“朝から行列”です。パンケーキは巷の“朝活ブーム”も牽引している。幸せな朝、充実した朝の象徴として、ブームというよりも新しいライフスタイルのアイコンとなりつつある気がします」。

東京のパンケーキ専門店4選!

パンケーキ専門店、の定義次第な所もあるがカフェ・カイラ表参道、bills表参道、サンデージャム原宿エッグスンシングス原宿店が取り上げられている。原宿・表参道の徒歩5分圏内にこれら4店舗が集まっている。

Café Kaila(カフェ・カイラ表参道)

ハワイで一番おいしい朝食、という売りで日本に上陸。2012年12月に表参道のGYRE地下に移ってきた。予約不可で日中は2時間待ちとまだ並ぶが押上よりは大幅に改善された。表参道に移ってからはハイビスカスの花を乗せるようになって華やかさが増したと思う。
カフェカイラ・オリジナル・パンケーキ

bills表参道

湘南、お台場と来て海沿いのイメージなのかなと思っていたら東急プラザ表参道の最上階にフラッグシップショップを構えたbills。bills表参道はアクセスも良くチャン・グンソクやAKB篠田麻里子など芸能人も度々訪れている。
bills表参道のリコッタパンケーキ

SUNDAY JAM harajuku(サンデージャム 原宿)

原宿のパンケーキ専門店サンデージャムではアメリカンな薄いパンケーキが出る。billsと同じトランジット・ジェネラルオフィスの運営。KDDIデザイニングスタジオ(通称Kスタ)の裏。立地の割に並んでいなくて美味しいパンケーキが出るので穴場。
サンデージャム原宿のパンケーキ

Eggs’n Things(エッグスンシングス)

パンケーキブームのきっかけを一つだけ上げろと言われたら多分2010年のエッグスンシングス原宿のオープン。パンケーキの行列が途絶えない様子から他の所も参入するようになった。
エッグスンシングス原宿のパンケーキ

GQ JAPANパンケーキコラムの掲載号

ネットにアップされたのが4/3なので3月号か4月号でしょうね。

5月号の表紙は力強いBeyonceなのでこちらも惹かれる。

と思ったらBeyonceの5月号掲載だそうです。

今日マチ子さんのWEB漫画「みかこさん」最新話にパンケーキが登場

オールカラーWeb連載マンガ今日マチ子「みかこさん」最新話が公開された。#190にパンケーキが登場。

今日マチ子さんは「今日マチ子のセンネン画報」で「ほぼ日マンガ大賞」や「文化庁メディア芸術祭」を受賞している。自分が知ったのは多分「ほぼ日マンガ大賞」の時。

本連載「みかこさん」はモーニング公式サイト内でオールカラー公開されているWEB漫画。副題は「残りわずかな高校生活は、噛むとがりっと音がする」ということで叙情的な風景が描かれている。

#188「休み時間」

それぞれの夢に向かって遠距離になってしまう二人。終わりの、予感。
今日マチ子 みかこさん

#189「返却」

図書館へ図書を返しに来たみかこは図書館で毎日会っていたカトー君との別れを実感する。言い聞かせるようにつぶやく。
「好き
だったんだな」


今日マチ子 みかこさん

#190「パンケーキ」

切ない。
「恋人ごっこーーー
最後くらい
つきあって
ほしいから」
今日マチ子 みかこさん

今日マチ子さんサイン会&原画展

今日マチ子の「みかこさん」6巻と「U[ユー]」の発売を記念して4月28日にリブロ池袋本店でサイン会開催とのこと。詳細はナタリー記事からどうぞ。

サイン会に参加するための整理券は、4月17日よりリブロ池袋本店にて「みかこさん」6巻または「U[ユー]」のいずれかを購入した先着100名に配布。電話での予約も4月17日より受け付ける。同じくリブロ池袋本店では、4月17日より原画展を実施する。「みかこさん」「U[ユー]」の原画が、合わせて18枚展示される予定だ。
コミックナタリー – 今日マチ子がサイン会&原画展、みかこさん6巻とU発売で

今日マチ子『みかこさん』公式PV #01 リップバーム

何これ出色の出来じゃないですか!!センスある動きで好き。

みかこさん既刊が発売されてた