ダッチベイビーとはどんなパンケーキか

最近話題のダッチベイビーって何という話。吉祥寺に上陸するアメリカのパンケーキ店「オリジナルパンケーキハウス」がダッチベイビーを売りにしているので今後メディアで取り上げられる機会も増えそう。

ダッチベイビーとは

まずパンケーキなのか別のメニューなのかという話。ダッチベイビー=ジャーマンパンケーキでつまりドイツ風パンケーキ。ダッチ=オランダかと思うと違うんですね〜。アメリカに移民したドイツ系の人たちが作っていたパンケーキがドイチュから訛ってダッチになったらしい。

調理方法としてはダッチオーブンで焼き上げる、アツアツもちもちの卵生地が特徴のパンケーキ。スキレットなど鋳鉄製の分厚いフライパンの縁にそって生地が立ち上がる所に外見的な特徴がある。生地は薄くクレープに近い感じ。一般にはオーブンの方が多いが赤坂ザ・キャピトルホテル東急ORIGAMIで出るジャーマンパンケーキはシェフがフライパンを器用にまわして縁を立てている。豆知識としてはORIGAMIのジャーマンアップルパンケーキはオバマ大統領が所望したメニューと聞いている。

見ていただいたほうが早いのでロージーズカフェのダッチベイビーの写真。
ダッチベイビー

ダッチベイビーが食べられるパンケーキ店(川崎・吉祥寺・東京)

パンケーキメニューが全部ダッチベイビーなのが川崎ロージーズカフェ、渋谷宮益坂方面のL.Loves R.(通称エルラブ)は最近できた店、吉祥寺のオリジナルパンケーキハウスは6月オープン予定でアメリカでは100店以上あるパンケーキチェーン店。

ダッチベイビーとはどんなパンケーキか by

↓ランキングに参加中!応援ぽちありがとうございます!

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

反応をいただけるとやる気がUPします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Powered by WordPress. Designed by Woo Themes