スラッピーケークス一周年記念パーティでアダムさんに会ってきた!

スラッピーケークスの一周年記念パーティにお邪魔してきた。アメリカ・ポートランド発のパンケーキ専門店スラッピーケークスは「アメリカで行きたい店トップ10」選ばれた話題店。スラッピケークスのテーブルに組み込まれたホットプレートで生地や具材を選んで自分で焼くスタイルは多くのメディアに取り上げられている。

新宿とスラッピーケークス

パンケーキでは原宿・表参道エリアが日本一の激戦区だが新宿も最近充実してきた。出遅れたのが良かったのか個性的な店を誘致していてルミネサラベスを筆頭にルミネエストにはスラッピーケークス、GREAT BURGER系THE SMILEにハワイ風のMOKU OLA Dexee Dinerなど同じフロアに何店もある状態になっている。

▼スラッピーケークスに飾られた一周年記念パンケーキタワー。何枚か数えるのは諦めた。
スラッピーケークスのパンケーキタワー

「自分で調理する」スラッピーケークスのスタイル

その中でスラッピーケークスは海外勢であるとともに「席で自分で調理するスタイル」に特徴がある。むしろそればかり取り上げられて気の毒だなと思う。全58席のうちホットプレート付きは30席、普通にテーブル席やカウンター席もあって調理済のメニューも提供されている。普通のパンケーキ店として使えることはもっと知られてよい。23時までやっているのも便利。

ちなみに自分で調理しなければいけないことに懐疑的な声も知っているが私個人は楽しかった。みんなでがやがやしながら具材を選んだり上手に焼けるかを競ったり、そういうコミュニケーション要素がある。まあこれは体験してみないと伝えづらいですね。

スラッピーケークスのホットプレート席

スラッピーケークス一周年記念パーティ

スラッピーケークスが一周年記念パーティを開催の通り1月22日、オーナーのアダムさんも駆けつけた記念イベントが行われた。ブッフェ&フリードリンク2700円でパーティ用メニューがひと通り出て終わりかと思ったら実質パンケーキ食べ放題となっていて色々な味を食べ比べることができ皆さん満足して帰られたのではないだろうか。スタッフもやらされている感がなくにこやかでいいお店に育っている。

スラッピーケークス創業者のアダムさん

目線ありがとうございます!この若さで海外に店を出しているのだから凄い。少しお話ししたが「みんなのパンケーキ部」アプリを知っているということで驚いた。海を超える@nambonアプリ。

スラッピーケークスの創業者アダムさん

バナナとチョコレートチップのパンケーキ ラズベリージャム添え

パンケーキは4-5種類あったが小ぶりだったので食べ比べやすかった。同行した方は10枚も食べていた(笑。日本の数センチ厚のホットケーキもいいがアメリカンな薄いパンケーキは量産したり具材を変えたりしやすいからパーティに向いているかもしれない。

スラッピーケークスのパンケーキ

ブルーベリーのパンケーキ 自家製レモンカード添え

個人的に一番良かったのはこの「自家製レモンカード」。LemmonCurdと綴る。レモン果汁・バター・砂糖・卵を湯煎してペースト状にしたものでレモンの甘酸っぱさと、卵やバターのコクが感じされるソースになる。単品メニューでも提供されているのでぜひ。

スラッピーケークスのパンケーキ

パンケーキ・コンテスト

スラッピーケークスで第一回パンケーキアートコンテスト開催中 で応募された上位の作品が店内に飾られ「いいね」シールで投票する趣向になっていた。左上の日本列島のパンケーキが優勝したそうだ。
スラッピーケークスのパンケーキ・コンテスト

スラッピーケークスで第一回パンケーキアートコンテスト開催中。応募は来週末まで!

スラッピーケークスが12月から開催中のパンケーキアートコンテストの締め切りが迫っている。新宿ルミネエストのスラッピーケークスは「ホットプレートで自分で焼く」スタイルが話題のアメリカ発のパンケーキ店。焼くのに慣れると文字やキャラクタなど色々焼けるようになって楽しいもの。友達を誘って応募してみよう!

スラッピーケークスとは

スラッピーケークスは2009年にアメリカはオレゴン州ポートランドにオープンしたパンケーキ店。その特徴はパンケーキの生地、具材、トッピングを全て選べてテーブルに備え付けられたホットプレートで自分で調理ができること。

なぜお店に行ってまで自分で焼かなければいけないのか?という声もあるだろう。でもこれは行ってないとわからないと思う。具材どれにするー?と相談しあい、テーブルの上にずらっとトッピングが並ぶ。イメージ的にはみんなでお好み焼きを焼くような楽しみ方?コミュニケーションのネタが多いのだ。
(ちなみにホットプレートがあるテーブルは一部でその他のテーブルでは他の店と同じく調理済みのものを頼める) 

P1080578

で、ケチャップのチューブみたいな容器に生地が入っているから誰でもすぐ焼けるようになる。2-3周焼けるから段々遊び心が出てくる。このオリジナルなパンケーキを投稿していいね!が多い人にグッズをプレゼント、というのが今回のイベント。

P1080608

P1080611

スラッピーケークス 第一回パンケーキアートコンテスト概要

ルミネエスト新宿のスラッピケークスが主催であなたが焼いたパンケーキをFacebookイベントページに投稿し「いいね!」を沢山集めた人にスラッピーケークスのグッズがプレゼントされる企画。

作品受付期間:2013年12月15日~2014年1月15日

応募方法:
1.あなただけのステキなパンケーキを作って写真を撮って下さい。文字とかイラストとか・・・
2. こちらのイベントページに写真を投稿して下さい。
3. イベントページで他の人の作品もチェックして「いいね!」をつけてね。
4. より多くの「いいね!」を集めた作品を発表します。優秀作品にはステキなプレゼントもご用意してます。 オリジナリティあふれるパンケーキを焼いておいしく楽しんじゃおう!!

公式ページはこちら

第1回パンケーキアートコンテスト The 1st Pancake Art Contest (PAC)

スラッピーケークスのパンケーキアートコンテストのちらし

サラベス新宿店でオープン1周年記念の「アップルスフレパンケーキ」が登場

新宿サラベスがオープン一周年を迎えた。これを記念して新宿店限定の「アップルスフレパンケーキ(1400円)」がを11月15日から発売になっている。フレンチトースト、リコッタパンケーキ、クラシックエッグベネディクトの定番メニューに加えて食べておきたいメニューだ。

最近のサラベス

Sarabeth’s(サラベス)は昨年鳴り物入りで日本に上陸したベーカリーレストラン。アメリカンクラッシックな朝食メニューを終日提供するスタイルでザガット・サーベイでは「ニューヨークNO.1 デザートレストラン」に選出、「New York Magazine」は“文句なしのニューヨークの朝食の女王”と賛美した。この10月に2号店となるサラベス代官山店をオープン、11月は名古屋に催事出店と活発な動きを見せている。

サラベス新宿店限定「アップルスフレパンケーキ」

バターミルクを使った生地にマシュマロのようなメレンゲが入ったフワフワ新食感のパンケーキでクランベリーとりんごソテー、ブラウンメープルバターと一緒にいただける。右端のパンケーキではメレンゲが覗いており原宿のレインボーパンケーキ的な生地に仕上がっているのであれば期待できそう。
アップルスフレパンケーキ-2_1

スラッピーケークスがハワイに進出

昨年新宿ルミネにオープンしたスラッピーケークスが今度はハワイに進出、6月3日に「Slappy Cakes Maui(スラッピーケークス マウイ)」をオープンした。スラッピーケークスは米ポートランド発のパンケーキ店でホットプレートが埋め込まれた座席があって客が自分で焼くスタイルでニュースになった。

日本からハワイに逆上陸するパンケーキ店という流れ

似たパターンではオーストラリア発のレストランbillsもサニーサイドアップ社とトランジット社共同運営の元8月にハワイ店をオープンすることが発表されている。200席規模ということで日本人観光客が詰めかける大型店舗になりそうだ。エッグスンシングス、カフェカイラなどパンケーキと言えばハワイのイメージが強いのでブランドを強化する狙いだろう。

>> billsハワイ店舗2013年春開業予定のお知らせ TRANSIT NEWS|TRANSIT GENERAL OFFICE INC.

スラッピーケークスの場合日本での運営元ミールワークス社がアジア地域のマスターフランチャイズ契約を締結、フィリピン、シンガポールに相次いで出店、精力的な動きを見せている。

>> 自分でパンケーキを調理できる「Slappy Cakes」がハワイに進出

スラッピーケークス新宿ルミネ店