赤坂フルフルでホットケーキ食べ放題を堪能してきた

赤坂フルフルに宴会メニューが登場、ホットケーキが食べ放題と聞いて年末行ってきた。フルフルは閉店してしまった万惣フルーツパーラーのホットケーキ担当さんとフルーツ担当さんのお店だからTHE日本のホットケーキを堪能できる。

池波正太郎も愛したホットケーキだが万惣の名を直接引き継いだお店はない。その代わり蒲田のシビタス、日本橋花時計、万惣閉店後にオープンした梅ヶ丘リトルツリー、そして赤坂フルフルなど出身者の店がホットケーキを出している。

そういう経緯なので各店が「万惣直系」を名乗ることは無いが食べる側としては万惣のホットケーキだと思って良い。

赤坂フルフルのホットケーキ

赤坂フルフルのホットケーキ食べ放題の女子会・宴会コース

12月から登場した女子会・宴会コースは2500円と3000円の2種類。人気店のため週末はホットケーキが売り切れることもあったが予約なら席も取れて安心だ。

2500円コース

季節のフルーツの盛り合わせ / フルーツサンドイッチ(2切れ)またはアボカドとロースハムのサンドイッチ(2切れ) / ホットケーキ(プレーン)食べ放題 / 季節のミニパフェ / ソフトドリンク飲み放題

3000円コース

最初にワインが付くのが3000円コース。

ワイン(赤または白)または季節のジュース / 季節のフルーツの盛り合わせ / フルーツサンドイッチ(2切れ) / アボカドとロースハムのサンドイッチ(2切れ)/ ホットケーキ(プレーン)食べ放題 / 季節のミニパフェ / ソフトドリンク飲み放題

時間帯は平日19:00〜21:00、土日祝18:00〜20:00の2時間制、3名様以上。詳しくは宴会コースメニュー参照。

初めて会う面子だったので2500円コースにした。

季節のフルーツの盛り合わせが出色!

万惣フルーツパーラーを始め西村フルーツパーラー、後藤フルーツパーラーなどフルーツパーラーがホットケーキを出すのは定番と言える。

昨今のパンケーキブームでホットケーキばかり注目されてしまうが万惣は果物業界で初めて宮内庁御用達になったお店でフルーツの目利きには伝統がある。赤坂フルフルではマンゴー以外万惣時代と同じ仕入れ先だそうなので安心だ。

もっと知って欲しいと組み込まれたフルーツの盛り合わせだが個人的にはこの日一番の驚き。熟れているとこんなにジューシーなのか?!苺とかぶどうとか、見慣れた果物だけにいい意味でギャップが際立っていた。

季節のフルーツの盛り合わせ

持ち帰りもできるフルーツサンド

フルーツサンドも万惣時代からファンが多いメニュー。みっちり詰まった生クリームにシャープなフルーツの断面がいいでしょう?ホットケーキ目当てに行くとフルーツサンドやフルーツパフェまで食べられないが宴会コースだと少しずつ味見できるのでおすすめ。

赤坂フルフルのフルーツサンド

お土産にもできる(した)。ご家族、友人にも喜ばれるはず。
赤坂フルフルのフルーツサンド

お待ちかね!ホットケーキの食べ放題!

万惣系のホットケーキの特徴について。一口目のサクッとした食感、これが好きな方が多いと思う。メープルシロップではなく独特の黒っぽいシロップ。別添のバターを自分で塗って最後にシロップをたらす。このプロセスがいいんですよね。

食べ放題で何枚食べたかなあ。心理的に嬉しいという所が大きくて実際は4枚だった気がする。(お店の方によるともっと食べる方も結構いるらしい)
赤坂フルフルのホットケーキ

赤坂フルフルの別添バター

アイスクリーム

今のメニューではミニパフェになっているが当時はアイスクリームだった。
アイスクリーム

ちなみにフルーツパフェを単品で頼むとこんな感じ。お腹に余裕があればどうぞ。
赤坂フルフルのフルーツパフェ

まとめ

ソフトドリンク飲み放題も付いているし2500円はお手頃。ホットケーキ、フルーツサンドの定番にフルーツの目利きの誇りが見えるフルーツの盛り合わせでアピール、と意欲的なコースだと思う。年末は宴会コースの予約で埋まる日があったのも当然だろう。

一緒に行ったayanoさんの記事もどうぞ。
赤坂フルフルでホットケーキ食べ放題の宴!

赤坂ホットケーキパーラーFru-Full(フルフル):万惣系譜のホットケーキ店がオープン!

「珈琲時間」誌のパンケーキ特集(東京・原宿)がすばらしいのでみんな買うべき

パンケーキブームでHanakoからSweetまで色々特集を見てきたが現在発売中の「珈琲時間」のパンケーキ特集はかなりいい。ブームとして紹介する場合広く浅くパンケーキ店を紹介することになり私のようなパンケーキ情報を見まくっている人間にとっては既知の情報が多かった。「珈琲時間」は買うべきです。

珈琲時間の掲載店

長くなるので先に掲載店を紹介。hara19.jpからみじんこミモザ、後はトミナガユキコさんの「パンケーキ・ノート」に載っているお店かな。いずれも味に外れの無い、あるいは取り上げるストーリーのあるお店で珈琲専門誌だけあるな、と。ファッション誌のパンケーキ特集だとどうしても純喫茶より若い女性受けする店が選ばれがちだがバランスが取れている。

七里ガ浜・bills / 表参道・カフェカイラ / 梅ヶ丘・リトルツリー / 湯島・みじんこ / 江ノ島・エッグスンシングス / 恵比寿・アクイーユ / 茅場町・珈琲屋 / 外苑前・香咲 / 横浜・パンケーキリストランテ / 浅草・ミモザ、「首都圏の名物ホットケーキ」として鎌倉・イワタコーヒー / 八幡山・ルポーゼすぎ / 南千住・オンリー / 平井・ワンモアがセレクトされている。

その他京都・スマート珈琲 / 大阪・雪ノ下工房 / 大阪・丸福珈琲店など首都圏以外も掲載されているが省略。

珈琲時間2013年8月号

珈琲時間のパンケーキ特集がいい所

写真もテキストも編集も良い、と言ってしまうと褒め過ぎだろうか。

各店10点以上の豊富な写真
メニュー各種、ドリンクにカップ(珈琲雑誌だし!)、オーナーの調理風景、店内、看板などお店の全体像を把握しやすい。日本ではホットケーキ=おやつとして定着してきた経緯もあって専門店が少なく純喫茶・カフェ・ホテルに海外系など出自が様々。パンケーキ写真だけではなく大人な雰囲気なのかカジュアルな雰囲気なのかわかるのは大事なポイント。

各店オーナーやシェフの名前入りコメント掲載
広報資料のリライトではなくご本人から「こういう意図でこうしている」と語られていて親しみが持てるし特集として取材を入れただけの付加価値が付いている。例えば浅草のミモザ。元々3段のホットケーキが6段のタワーになって話題になったのだが「スカイツリーが400mに達すると4段に、500mで現在の5段になった。」「完成したスカイツリーは645m。だから、一番上にカルピスバターをのせて6段にしました。」と経緯が語られている。ちゃんとスカイツリーの高さに合わせていたとは知らなかった。

目次構成
表紙に七里ガ浜・billsを持ってきて冒頭で「海とアイスコーヒーとパンケーキ」のキャッチコピーで導入とし。続いて「海とあるカフェ」で海辺にあるカフェを巡る旅。第二特集でメインの「パンケーキの美味しい喫茶店」が登場する。

  • 七里ガ浜→第一特集の海岸沿いのカフェ
  • パンケーキブームの発端となったbills→第二特集のパンケーキ

という二重のリンクがズルい(褒め言葉)。

▼万惣系ではメープルシロップそのままではなく黒い自家製シロップだが普通に写真を撮ると写らない。ので、かけている所を撮ったという意図の写真だとすればわかっている感ある。
珈琲時間「リトルツリー」

七里ガ浜・billsのふわふわリコッタパンケーキ

現在のパンケーキブームにbillsが果たした役割は大きくて、オヤツなイメージのホットケーキに対してパンケーキは朝食にも食べるよ、というライフスタイルを持ち込み、「世界一の朝食」というキャッチコピーと共に海外のパンケーキ店を持ち込むスタイルを確立し、今流行っているリコッタパンケーキを持ち込んだのもbillsである。

そういう文脈でbills一号店である七里ガ浜を表紙に選んだのはわかっているな感ある。

>> bills横浜限定のパンケーキ

billsのリコッタパンケーキ

表参道・カフェカイラのカイラ・オリジナル・パンケーキ

ゴールデンウィークにはパンケーキブームがピークに。カフェカイラの行列がGYRE最上階に達するという話もあり、今一番並ばないと入れない店の1つ。予約不可なのでお早めにどうぞ。

エッグスンシングスと同じハワイのパンケーキ店だが最初はスカイツリーの近所に出店、行列が長くなりすぎて表参道GYREへ移転してきた。

>> 原宿カイラのパンケーキ

カイラ・オリジナル・パンケーキ

梅ヶ丘・リトルツリーのホットケーキ

想い入れがある分記事にできていない梅ヶ丘・リトルツリー。赤坂ホットケーキパーラーFru-Fullと同じ万惣出身の方のお店。万惣のホットケーキと池波正太郎の話で書いたように美食家の池波正太郎がエッセイに書くなど著名人にもファンが多かった。

ホットケーキの側面を見れば確かに万惣系ではあるけれども木材を多用したリトルツリーの内装にはオーナー冬木さんの個性が反映されており、長く地域に愛される店になると思う。

>> リトルツリー(little Tree)

リトルツリーのホットケーキ

湯島・みじんこのパンケーキ

東京最強のパンケーキランキングで書いたようにみじんこは個人的に一番好きなカフェ。パンケーキがきっかけで訪れたらホットサンドやフレンチトースト、珈琲などみんな美味しい。混むと困るなあ、と思って最近は紹介していないのだが先週末寄ったら行列していたorz。パンケーキは14-19時の時間限定なので平日はなかなか行けない。

>> 自家焙煎珈琲 みじんこ

みじんこのパンケーキ

江ノ島・エッグスンシングスのパンケーキ

ハワイに本店があって2010年に原宿に上陸。途切れない行列がパンケーキのニーズを明らかにした。エッグスンシングス/bills/カイラ/サラベスの4店がセットで取り上げられることが多い。

>> エッグスンシングス 湘南江の島店(Eggs’n Things)

エッグスンシングス原宿のパンケーキ

恵比寿・アクイーユのパンケーキ

恵比寿駅から代官山方面に登っていく坂の途中にあるカフェ。女性率90%近いお店だがパンケーキは2人で食べきれないほどのビッグサイズ。大きい分盛り付けしがいがあるのだろう。4人以上で行くのがおすすめ。

>> accueil(アクイーユ)

恵比寿アクイーユのパンケーキ

外苑前・香咲のパンケーキ

今から30年前に「香咲」と書いてCASA(かさ)と読ませていたお洒落ネーミング。ハンバーガー食べログ日本一のA&G DINERと同じブロックにある。元々はまかないとして出していたホットケーキが今は定番メニューに。静かな時間を大事にする大人の喫茶店。

>> カフェ香咲

P1120388

横浜・パンケーキリストランテのパンケーキ

横浜にはbills・エッグスンシングス・コヴェントガーデンなどの有力店があるがコヴェントガーデンが6末で閉店してしまったので横浜でしか食べられないパンケーキ店の筆頭になるだろう。

>> Pancake Ristorante(パンケーキリストランテ)

横浜・パンケーキリストランテのパンケーキ

浅草・ミモザのホットケーキタワー

元々3段だったのに「ほら、スカイツリーもできたでしょ」とタワーにしてしまうのが下町っぽい感じがして好き。写真ではカルピスバターを入れて7段だが、正しくはホットケーキ5段+カルピスバターの6段が正しいらしい。そういう大雑把さも含めて好き。銅板で焼く本格派。

どの駅からも歩く場所にあるので最近までパンケーキが知られていなかったお店。

>> 浅草ミモザの積み上げるにも程があるホットケーキ

ミモザのビッグホットケーキにシロップをかけて

ルポーゼすぎのホットケーキ

5の付く日はホットケーキの日!京王線八幡山駅の喫茶店「ルポーゼすぎ」では毎月5・15・25日に飲み物を注文した人は通常500円のホットケーキを150円で提供するサービスデーをやっている。そう、5日と言えば今日。GO NOW!!

>> 5の付く日は通常500円のホットケーキが150円!八幡山の喫茶店「ルポーゼすぎ」

ルポーゼすぎのホットケーキ

というわけで珈琲時間のご購入はこちら!

 

私が編集に関わったこちらもよろしくお願いします!

赤坂ホットケーキパーラーFru-Full(フルフル):万惣系譜のホットケーキ店がオープン!

赤坂万惣系のホットケーキパーラーがプレオープンしたので早速行って来た。神田万惣のホットケーキは池波正太郎の随筆に登場し糸井重里さんも惜しんだ日本のホットケーキの名店だったが昨年閉店していた。赤坂「ホットケーキパーラー Fru-Full(フルフル)」は万惣でホットケーキを焼いていた職人さんたちのホットケーキパーラー。オープンおめでとうございます!

グランドオープンはゴールデンウィーク明けで当面はメニューを絞るとのこと。ホットケーキとフルーツパフェが出ている。ナイスミドルの渋い髭のおじ様たちが焼いてくれるのも魅力。場所は赤坂ツインタワーの裏手で赤坂駅か溜池山王駅が最寄り駅。

赤坂ホットケーキパーラー Fru-Full外観

オープン前からTwitterもやられていて準備の様子を通じて誠実そうな人柄にフォロワーが増えていった。

看板はオープン前日に取り付けが間に合ったもの。入店前にマジマジと眺めるわけにもいかないと思いますけれどお帰りの際にどうぞ。

池波正太郎、糸井重里も愛した万惣のホットケーキ

万惣は160年前の江戸時代に創業、明治43年に宮内庁御用達店に認定など老舗の高級果物店。ホットケーキは昭和5-6年頃からのメニュー。池波正太郎のエッセー「むかしの味」にその万惣が登場する。

神田・須田町の[万惣]のホットケーキを、はじめて食べたのは、たしか、小学二年生のときだから、私は八歳だった。・・・「この店はね、果物屋さんだが徒(ただ)の果物屋じゃない。東京でも指折りの店だ」と、父がいう。「へえ。果物屋にホットケーキがあるの?」「あるどこのさわぎじゃない。万惣のホットケーキは天下一品だ」

万惣のホットケーキと池波正太郎の話という記事を書いたのでそちらもどうぞ。

また閉店を受けて糸井重里さんも惜しむTweetをしている。神田万惣閉店時の経緯は万惣フルーツパーラーと須田町交差点 | GONZO SHOUTS、それを受けたネットの反応はホットケーキを求めて ~万惣事変~ – Togetterで振り返ることができる。とにかく、ホットケーキ好きにとっては基準となる店の一つであったので味が引き継がれていくことは喜ばしい。

万惣ホットケーキの系譜

「ホットケーキパーラー Fru-Full」は万惣系のホットケーキ店としては蒲田シビタス、日本橋花時計、万惣閉店後にオープンした梅ヶ丘リトルツリーに続く4店目となる。私個人はシビタス、リトルツリーのホットケーキをいただいているが万惣の伝統を受け継ぎつつもホットケーキ以外の所で個性が出ているのが面白い。リトルツリーではフルーツは扱っていないがフルフルさんはフルーツパーラーという部分にもこだわりがあるようだ。数が出ないと仕入れも大変そうだが頑張って欲しい。

▼リトルツリーのホットケーキはどんぐりの焼印が入っていてかわいい。
リトルツリーのホットケーキ

プレオープン メニュー / 赤坂ホットケーキパーラー Fru-Full(フルフル)

プレオープン中はメニューを絞るということで暫定的なもの。マンゴーは入荷状況によって無いこともあるそうだ。

  • ホットケーキ2枚600円。一枚追加するごとに+200円。トッピングのフルーツクリームは200円。
  • フルーツサンドイッチ、アボカドとロースハムのサンドイッチ各1200円
  • フルーツパフェ、チョコレートパフェ、アップルマンゴーカフェ各1200円

ホットケーキ / 赤坂ホットケーキパーラー Fru-Full(フルフル)

オープン初日ということで空いていたのか注文してすぐホットケーキが登場。当たり前だがホットケーキの側面がリトルツリーとそっくりだ。
赤坂ホットケーキパーラー Fru-Full(フルフル)のホットケーキ

もっと近寄ってみましょう
赤坂ホットケーキパーラー Fru-Full(フルフル)のホットケーキにバターを塗って

レシピは同じだがガスか電気かで若干違うらしい。焼き色はリトルツリーより少し強いかも。

別添のバターと漆黒のシロップをかけて。パンケーキは本当は8つ切りにして均等にシロップが染みこむようにするのが通だが撮影甩ということで。
ホットケーキ / 赤坂ホットケーキパーラー Fru-Full(フルフル)

一口目のサクッとする食感が「あ、万惣系!」と感じさせる。あっという間に食べ終わってしまってしょんぼりするのは美味しかった証拠。いいホットケーキだと思います。
ホットケーキの断面 / 赤坂ホットケーキパーラー Fru-Full(フルフル)

フツールパフェ / 赤坂ホットケーキパーラー Fru-Full(フルフル)

元々高級青果店の出自ということでフルーツパフェも頼んでみた。個人的にはフルーツパフェの方が「これはいいものだ」 感があった。普段食べているものより一段良いフルーツを使っているなあ、という印象で新鮮。
フツールパフェ / 赤坂ホットケーキパーラー Fru-Full(フルフル)

苺、柿、パイナップル、キウイなどが覗いている。
フルーツパフェの盛り付け / 赤坂ホットケーキパーラー Fru-Full(フルフル)

ホットケーキパーラー Fru-Fullへの道順

よく迷う人にとっては難しい場所かもしれないのでGoogleMapから簡単に地図を作ってみたので参考にどうぞ。
赤坂ホットケーキパーラー Fru-Fullの地図

Twitterでの反応

赤坂「ホットケーキパーラーFru-Full(フルフル) 」のホットケーキ:万惣出身者の新店がオープン

赤坂に「ホットケーキパーラーFru-Full(フルフル) 」がプレオープンする。昨年惜しまれつつ閉店した神田万惣。万惣のホットケーキは糸井重里さんなど著名人のファンも多かったメニュー。赤坂「ホットケーキパーラーFru-Full(フルフル) 」は万惣出身者が開く新店なので期待できる。

パンケーキ・ホットケーキ界隈では「万惣系」というのは一大流派と言えるだろう。神田万惣閉店前から独立していたのが蒲田シビタス、日本橋花時計。閉店後に新店を構えたのが小田急線梅ヶ丘のリトルツリー、赤坂の「ホットケーキパーラーFru-Full(フルフル) 」になる。

赤坂「ホットケーキパーラーFru-Full(フルフル)

4月24日(水)からプレオープンで営業時間は11時〜19時ラストオーダー。ホットケーキは600円。

蒲田シビタスのホットケーキ

蒲田の東急プラザに入っているシビタス(CIVITAS)が万惣から独立した店であることは広く知られている。ちょっとオールドな店で全面喫煙可なのが玉に瑕だが市販メープルシロップの店が多い中黒糖っぽい自家製シロップは独自性がある。
シビタスのホットケーキ

梅ヶ丘リトルツリーのホットケーキ

梅ヶ丘リトルツリーは気持ちのいいカフェ。若手のマスターが万惣のレシピそのままにホットケーキを出してくれる。カウンターに座ると銅板で焼いている様子が見られる。木を沢山使ったナチュラルな内装やかわいいどんぐりの焼印も良い。知り合いが初訪問で衝撃を受け2週連続通っていた。参宮橋のももちどりのパンケーキが小田急線では一番と言われているがリトルツリーも週末は行列ができるほど人気が出てきた。
リトルツリーのホットケーキ

加山雄三がリトルツリーのホットケーキを紹介:若大将ゆうゆう散歩梅ヶ丘編

最近加山雄三さんがあちこち街歩きしているなと思ったらテレ朝「ちい散歩」の後継番組なんですね〜。先日の小田急梅ヶ丘編では羽根木公園、リトルツリー、鳥の工房 つばさなどを回りリトルツリーのホットケーキに舌鼓をうったという。

梅ヶ丘のlittle tree(リトルツリー)は万惣フルーツパーラー出身の方が開いたホットケーキ店。万惣は日本的なTHE・ホットケーキを提供してパンケーキファンの間でも評価が高かったのだが昨年惜しまれつつ閉店している。

梅ヶ丘駅周辺をぶらぶら散歩をしている途中で昨年の9月にオープンしたホットケーキカフェである「little tree」に立ち寄った。またホットケーキが名物の「万惣フルーツパーラー」で修行をしたというご主人の冬木さんがこだわった焼印にきくと、夫婦揃って生物学者の学者の影響を受けて植樹が好きなことからどんぐりの焼印にしたという。若大将は自家製のメイプルシロップがかかった「ホットケーキ」を食した。
http://kakaku.com/tv/channel=10/programID=32816/episodeID=630825/

リトルツリーのホットケーキ

どんぐりの焼印がかわいい。
昨年オープンすぐに訪問していてマスターとも少しお話できた。カウンター席に座ると目の前でホットケーキ焼き上げる様子が見られる。訪問記事はまた別途書く予定。
リトルツリー

2013年3月21日(木)「梅ヶ丘 前編」の散歩コース|若大将のゆうゆう散歩|テレビ朝日

ももちどりのふわふわパンケーキ:取材お断りの人気店

代々木公園の裏、参宮橋駅のパンケーキ専門店ももちどり。「東京でダントツに美味しい」という声も聞く取材拒否のパンケーキ店に訪問。

東京一かは様々な意見があると思うがももちどりが小田急線一のパンケーキ店であるのは間違いない。小田急沿線は数は少ないがレベルの高いパンケーキ店がある印象。具体的には同じ参宮橋のanea cafe、梅ヶ丘のリトルツリー

ウエンツ瑛士 行きつけのパンケーキ店「ももちどり」

ももちどりは基本取材拒否なのだが去年TVに出ていた。2012年2月21日放送の日テレ「火曜サプライズ」で「森山未來&伊勢谷友介&西島秀俊&ウエンツ瑛士 行きつけグルメ旅」の中でお互いの素顔を語りあう、という趣向。

ウエンツが常連ということで特別に「ももちどり」でのロケが実現したという。ももちどりで森山未來と西島秀俊は「チェダーチーズパンケーキ」、ウエンツ瑛士と伊勢谷友介は「自家製塩バターキャラメルのパンケーキ」を注文した。

注文したメニュー以外の撮影はNGということで入り口の写真のみ。中は小じんまりとしたお洒落カフェ。小さい店で人気が出過ぎると行列ができたり騒がしくなったりするので大人の雰囲気を維持しようと努力されてるんだな、と思う。

大変恐れ入りますが当店は12歳以下のお子様連れの入店をご遠慮頂いております。 ご理解頂きますようお願い申し上げます。 また、皆様に静かにゆったりと寛いでいただきたいので大きな声での会話はお控え頂いております。

ももちどりの入り口

自家製塩バターキャラメルのパンケーキ / ももちどり

ももちどりで代表的なのはバターミルクのパンケーキだが塩バターキャラメルの方を頼んでみた。

塩キャラメル実はそんなに得意じゃないことがこの時わかったが、食感のふわふわ具合は特筆モノ。ニューオータニSATSUKIのリコッタチーズのふわふわ具合にびっくりした時のような驚き!次はバターミルクのパンケーキにチャレンジだな!!
ももちどりの自家製塩バターキャラメルパンケーキ

営業時間が19:30(日曜は19時)までなので平日は難しいが近くに行く機会があればマストな店といえる。