エッグスンシングス原宿に行列せずに入る3つの裏技

Tags: , , ,

エッグスンシングス原宿はオープン以来途切れない行列が話題を呼びパンケーキブームの先駆けとなった。原宿のパンケーキ店の中でもトップクラスの人気を誇るエッグスンシングスだがあのホイップクリーム山盛りのパンケーキを一度は食べてみたい、という人も多いのではないだろうか。昨年5-6回行ったので地元民としてエッグスンシングス原宿に行列せずに入る3つの裏技を紹介しようと思う。

原宿のパンケーキ店が混雑している、行列は何時間待ちだという記事はよく見るが原宿・表参道で2-3時間あれば色々見て回れるので並ばないのが一番いい。裏技というか地元の人なら知っている話をまとめただけだが個人的には30分以上並んだことはないので楽しんでいって欲しい。

▼「みんなのパンケーキ部」2013年人気ランキングで1位だったエッグスンシングス
エッグスンシングスのパンケーキ

エッグスンシングス原宿について

エッグスンシングス(Eggs’n Things)は1974年にハワイで誕生、“All Day Breakfast”をコンセプトに終日朝食メニューを提供するカジュアルレストラン。ハワイ観光の定番スポットとなり2010年、フランチャイズで原宿に進出した。

神宮前交差点の東急プラザ表参道原宿の裏にあるエッグスンシングス原宿店。大抵の場合表参道側まで行列が続いているから迷うことはないだろう。2010年以来数十回前を通っているが基本的にいつでも行列しているしそういうイメージを持っている方も多いと思う。

  • 休日:不定休
  • 営業時間:平日9:00~22:30(L.O 21:30)、土・日・祝8:00〜22:30(L.O 21:30)
  • 予約:不可

ちなみに横浜・山下公園店、大阪・心斎橋店も行ったことがある。心斎橋は週末まだ混んでいるらしい。平日は知らない。江ノ島店が一番雰囲気がいいと聞いたが夏は人が多すぎて行く気にならなかったのでそろそろ行きたい。

▼年末はクリスマスツリーが登場したエッグスンシングス原宿店
エッグスンシングス原宿店の外観

エッグスンシングス原宿には20時以降か平日朝一に行けば普通に入れるんですよ実は

並びたくないなら平日が原則。どうしても週末なら朝一か日曜20時以降がおすすめ。

  1. エッグスンシングス原宿は20時以降なら行列なし
  2. エッグスンシングス原宿には平日朝9時までに行くべし
  3. エッグスンシングス原宿の特殊な営業時間を狙うべし

エッグスンシングス原宿は20時以降なら行列なし

billsやエッグスンシングスは朝食のイメージがあるけれども夜22時過ぎまで営業しているってご存知でしたか?そして原宿・表参道は夜が早くて20時頃には人通りが減ってくる。

ということでエッグスンシングスも20時くらいにはほぼ行列が無くなって普通に入れる。とにかくエッグスンシングス食べてみたいんだ!という方はまず試してほしい。

P1060131

エッグスンシングス原宿には平日朝9時までに行くべし

エッグスンシングス原宿は108席もある大型店だ。平日朝一に来る熱心な人はさすがに100人もいないから9時までに行けば確実に一周目に入れる、という訳。冒頭の写真も朝一でお店に入って撮ったもの。

▼エッグスンシングス原宿の路地。平日9時過ぎだと10人程度の行列。
エッグスンシングス原宿店の行列

エッグスンシングス原宿の特殊な営業時間を狙うべし

エッグスンシングス、実は元旦から普通に営業していたりする(参照)。予約ができないお店は人が行かない時に行くのが基本。雨の日に通りがかると並んでいなかったり。

後は@ysakaki宛に聞いていただくのが早いかも。他にも原宿のパンケーキ店の行列混雑具合・予約方法まとめを書いているように別の店をすすめることもできるので。原宿・表参道エリアには30店近くパンケーキを出す店があって食事系からふわふわ系まで食べ歩きできます。

追記:やっぱり週明けとか寒い日とか余裕だそうです。

▼朝一のテラス席にて。人気が少ないのでマカダミアナッツをねだりに来たすずめ。
エッグスンシングス原宿店のテラス

ということで以上エッグスンシングス原宿に行列せずに入る3つの裏技をお届けした。続いてよくある質問と答えをお送りする。

週末の日中は数時間待ちなのでおすすめしない

エッグスンシングス原宿の行列はお店の路地と表参道側の2つに分かれている。目安としては表参道側に溢れている時は1時間待ち以上になっている。この写真は混んでいた昨年6月の週末。

生クリーム、苦手なんだよね

最近は生クリーム苦手な方も多いようですね。

エッグスンシングスの場合生クリームではなく植物性クリームを使っている。またボリューミーに見えてもホイップしてあって(泡立ててあって)空気を沢山含んでいるから軽い触感。スプーン、さくっと入ります。

エッグスンシングスのパンケーキ

あの量のホイップクリーム、食べられないでしょ?

そういう方のためにシロップが3種類も用意されている。右からメープルシロップ、ココナッツシロップ、グアバシロップ。お好きなだけ、おかけください。

エッグスンシングスのシロップ

ホイップクリームを2倍にするオプションがあるって聞いたんだけど

絵的に豪華になるかと思って頼む人がいますが(私ですw)ホイップが自重で潰れて美しくないのであまりおすすめしません。実際、女性で頼む人はほとんどいないと聞いたことがあります。

▼左手前がホイップ2倍のパンケーキ。奥が普通のサイズなので安心してください。
エッグスンシングス原宿のパンケーキ

エッグスンシングスのパンケーキ写真をきれいに撮るには?

エッグスンシングスで写真を撮るなら「ホイップクリームが垂直で」「ホイップクリームが自然な白色になっている」ようにしたい。

逆に言うと、エッグスンシングスのホイップクリームは1分もせずに倒れていくので手早く撮ること。また店内は黄色目のスポットライトが付いているのでテラス席か2階の窓際を選ぶと良いだろう。

▼30席ほどのテラス席。冬はガスヒーターにひざ掛け完備なのが嬉しい。
エッグスンシングス原宿のテラス席

エッグスンシングスのパンケーキミックスが売っていると聞いたのですが

楽天では直輸入系のエッグスンシングスのパンケーキミックスを見かける。レシピ付き、水を混ぜるだけでOKらしい。日本のパンケーキミックスでは普通粉に玉子と牛乳を混ぜて作るのが一般的なのでどういう成分構成になっているのか興味がある。

焼かれた方いらっしゃったら感想ご一報ください。

エッグスンシングス原宿に行列せずに入る3つの裏技 by

↓ランキングに参加中!応援ぽちありがとうございます!

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

反応をいただけるとやる気がUPします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

Powered by WordPress. Designed by Woo Themes