梅田・雪ノ下工房で4cm超えの極厚パンケーキ

雪ノ下が東京に催事出店している。雪ノ下はかき氷とパンケーキの専門店で大阪を代表する極厚系パンケーキ。食べログでも3.6点と高評価だが予約制でいきなりは入れない。梅田にできた雪ノ下の新店「雪ノ下工房」は予約不要と遠征組にもおすすめなパンケーキ店だ。

雪ノ下関連記事はこちら

大阪パンケーキ事情

全国的に見ても大阪はパンケーキ店が多いエリアだ。東京が約300店、大阪が90店と続いている。Butter、丸福珈琲店、mog、アメリカン、トリトンカフェ辺りが有名店だろうか。分厚いパンケーキを売りにしている店は少なくて雪ノ下くらいである。

東京の有名パンケーキ店ではパンケーキデイズj.s.pancake cafeが出店している。カフェカイラは一時期大阪出店の話が進んでいたようだが押上から表参道への移転が入って立ち消えになったようだ。またハワイ系のエッグスンシングスが今夏心斎橋にオープン、行列ができる人気店になっている。billsサラベス、スラッピーケークス辺りが大阪に進出するか、で彼らがパンケーキ需要がどのくらい強いと見ているかの指標になるだろう。
雪ノ下工房のパンケーキ

雪ノ下の2号店「雪ノ下工房」

雪ノ下は大阪のかき氷とパンケーキの専門店。本店は予約制だが新店の「雪ノ下工房」は予約不要で食べログでも3.76と高評価。大阪・太融寺町はラブホがあるエリアだが雪ノ下工房には若い人が続々訪れていた。ガレージのような建物だが看板が出ていて目印になる。
雪ノ下工房の外観

4cmを超える極厚パンケーキ

雪ノ下のパンケーキは分厚くてメニューの種類が豊富。1枚で4cm超えのパンケーキを通常メニューとして出している店は全国的にも少ない。メニューの方はマンゴーやリンゴのような季節ものもあるし、クリームチーズやココアなど生地の変化もある。

生地は日本的なホットケーキの系譜でイワタ珈琲店などを想像してもらうと近いと思う。

▼国産レモンのパンケーキ
雪ノ下工房のパンケーキ

原宿レインボーパンケーキのふわとろ具合に毎回驚かされる

レインボーパンケーキをご紹介。原宿のパンケーキ店の中でも行列ができる人気店。ハワイ風のふわふわパンケーキが出る。レインボーパンケーキの名物はマカダミアナッツソースパンケーキで半分以上の人が頼んでいる。並んでも食べる価値がある、それがレインボーパンケーキ。今夜「嵐にしやがれ」に登場予定。

「嵐にしやがれ」では「未知との遭遇」のコーナーでレインボーパンケーキのオーナー岩城さんに「おいしいパンケーキの作り方を習いやがれ」的コーナーになるようだ。番組のレポートは→「嵐にしやがれ」未知との遭遇にパンケーキの達人として原宿レインボーパンケーキが登場
マカダミアナッツソースパンケーキ

レインボーパンケーキとは

原宿で行列ができるパンケーキ店というとエッグスンシングスbillsカフェカイラパンケーキデイズなどが挙げられるが唯一個人店でも行列しているのがレインボーパンケーキ。ハワイ好きで居住していた経験もあるオーナーの岩城大さんご夫婦がオープンした店で2011年のオープン以来あっという間に人気店に成長した。
レインボーパンケーキの行列

パンケーキは食事系、デザート系の2種類。見事な高さを誇るデザート系パンケーキはメレンゲを練り込みグリドルで焼いた後最後にオーブンで二度焼きしている。分厚い系パンケーキは火が通るのに時間がかかり、温度を上げると表面が焦げてしまうという課題があるが普通に焼いた後オーブンに入れることで外はカリッ中はふわっを両立させる工夫だ。ぶっちゃけふわふわとか煽り文句で付いているだけの店も多いのだがレインボーパンケーキはふわふわとろで玄人筋にも評価が高い。
レインボーパンケーキのマカダミアナッツソースパンケーキ

レインボーパンケーキの外観

場所がちょっとわかりづらい。竹下通りを明治通りのKDDIデザイニングスタジオの裏へ進んで2本目の角を右に折れた突き当りでいわゆる裏原エリア。平日はだいたい行列ができているので迷わないだろう。
レインボーパンケーキ店舗外観

お洒落な内装

壁から天井へウェーブした内装がお洒落。内装は劇的ビフォーアフター出演の建築家池田佳人さんが手がけている。
レインボーパンケーキの内装

ハワイの虹は6色?!

以前別件で調べて面白かったのだが虹の色を何色で表現するかは国によって異なる。ハワイでは6色で表すということで外観やロゴなどに使われている。

鮮やかな色を沢山使って破綻しないようにするのは難しいがPOPでかつ楽しげな雰囲気が出ていて個人的には好きな内装。

マカダミアナッツソースパンケーキ

多分分厚いパンケーキにマカダミアナッツソースをかけているのはレインボーパンケーキだけ。ハワイ系ではホワイトソースをかけるメニューもよく見かけるが分厚いパンケーキにかけた所が良い。分厚い系は生地だけでは食べられないのでシロップなりをかけて、となるのであらかじめマカダミアナッツソースをかけてある訳だ。
マカダミアナッツソースパンケーキ / レインボーパンケーキ

断面を見るとわかるのだが一枚一枚が分厚い。2枚で3cm以上あるんじゃないかな。サーブされた時は生地の様子が見えないのでカットする時驚きのギャップを演出できる。
レインボーパンケーキのパンケーキ断面

チョコレートとオレンジのパンケーキ

季節物、ということで頼んでみた。爽やかなオレンジのソースにふわふわのパンケーキ。
レインボーパンケーキの季節のフルーツのパンケーキ

季節のフルーツのパンケーキ

見栄えからしてステキ。女性は喜ぶと思う。10cm近いホイップクリームにフルーツを盛り付けている。デザート系の生地は共通。
レインボーパンケーキの季節のフルーツのパンケーキ

焼きリンゴとキャラメルソースのパンケーキ+アイスクリーム

食感は見た目よりもちっむにっとしていて家庭で作るパンケーキだと思うと驚きがあって面白い。
レインボーパンケーキの焼きリンゴとキャラメルソースのパンケーキ

レインボーパンケーキの行列攻略方法を考える

レインボーパンケーキに上手く入る方法を考えてみる。営業時間が10時〜18時(LO17時)ということで平日の社会人にはハードルが高い。席数は20席程度で日中は1時間待ち平均くらいだと思う。朝は早い時で9:30頃から並び始めるが9:30頃行くと一周目に入れて1時間は待たない、そのくらいになるはず。

最近営業時間が11時から10時に早まると共に10時回2Fテーブル席の電話予約、また1階に完全予約制の個室が登場しこちらも電話予約となっている。1ヶ月前から予約可能で、1階だとソファ席のため子連れや女子会、誕生日会など様々な使い方ができるようになった。

パンケーキ本置いてあった!

私が編集に関わったパンケーキ本「行列ができるパンケーキショップ101」がレインボーパンケーキのカウンターに!もちろんレインボーパンケーキも掲載されています(16・17ページ目)。
行列ができるパンケーキショップ101

行列のできるパンケーキショップ101

重版かかったそうでありがとうございます。パンケーキ速報をいつもご覧になっている方には伝わっているであろう情熱で掲載店を推薦させていただきました。

原宿パンケーキの店 行列・待ち時間と予約方法まとめ

原宿パンケーキの店の待ち時間と予約方法をまとめた。行列が途切れないエッグスンシングスを始め原宿にはいつも並んでいるパンケーキ店が幾つもある。全国に1000以上あるパンケーキ店のうち東京に350、原宿・表参道に40店と日本一の激戦区。パンケーキブームで食べてみたい、観光でどうしても食べたい!という方にもおすすめ。

エッグスンシングス原宿bills表参道店、原宿カイラパンケーキデイズ原宿店、レインボーパンケーキクリントンストリートベイキング辺りは常に行列しているが地元民として行列具合、空いている時間帯などを紹介していこう。

入りやすさで言うとエッグスンシングス、パンケーキデイズは空く時間帯、bills、クリントンストリートベイキングは予約可能な時間帯があるがカフェカイラ、レインボーパンケーキは予約不可・行列に並ぶしか無いので難易度が高い。

2015追記:レインボーパンケーキはオープン開始の一周目のみ、電話による予約を受け付けるようになった。また1階に個室がオープンしこちらも予約可能になっている。

エッグスンシングス原宿店の行列と待ち時間

ハワイ発のカジュアルレストランでホイップクリームのボリュームが凄い。エッグスンシングスが組み込まれたツアーがあるくらいハワイ旅行の定番。2010年に原宿店をオープン、以来途切れない行列でパンケーキブームの先駆けとなった。
エッグスンシングス原宿店

ある日曜14時頃の行列具合。映っている範囲で半分くらい。基本的に昼から午後は1-2時間待ちを覚悟したほうが良い。予約はできないが

  1. 朝一で一周目に入る(平日9時、土日8時)
  2. 平日20時過ぎに行く

という方法がおすすめ。エッグスンシングスは100席近くと大きいので朝一は並んでるように見えてすぐ入れる。土日の朝は知らないが平日9時ちょい前に行けばだいたい一周目に入れる。2周目だと40-50分待ちかな。

平日20時過ぎも空いている。原宿は朝が遅く夜が早い街なので夜は人が少ない。

>> エッグスンシングス原宿に行列せずに入る3つの裏技

エッグスンシングスの行列

bills表参道の行列と待ち時間

原宿神宮前交差点のGAP跡にできた商業施設東急プラザ表参道・原宿に入っているbills表参道。屋上庭園「おもはらの森」を見下ろす好立地でbillsのフラッグシップショップだ。一般には行列が凄いと言われているが私個人は並んで入ったことは無い。

  1. 朝一の8時半に入る
  2. 17時以降でネット予約する
  3. 電話予約する

原宿は朝が遅い街なので朝8時半にオープンするbillsは普通に入れるはず。東急プラザの物販フロアは11時オープン&bills表参道は最上階なのでbills目当ての人しか来ない。空席もわかるネット予約がお手軽だが電話予約の場合店員さんと話せるので混み具合に寄って17時前の予約が取れる場合もあるようだ。

今あちこちで見かけるリコッタパンケーキはbillsの後追いだと言って良いので本家を一度抑えておきたい。
billsのリコッタパンケーキ

bills表参道・横浜赤レンガ・七里ヶ浜の違い

カフェカイラ表参道の行列と待ち時間

押上からGYRE表参道に移ってきたハワイの人気パンケーキ店カフェカイラ。予約できないし常に並んでるし裏ワザ的な入り方が無い行列店。パンケーキブームがピークに。カフェカイラの行列がGYRE最上階に達するということもあった。

以前は整理券システムがあって自分の番が近づいてきたら戻れば良かったのだが最近は無くなってしまったようだ。行列は人気のバロメーターだが程度というものがある。2時間あれば原宿・表参道あちこち見て回れるので復活を望みたい。

>> 原宿カイラのパンケーキ

カイラ・オリジナル・パンケーキ

パンケーキデイズ原宿の行列と待ち時間

原宿キャットストリート裏のパンケーキデイズはエッグスンシングスより前からあるパンケーキ店。平日から行列している人気店だがエッグスンシングスと同じく平日20時頃には並ばずに入れる。

>> 原宿「パンケーキデイズ 原宿店」のパンケーキ情報

パンケーキデイズのパンケーキ

レインボーパンケーキの行列と待ち時間

竹下通りを渡った先にあるレインボーパンケーキ。オープン前から行列ができているパンケーキ店。ここも10時〜18時ということで社会人にはハードなお店だ。平日昼だとだいたい1時間待ち。休日は10時目当てに行って11時頃ランチとして入るのが良さそう。2015年から予約を受け付けるようになりました!

  • 朝10時の回のみ予約席を設けるようになりました。電話予約制。1ヶ月前から予約可能。
  • 7末から完全予約制の個室がオープン。子連れや誕生会など様々な使い方ができるように。個室については別記事を書く予定だがとりあえず公式サイトをチェックしましょう。

近くに原宿SUNDAY JAMやSan Francisco Peaksもあるので行列が長かったらそちらへ流れるプランBも可能。

>> 原宿レインボーパンケーキのふわとろ具合に毎回驚かされる

レインボーパンケーキのパンケーキ

クリントンストリートベイキングの待ち時間と予約方法

青山骨董通りのクリントンストリートベイキングは表参道から10分ほど。「そこだけを目的に行く」という少し離れたエリアながら平日昼は毎日行列している人気店。春に複数の雑誌で取り上げられたのが大きかったのかも。

空いているかもと思って雨の日、雪の日も寄ってみたが行列していた。クリントンストリートベイキングは朝8時から営業しているので朝か平日16時以降が空いている…。クリントンストリートベイキングで夜の予約受付が始まっているので18:00以降に行くなら予約するのが手っ取り早いだろう。

>> クリントン・ストリート・ベイキングでパンケーキ – 原宿パンケーキ速報

クリントン・ストリート・ベイキングのブルーベリーパンケーキ