VoiVoiのパンケーキ

パンケーキ専門店VoiVoiにはファンが多い。パンケーキブームの前から三軒茶屋にお店を構えパンケーキ文化の定着に尽力してきたVoiVoi。パンケーキ好きなら一度は巡礼したいお店である。バターミルクパンケーキがベースだがスイーツ系・食事系に季節のパンケーキなどメニューの幅も広い。

パンケーキママ・カフェVoiVoiとは

一口にパンケーキ店と言っても色々な系統がある。例えばエッグスンシングスbillsのような海外勢、シビタス・香咲のような喫茶店系、ロイヤルホスト星乃珈琲のようなチェーン店系などがあげられる。パンケーキママ・カフェVoiVoiはパンケーキ好きが高じてお店を開いてしまった、という独立系。他にはももちどりや天国も含められるだろう。VoiVoi店長の阿多さんのインタビューは幾つかネットに載っている(参考)。大阪のmog、名古屋のVegeなど巣立った人々が各地に店舗を広げている。

VoiVoiは東京のパンケーキ店の中でも味の評価はトップクラス。都心から少し離れているがパンケーキ好きなら一度は訪れたい名店だ。

VoiVoiのパンケーキメニュー

VoiVoiの魅力の一つは食事系からスイーツ系までメニューが豊富な所にある。一番人気はチーズフォンデュ・パンケーキで良く写真を見かける。オムレツとスパムのパンケーキはスパムの塩味がアクセントになりぺろっと行ける。

4種類のチーズフォンデュ・パンケーキ / VoiVoi

ゴルゴンゾーラ・カマンベール・クリームチーズ・チェダーのアツアツチーズソースをかけたパンケーキ。サラダで舌をリセットしながら食べ進めよう。
4種類のチーズフォンデュ・パンケーキ / VoiVoi

半熟オムレツとスパムのパンケーキ / VoiVoi

とろとろ半熟オムレツをパンケーキに乗せスパムを添えた一品。ボリュームありそうに見えるが女性でも普通に食べきれる。
ふわとろオムレツとスパムのパンケーキ / VoiVoi

デビルス・パンケーキ / VoiVoi

生クリームにミックスベリーがかけられている。右奥の容器からチョコレートソースをかけていただく。「デビルズ」の由来はわからないのだが悪魔的な魅力、という趣旨だろうか。
デビルス・パンケーキ / VoiVoi

旗がかわいい「スペシャル・パンケーキ」 /  VoiVoi

ベーシックなパンケーキにアイス・山盛りのホイップクリームをかけた甘党向けのメニュー。
旗がかわいい「スペシャル・パンケーキ」 /  VoiVoi

VoiVoiの2月のマンスリーメニュー:チョコ バナナ ストロベリーパンケーキ

今回のお目当ては2月限定のバレンタイン系パンケーキ。チョコにバナナにストロベリー、と全部乗せな一品。左側のキノコ?はバナナとクリームでできている。イチゴやバナナをハート型に切り抜くなど細部も丁寧。

個人的には苺ソースの色合いが好み。チョコパンケーキにチョコソースをかけると色彩が暗くなってしまう課題をうまく解決している。
チョコ バナナ ストロベリーパンケーキ / VoiVoi

VoiVoiの混雑と行列具合

日曜11:40頃の店頭。細い路地に続々人が訪れ「げっこんなに並んでるの?!」という光景が繰り返されている。ボードに名前を書いて携帯で呼び出してもらうシステムになっており1回転40分-60分ほどかかるので周辺で暇を潰す方法を考えておくと良い。
三軒茶屋VoiVoi

VoiVoi奥のテーブル席。カウンターと奥にテーブル席。木目のナチュラルな感じ。
VoiVoi店内風景

bills横浜赤レンガ限定のパンケーキ

bills横浜赤レンガ倉庫店で朝食パンケーキを堪能してきた。billsのリコッタパンケーキはそのふわふわさで人気がある。湘南・七里ガ浜、横浜・赤レンガ、お台場、表参道に店舗があるがベリーベリーパンケーキが食べられるのはここbills横浜赤レンガ倉庫店だけだ。

billsがパンケーキブームに果たした役割

billsが現在のパンケーキブームに果たした役割は大きい。「家庭の手軽なオヤツ」という従来のホットケーキのイメージに「パンケーキは朝も食べるよ」というイメージを持ち込んだのがbills。

「世界一の朝食」というキャッチコピーと共に海外のパンケーキ店を持ち込むスタイルを確立したのもbills。「ハワイで一番おいしい朝食」カフェカイラ、「NYの朝食の女王」サラベスなどが続いた。

全国で見られるリコッタチーズのパンケーキを持ち込んだのもbills。リコッタパンケーキは黄色っぽくふわふわで見た目と食感が他のパンケーキと明らからに違って差別化できるメニュー。他店で食べる前にbillsのリコッタパンケーキを基準として知っておくのがおすすめ。
billsのリコッタパンケーキ

bills横浜赤レンガ店に混雑をさけて入る方法

billsというと混雑してきて待ち時間が長いイメージがあるが幾つかの方法で並ばずに入れる。

通常9時オープンだが3月から土日祝休日の営業時間が早まり8時オープンになっていることは知られていない。つまり週末であろうと9時前に行けば全く並ばずに入れる。朝食代わりに食べて山下公園を散策すると爽やか。

また全店17時以降はネットから予約できるので便利。ただし、スクランブルエッグはディナーのメニューには入っていない。
billsのコースター

billsのメニュー

代表的なメニューは以下の3つ。早起きできたご褒美に朝からビールしてしまったw。

  • リコッタパンケーキ w/ フレッシュバナナ、ハニーコームバター 1400円
  • ベリーベリーパンケーキ w/ ベリーバガー 1400
  • オーガニックスクランブルエッグ w/ トースト 1200

billsでドラフトビア

billsのテラス席

billsやエッグスンシングスではテラス席がある大型店が多い。billsの場合赤レンガ倉庫から張り出した屋根付きのテラス席がある。空いている時間帯ならテラス席か中の席か選べるようだ。
billsのテラス席

billsのスクランブルエッグ

パンケーキブームなので最近はリコッタパンケーキを推しているが上陸直後アピールされていたのは「世界一の朝食」の由来となったスクランブルエッグの方だった。この後も食べ歩く予定だったのでトーストは無しにしてもらった。
billsのスクランブルエッグ

材料も少なく味付けもプレーンなので食感で勝負、という感じ。ディカプリオなどハリウッドセレブが通いつめたそうでアメリカのシリアルがメインのジャンクな朝食の中では逆にウケるのかもしれない。
スクランブルエッグの断面

billsのリコッタパンケーキ

billsでは他店で何度か食べているのだが今回のリコッタパンケーキはダントツのふわふわ具合だった。リコッタパンケーキの特徴は焼き色と食感にある。ホットケーキの焼き色は狐色〜茶色だがリコッタパンケーキでは黄色であまり焼き色が付かない。食感は粉っぽさが少なくふわとろ感が命。ただのチーズオムレツみたいな「リコッタ使ってみました」的パンケーキメニューも他店で見かけるがbills/SATSUKI/スコッチバンクは独自性があって一段レベルが高い。
billsのリコッタパンケーキ

bills赤レンガ街限定のベリーベリーパンケーキ

そして待望のベリーベリーパンケーキが登場!焼き色が少し濃いのでリコッタパンケーキとは生地も変えているようだ。食感はサクっと感がありリコッタパンケーキのふわふわ感とは少し違う。

世界でここだけでしか食べられないオリジナルメニュー「ベリーベリーパンケーキ」は、ビルの頭の中にこれまであったオリジナルレシピを、今回オープンする横浜赤レンガ倉庫の雰囲気に合わせてアレンジした新メニューです。
リコッタチーズとフレッシュベリーをふんだんに使用したふわふわのパンケーキに、とろけるピンクのベリーバターと、フレッシュベリーを添えてお召し上がりいただきます。
ベリーの爽やかな酸味が口の中に広がる絶品です。(公式サイトより)

bills赤レンガ街限定のベリーベリーパンケーキ

bills赤レンガ倉庫店の内装

メインフロアは80席ほどで奥にレンガが見えるなど赤レンガ倉庫を活かした造り。テーブル席は余裕のある配置で表参道店よりゆっくりできそう。
billsの内装

billsのリコッタパンケーキ・ストラップ

昨年末から店頭で発売されているリコッタパンケーキのストラップ。結構細かい作りでお土産にも好評だった。
billsのキーストラップ

日本大通りのカフェ「bills 横浜赤レンガ」のパンケーキ情報横浜・江ノ島・鎌倉・元町のパンケーキ

現在発売中の雑誌「珈琲時間」の表紙に七里ガ浜billsのリコッタパンケーキが使われていた。中のパンケーキ特集もいい写真が多いのでおすすめ。

帝国ホテルのパンケーキの美しさにため息が漏れる

帝国ホテルパンケーキは個人的に好きなパンケーキの一つ。帝国ホテルパークサイドダイナーで60年以上提供されている人気メニューでムラのないきれいな狐色の焼き上がりは修行に数年かかるという。海外勢が引っ張るパンケーキブームだが、日本も負けていないと思わせる一品。

インペリアルパンケーキ いちご添え 1,600円

初めて帝国ホテルのメニューに登場したのは、1953年、ライト館にあった「ガーデンバー」でした。以来、「コーヒーハウス」「ザ・テラス」「さいくる」「ユリーカ」、そして現在の「パークサイドダイナー」と場所は変わっても、根強い人気を保ってきたロングセラーです。 http://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/restaurant_topic/113

帝国ホテル「インペリアルパンケーキ いちご添え」1600円

パンケーキが1600円、飲み物が800円くらいするので2500円コースですよ(゚A゚;)ゴクリ。しかしその価値はあった、と言えましょう。

この佇まい、只者ではない。均一な焼き色は相当修練を積んだはず。更に提供された瞬間香り立つ苺の新鮮な香り。
帝国ホテル「インペリアルパンケーキ いちご添え」1600円

チーズ入りパンケーキロール レッドベリーソース1200円

パンケーキメニューに並んでいて我慢できなかったので頼んでしまったのがこちら、パンケーキ生地をクレープ上にしたパンケーキロール。絵だけでも満足だがチーズ好きな女性も満足なお味。
帝国ホテル「チーズ入りパンケーキロール レッドベリーソース」1200円

帝国ホテルのパンケーキメニュー

パンケーキが定番になっているからか、「インペリアルパンケーキ」「チーズ入りパンケーキロール」、一ドル硬貨のように小さなパンケーキが円盤状に重なって出てくるDollar Pancakeなど選択肢が多い。

帝国ホテルのパンケーキメニュー

帝国ホテルのパークサイドダイナーとは

パークサイドダイナーは本館の1階にあるカフェ&ダイナー。
帝国ホテル本館外観

帝国ホテル本館の案内板をチェック。
帝国ホテル案内板

パークサイドダイナーの待ち行列は結構長いが、160席もある大型店舗なのでそれほど待たずに入れるはず。
http://pancake.30min.jp/place/525
パークサイドダイナーの待ち行列

クリスマスの帝国ホテル

ロビーのシャンデリアの下には立派なオーナメントが。

帝国ホテルロビーにはシャンデリアの下にオーナメントが

10組近い結婚式が行われており新郎新婦が続々記念撮影に降りてくる。
記念撮影する新郎新婦

大胆かつ繊細な飾り
オーナメント

その脇にはクリスマスツリーも登場

帝国ホテルのクリスマスツリー