沖縄パニラニの20cm級パンケーキタワー\(^o^)/

沖縄のパンケーキ第三弾はパニラニ(Paanilani)。パニラニは日本一パンケーキを食べ歩いたパチコさんがオープンしたパンケーキ専門店。ホノルル風のパンケーキが出る。パニラニは沖縄のリゾート地恩納村を代表するホテル、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートにも近く集客もばっちりだ。

年齢の数だけ積み上げられるパンケーキタワー

パニラニは2008年にオープン後、幾つかプレスリリースを見ている。例えば年齢の数だけパンケーキを積み上げてくれるパンケーキタワーのサービスなど、パンケーキ食べ歩いた人だけあって宣伝というものをわかっている。

このパンケーキタワーは友人が行った時のもの。20枚くらい?パンケーキタワーは要予約だが記念撮影用に出していることがあるそうだ。私が行った日は出ていなかった。
パニラニのパンケーキタワー

パニラニの看板

パニラニはANAインターコンチネンタルから近い海岸沿いの一軒家。ハワイ風の外観。
パニラニの看板

パニラニの店内

万座リゾートから流れて来た人達が多い。客層は若め。
パニラニの店内

パニラニのパンケーキメニュー

パニラニのパンケーキメニュー

ナッツナッツパンケーキ

アメリカンサイズのナッツナッツパンケーキ。ソースとチップに両方ナッツが、ということかな。
ナッツナッツパンケーキ

バターミルクパンケーキ

バターミルクは家庭では手に入りづらいのでパンケーキ専門店ならではのメニューだ。ぼってりと大判な感じがハワイのローカルの感じを思わせる。
バターミルクパンケーキ

ヤッケブースのパンケーキ

ヤッケブース(JAKKEPOES)は沖縄で食べログNo.1のパンケーキ店だ。トップは石垣島の店なので本島のパンケーキならヤッケブースかパニラニがツートップになる。美ら海水族館へ行く途中にあるのでパンケーキ候補に入れて欲しい店だ。

ヤッケブースの特徴

  • 食べログで沖縄本島No.1評価のパンケーキ店
  • ヤッケブースは読谷村の海辺、外人住宅を改装した店舗
  • 東京・ももちどりに似たさくふわ食感のパンケーキ

沖縄ヤッケブースの入り口

ヤッケブースは読谷村の海辺の住宅街にある。お店から数分で海岸なので忘れずに覗いておきたい。ヤッケブースでは米軍関係者向けの外人住宅を店舗に改装して使っている。終戦直後、基地内では足りなかったので周辺に作った外人住宅が今ではお洒落カフェになっていたりする訳だ。規格化された白壁の平屋が立ち並ぶ様子には雰囲気がある。
沖縄ヤッケブースの入り口

沖縄ヤッケブースのリビング

入り口を入ると玄関なしで客席だ。間取りがそのままなので「あ、ここがリビングだったんだろうな」と想像しやすい。
沖縄ヤッケブースのリビング

沖縄ヤッケブースのパンケーキメニュー

ベーシックなクラシックパンケーキが600円で高くても800円と手頃。生地の美味しさに特徴があるのでクラシックパンケーキかシンプルなチョコレートラバー辺りがおすすめ。

パンケーキジュニアは500円とお値段控えめオレンジジュースorミルク付き。
スイーツ系パンケーキ

  • クラシックパンケーキ
  • ベリーパンケーキ
  • チョコレートラバー
  • ストロベリーパンケーキ
  • バナナパンケーキ
  • あんこラバー
  • ラムレーズンプチパンケーキ
  • パンケーキジュニア

食事系パンケーキ
食事系は本格的でチリビーンズパンケーキが美味しそうだったので頼んでみた。

  • チリビーンズパンケーキ
  • ミートボールパンケーキ

沖縄ヤッケブースのパンケーキメニュー

クラシックパンケーキ / 沖縄ヤッケブース

事前に調べた所トッピングで食べる系ではなく生地を堪能する系と聞いていたのでクラシックパンケーキに。オリジナルホイップバター添え。ふわふわ系でもありしっとり系でもあり。敢えて言うなら東京・ももちどりに似ているかな。
沖縄ヤッケブースのクラシックパンケーキ

パンケーキの断面

独自レシピと聞いているがVoiVoiさんともつながりがあるようだからしっとり感はバターミルク由来だと思う。生地が少しポロポロ崩れているからしっかり系ではないことがわかるだろう。
パンケーキの断面

チリビーンズパンケーキ / 沖縄ヤッケブース

ピリ辛チリビーンズ&ソーセージという大人のパンケーキ。食事として十分なボリューム。
沖縄ヤッケブースのチリビーンズパンケーキ

これはいいねえ。バター、チリビーンズ、ソーセージ。一枚ずつ別のトッピングという盛り付けがいい。
沖縄ヤッケブースのチリビーンズパンケーキ

沖縄ヤッケブースの個室

リビングの奥には個室がある。これを見るとここが住宅であったことがわかりやすい。
沖縄ヤッケブースの個室