全部入り!吉祥寺オリジナルパンケーキハウスのクリスマスパンケーキ

吉祥寺でオリジナルパンケーキハウスのパンケーキを食べてきた。11末から季節限定のクリスマスパンケーキを出しているからだ。季節限定メニューを海外勢のパンケーキ店が出してくるのは珍しい。オリジナルパンケーキハウスのダッチベイビーやダラーパンケーキも食べてきたのでご紹介する。

吉祥寺ということでテキストサイト時代から有名な@manameさんにもお声がけして4人でメニューを楽しんだ。まなめさんの日記(まなめはうす)の方で触れられているがもっと話したいことがあったのになorz。

クリスマスパンケーキ

オリジナルパンケーキハウスのクリスマスパンケーキは抹茶パウダーを使ったバターミルクパンケーキ3枚のタワーを5種類のベリーで飾り立て周りには5枚のミニパンケーキ、と合計8枚ものパンケーキを使った一皿。

抹茶を使っていることからわかる通り日本独自のメニュー。責任者の方と話したら頑張って本国にOK貰ったらしい。マンスリーや季節のパンケーキを出すのはパンケーキ店ではお馴染みの手法だが海外勢にとっては承認通さなければいけない分ハードルが高い。
オリジナルパンケーキハウスのクリスマスパンケーキ

華やかなパンケーキタワー

生クリームではさんで高さのあるパンケーキタワーに緑・白・赤とクリスマスカラーといい出来だと思う。細かい所だがイチゴの位置が互い違いにしてあるのもバランスが良い。

2400円といいお値段だが8枚ということで2人〜のボリューム。他のメニューも食べたいなら3-4人の時頼むと良いだろう。
クリスマスパンケーキの5種類のベリー

アツアツもちもちの卵生地!ダッチベイビー

みなさん初めてのオリジナルパンケーキハウスだったので目玉メニューのダッチベイビーを。ダッチベイビーはドイツ風パンケーキで厚めのフライパンに生地をまわしてオーブンで焼き上げたもの(ダッチベイビーとはどんなパンケーキか)。ダッチ=オランダかと思うと違って、ドイツ系移民が作っていたのがアメリカで鈍ってドイチェがダッチになった、という経緯らしい。

さてダッチベイビー食べたのは久しぶりだったがアツアツもちもちの卵生地がメンバーにも好評だった。クレープとはまた違う感じですね。
ダッチベイビー / オリジナルパンケーキハウス

オリジナルパンケーキハウスのダラーパンケーキ

1ドル硬貨(シルバーダラー)を模したダラーパンケーキは小さなパンケーキを散らしたもの。帝国ホテルなどでも出しているメジャーなメニュー。調べてみたのだがWikipediaによると直径7cmのミニパンケーキを指しているらしい。昔1ドル硬貨が日本の500円硬貨のように大きかったイメージがあるようだ。10枚程度あるので人数がいる時に良さそう。
オリジナルパンケーキハウスのダラーパンケーキ

▼Amazonでダラーパンケーキ用のフライパンも売っている。

沖縄パニラニの20cm級パンケーキタワー\(^o^)/

沖縄のパンケーキ第三弾はパニラニ(Paanilani)。パニラニは日本一パンケーキを食べ歩いたパチコさんがオープンしたパンケーキ専門店。ホノルル風のパンケーキが出る。パニラニは沖縄のリゾート地恩納村を代表するホテル、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートにも近く集客もばっちりだ。

年齢の数だけ積み上げられるパンケーキタワー

パニラニは2008年にオープン後、幾つかプレスリリースを見ている。例えば年齢の数だけパンケーキを積み上げてくれるパンケーキタワーのサービスなど、パンケーキ食べ歩いた人だけあって宣伝というものをわかっている。

このパンケーキタワーは友人が行った時のもの。20枚くらい?パンケーキタワーは要予約だが記念撮影用に出していることがあるそうだ。私が行った日は出ていなかった。
パニラニのパンケーキタワー

パニラニの看板

パニラニはANAインターコンチネンタルから近い海岸沿いの一軒家。ハワイ風の外観。
パニラニの看板

パニラニの店内

万座リゾートから流れて来た人達が多い。客層は若め。
パニラニの店内

パニラニのパンケーキメニュー

パニラニのパンケーキメニュー

ナッツナッツパンケーキ

アメリカンサイズのナッツナッツパンケーキ。ソースとチップに両方ナッツが、ということかな。
ナッツナッツパンケーキ

バターミルクパンケーキ

バターミルクは家庭では手に入りづらいのでパンケーキ専門店ならではのメニューだ。ぼってりと大判な感じがハワイのローカルの感じを思わせる。
バターミルクパンケーキ