ハワイの人気パンケーキ店「モエナカフェ」が原宿に上陸

モエナカフェが6月23日原宿にオープン。海外のパンケーキ店の上陸は久しぶり。場所はKスタ方面の裏原。カフェカイラシナモンズなども受賞した「ホノルルマガジン」主催のグルメ賞「ハレアイナ賞2013」の朝食部門で口コミNo.1を受賞したということで期待している。

似た業態ではホノルルコーヒーがあるがなかなか店舗拡大していないのでシナモンズのようにうまくメディア露出できるか、に注目している。タレントが続々訪れたりTVや女性誌で取り上げられたりすれば人気海外店の一角として一般に認知されるだろう。

>> 行ってきました → モエナカフェ原宿のぐるぐるしたアレは激甘!!

高級リゾートホテル出身のシェフが作るパンケーキ

モエナカフェのシェフはワイキキの高級リゾートホテル「シェラトン モアナサーフライダー」でヘッドディナーチーフを務めたエリック・チャン。生地はオリジナルの配合で外がサクッ、中がもっちりとした独特の味わいとのこと。

モエナカフェ店舗概要

・オープン:2014年6月23日(月)
・所在地:〒150-0001東京都渋谷区神宮前4-27-2
・店舗面積:約76.6坪 3階建
・席数 1F20席 テラス20席 / 2F28席 / 3F36席
・営業時間:8:00~23:00(22:30LO)
・おもなメニュー
フレッシュフルーツパンケーキ  1900円
シナモンロールパンケーキ    1500円
バナナシャンティリーパンケーキ 1850円
フレンチトースト 2種       1280円~
エッグベネディクト 4種      1200円~
ロコモコ     1600円
(メニュー価格は変更する場合があります)

フレッシュフルーツパンケーキ / モエナカフェ

生地が埋めつくされるほどたっぷりの果物を使ったフレッシュフルーツパンケーキが一押し。写真では苺、バナナ、ブルーベリーを使用している。

フレッシュフルーツパンケーキ / モエナカフェ

シナモンロールパンケーキ / モエナカフェ

生地の食感を一番楽しめるのがシナモンロールパンケーキ。特徴的な渦巻状のソースはクリームチーズベース。

シナモンロールパンケーキ / モエナカフェ

バナナシャンティリーパンケーキ / モエナカフェ

生地にバナナを練りこんだしっとり感が特長。甘さ控えめのシャンティリーソースをかけた大人のパンケーキ。シャンティリーソース=シャンティソースだと思われるがホイップクリームだろう。

塊肉のロコモコと幻のコーヒーブランド「OLD SUGAR MILL」

現地で人気のロコモコにはハンバーグではなく180gのショートリブを乗せて。フォークでほろっと崩れるほどに柔らかく煮込んだ塊肉はモエナカフェならではとのこと。

また島内で生産される「オールドシュガーミル(OLD SUGAR MILL)」ブランドのコーヒーを導入、品薄が続く人気商品「ワイアルアコーヒー」も提供する。

bills表参道でワイキキ店限定パンケーキ

billsの4月限定のパンケーキを早速食べてきた。billsワイキキ店のオープンを記念した限定メニューが国内4店舗(表参道、七里ヶ浜、横浜、お台場)で提供される。billsと言えばリコッタパンケーキだがフルーツをトッピングしたバターミルクパンケーキやアサイーボウルが登場している。3/29にオープンした「bills Sydney」はアメリカ初店舗。

billsは人気パンケーキ店だが表参道は120席と大きく朝8:30なら並ばないということでフォロサーさん何人かお誘いして朝活。限定のバターミルクパンケーキとアサイーボウル、通常メニューのスクランブルエッグとリコッタパンケーキを食べてきた。4人で4品シェアして一人1200円だったので人数いるとお得感ありますね。
#朝の柔らかい光で撮りたかったので朝にしましたが夕方以降は予約できたりするので並びたくない方は 原宿パンケーキの店 のbillsの箇所参照ください。

billsのバターミルクパンケーキ

billsの入る東急プラザ表参道原宿

billsは大人には神宮前交差点GAP跡で通じる「東急プラザ表参道原宿」の最上階に入っている。七里ヶ浜、横浜、お台場店があるがここがフラッグシップショップ。七里ヶ浜は湘南の海岸沿い、横浜は赤レンガ倉庫と海が見える好立地が多い中bills東急プラザ表参道原宿店では屋上庭園「おもはらの森」を見下ろせる趣向になっている。クリスマス時期にテラス席を取るとイルミネーションを見下ろせるのでカップルの男性は覚えておきたい。

▼木々の間から見えているガラス窓の部分がbills東急プラザ表参道原宿店
東急プラザ表参道原宿

bills東急プラザ表参道原宿店内装

入り口付近から見渡した所。右手からテラス席、窓際席、左手に6人のテーブル席、丸テーブルのソファ席。席に余裕のある時間帯ならテラスや窓際がいいと言えば通してくれると思う。初夏などは窓を開放しているので窓際席がおすすめ。

bills東急プラザ表参道原宿店内装

billsワイキキ店オープン記念の限定メニュー

スイーツ系と食事系の2種類のバターミルクパンケーキ、アサイーボールが登場。アメリカでは一般的なバターミルクとハワイということでアサイーを入れてきた訳ですね。パンケーキのトッピングの違いはフルーツ添えかベーコン添えか。フルーツはラズベリーとブルーベリー。

billsワイキキ店オープン記念の限定メニュー

billsのアサイーボール

bowlというとどんなお椀が出てくるかと思うがお洒落なグラス仕立て。見た目の華やかさも味も好評だった。食事には足りないのでデザートにどうぞ。

billsのアサイーボール

billsのバターミルクパンケーキ

薄い生地でいわゆるアメリカンなパンケーキという印象。立体感が無いので写真の構図は難しいですね。プレスリリースではラズベリーかブルーベリーどちらかという印象だったがミックスで出てきた。白いソースはギリシャヨーグルト。ギリシャヨーグルトは普通のヨーグルトよりタンパク質が多く濃厚な味とクリーミーな食感が得られる。足りなくなりそうに見えるが濃厚な分この量でいいという判断だろう。

billsのバターミルクパンケーキ

billsのスクランブルエッグ

bills初めてに方もいたので代表的なメニューも。日本上陸前はビル・グレンジャーが代官山Signでイケメンシェフ自ら焼いてくれるイベントなんかもあったように最初はスクランブルエッグ推しだった。パンケーキというよりリッチな朝食ブームを仕掛けようとしていたんですね。

billsのスクランブルエッグ

billsのリコッタパンケーキ

いつもの。日本のホットケーキと違うようにアメリカのパンケーキとも違う。それは差別化にもなるけど好き嫌いがあるかもしれないのでバターミルクパンケーキも入れてきたということかなと思う。

billsのリコッタパンケーキ

原宿BANYAN(バニヤン)でパイナップルバターを使ったビッグアイランドパンケーキ #パンケーキツアーズ

原宿のCAFE BANYAN(バニヤン)最近繁盛している気がする。カフェカイラ近くのパンケーキ店。たっちゃんず x TokyoWalkerのパンケーキムックで片面のいい写真が使われていたからかな?BANYANはパンケーキ店を食べ歩くパンケーキツアーズにハワイ担当で参加されているので昼休みに覗いてきた。

世界のパンケーキを食べ歩くパンケーキツアーズ

このイベントはスイーツ男子あまいけいき氏が発案しぐるなびや私が担当者をしている「みんなのパンケーキ部」も加わって開催中で今回は世界のパンケーキ7店を食べ歩く、という趣向。

>> 公式サイト

BANYAN(バニヤン)のビッグアイランドパンケーキ

ビッグアイランドの名の通り生地をハワイの島々に見立てたメニュー。この写真ではクリームがちょっと潰れているが普段はもっと標高が高い。

キャラメリゼした香ばしいパイナップル、パイナップルバター、そして生地にもパイナップルを使用。豆乳ベースの軽い生地に、ヨーグルトクリームチーズソースや生クリームをたっぷり乗せ、濃厚でありながらさっぱりした後味に癒されます。

CAFE BANYAN(バニヤン)のビッグアイランドパンケーキ

なぜこんなにパイナップル尽くしか、という話。パンケーキツアーズでは各店限定メニューを出しているがBANYANでは元々パイナップルバターが好評だという。見た目は普通のバターに見えるが口に入れるとコクがあり???と驚かされ二口目へ進む、そういう趣向だ。

パイナップルバター

BANYAN(バニヤン)の外観

BANYAN(バニヤン)の場所は少しわかりづらい。カフェカイラのあるGYREとDiorの間の道を進んで左手にファミマがあるビルの地下階。表参道の陸橋のある辺りの脇道、Diorとカフェカイラの間の道、と覚えておけば大きくは迷わないだろう。

CAFE BANYAN(バニヤン)の外観

BANYAN(バニヤン)の内観

オープン当時の記憶だと結婚式の二次会なども想定したはずで、小奇麗な内装。地下のカフェだが天井が高く外光も入っている。ロングカウンターとハイバックなソファとがありソファ席側は女子トークに花を咲かせるのに良いだろう。

CAFE BANYAN(バニヤン)の内観

ホワイトデープラン

パーティプランを見かけたのでよろしければどうぞ。
CAFE BANYAN(バニヤン)のホワイトデープラン

シナモンズ横浜山下公園店が2月にオープン!

シナモンズ横浜山下公園にオープンの準備を進めていることが判明した。既にスタッフの募集を始めており、店舗工事を見た話も聞こえてきている。シナモンズはハワイ・カイルア発のパンケーキ店でカイラと同じ朝食賞を2年連続受賞、昨年8月表参道に上陸している。

シナモンズ表参道の様子はこちら。シナモンズ表参道でパンケーキ

シナモンズ横浜山下公園店

シナモンズの場所は元町・中華街駅そばのグローリオタワー一階。周辺にはモトヤパンケーキリストランテ、山下公園側にエッグスンシングス横浜山下公園店がありシナモンズはその中間になる。パンケーキ店が密集することで原宿・表参道に似た激戦区を形成することになりそうだ。

  • 店名:Cinnamon’s 横浜山下公園店
  • 住所:横浜市中区山下町67−1グローリオタワー1F
  • オープン予定:2月

シナモンズのグァバシフォンケーキ

オレンジとピンクのソースがファンシーなグァバシフォンケーキが名物。サイズは大小2種類あるが大は2人以上でシェアするボリューム。グァバソースに乗せられたクリームがすぐ溶け落ちてしまうので写真は手早くどうぞ(笑。

シナモンズのグァバシフォンケーキ

参考:Cinnamon’s 横浜山下公園店/株式会社O’CEAND 求人

エッグスンシングス原宿に行列せずに入る3つの裏技

エッグスンシングス原宿はオープン以来途切れない行列が話題を呼びパンケーキブームの先駆けとなった。原宿のパンケーキ店の中でもトップクラスの人気を誇るエッグスンシングスだがあのホイップクリーム山盛りのパンケーキを一度は食べてみたい、という人も多いのではないだろうか。昨年5-6回行ったので地元民としてエッグスンシングス原宿に行列せずに入る3つの裏技を紹介しようと思う。

原宿のパンケーキ店が混雑している、行列は何時間待ちだという記事はよく見るが原宿・表参道で2-3時間あれば色々見て回れるので並ばないのが一番いい。裏技というか地元の人なら知っている話をまとめただけだが個人的には30分以上並んだことはないので楽しんでいって欲しい。

▼「みんなのパンケーキ部」2013年人気ランキングで1位だったエッグスンシングス
エッグスンシングスのパンケーキ

エッグスンシングス原宿について

エッグスンシングス(Eggs’n Things)は1974年にハワイで誕生、“All Day Breakfast”をコンセプトに終日朝食メニューを提供するカジュアルレストラン。ハワイ観光の定番スポットとなり2010年、フランチャイズで原宿に進出した。

神宮前交差点の東急プラザ表参道原宿の裏にあるエッグスンシングス原宿店。大抵の場合表参道側まで行列が続いているから迷うことはないだろう。2010年以来数十回前を通っているが基本的にいつでも行列しているしそういうイメージを持っている方も多いと思う。

  • 休日:不定休
  • 営業時間:平日9:00~22:30(L.O 21:30)、土・日・祝8:00〜22:30(L.O 21:30)
  • 予約:不可

ちなみに横浜・山下公園店、大阪・心斎橋店も行ったことがある。心斎橋は週末まだ混んでいるらしい。平日は知らない。江ノ島店が一番雰囲気がいいと聞いたが夏は人が多すぎて行く気にならなかったのでそろそろ行きたい。

▼年末はクリスマスツリーが登場したエッグスンシングス原宿店
エッグスンシングス原宿店の外観

エッグスンシングス原宿には20時以降か平日朝一に行けば普通に入れるんですよ実は

並びたくないなら平日が原則。どうしても週末なら朝一か日曜20時以降がおすすめ。

  1. エッグスンシングス原宿は20時以降なら行列なし
  2. エッグスンシングス原宿には平日朝9時までに行くべし
  3. エッグスンシングス原宿の特殊な営業時間を狙うべし

エッグスンシングス原宿は20時以降なら行列なし

billsやエッグスンシングスは朝食のイメージがあるけれども夜22時過ぎまで営業しているってご存知でしたか?そして原宿・表参道は夜が早くて20時頃には人通りが減ってくる。

ということでエッグスンシングスも20時くらいにはほぼ行列が無くなって普通に入れる。とにかくエッグスンシングス食べてみたいんだ!という方はまず試してほしい。

P1060131

エッグスンシングス原宿には平日朝9時までに行くべし

エッグスンシングス原宿は108席もある大型店だ。平日朝一に来る熱心な人はさすがに100人もいないから9時までに行けば確実に一周目に入れる、という訳。冒頭の写真も朝一でお店に入って撮ったもの。

▼エッグスンシングス原宿の路地。平日9時過ぎだと10人程度の行列。
エッグスンシングス原宿店の行列

エッグスンシングス原宿の特殊な営業時間を狙うべし

エッグスンシングス、実は元旦から普通に営業していたりする(参照)。予約ができないお店は人が行かない時に行くのが基本。雨の日に通りがかると並んでいなかったり。

後は@ysakaki宛に聞いていただくのが早いかも。他にも原宿のパンケーキ店の行列混雑具合・予約方法まとめを書いているように別の店をすすめることもできるので。原宿・表参道エリアには30店近くパンケーキを出す店があって食事系からふわふわ系まで食べ歩きできます。

追記:やっぱり週明けとか寒い日とか余裕だそうです。

▼朝一のテラス席にて。人気が少ないのでマカダミアナッツをねだりに来たすずめ。
エッグスンシングス原宿店のテラス

ということで以上エッグスンシングス原宿に行列せずに入る3つの裏技をお届けした。続いてよくある質問と答えをお送りする。

週末の日中は数時間待ちなのでおすすめしない

エッグスンシングス原宿の行列はお店の路地と表参道側の2つに分かれている。目安としては表参道側に溢れている時は1時間待ち以上になっている。この写真は混んでいた昨年6月の週末。

生クリーム、苦手なんだよね

最近は生クリーム苦手な方も多いようですね。

エッグスンシングスの場合生クリームではなく植物性クリームを使っている。またボリューミーに見えてもホイップしてあって(泡立ててあって)空気を沢山含んでいるから軽い触感。スプーン、さくっと入ります。

エッグスンシングスのパンケーキ

あの量のホイップクリーム、食べられないでしょ?

そういう方のためにシロップが3種類も用意されている。右からメープルシロップ、ココナッツシロップ、グアバシロップ。お好きなだけ、おかけください。

エッグスンシングスのシロップ

ホイップクリームを2倍にするオプションがあるって聞いたんだけど

絵的に豪華になるかと思って頼む人がいますが(私ですw)ホイップが自重で潰れて美しくないのであまりおすすめしません。実際、女性で頼む人はほとんどいないと聞いたことがあります。

▼左手前がホイップ2倍のパンケーキ。奥が普通のサイズなので安心してください。
エッグスンシングス原宿のパンケーキ

エッグスンシングスのパンケーキ写真をきれいに撮るには?

エッグスンシングスで写真を撮るなら「ホイップクリームが垂直で」「ホイップクリームが自然な白色になっている」ようにしたい。

逆に言うと、エッグスンシングスのホイップクリームは1分もせずに倒れていくので手早く撮ること。また店内は黄色目のスポットライトが付いているのでテラス席か2階の窓際を選ぶと良いだろう。

▼30席ほどのテラス席。冬はガスヒーターにひざ掛け完備なのが嬉しい。
エッグスンシングス原宿のテラス席

エッグスンシングスのパンケーキミックスが売っていると聞いたのですが

楽天では直輸入系のエッグスンシングスのパンケーキミックスを見かける。レシピ付き、水を混ぜるだけでOKらしい。日本のパンケーキミックスでは普通粉に玉子と牛乳を混ぜて作るのが一般的なのでどういう成分構成になっているのか興味がある。

焼かれた方いらっしゃったら感想ご一報ください。

クア・アイナからクリスマス限定メニュー「クリスマスパンケーキ」登場

クア・アイナからクリスマス限定パンケーキが発表された。クア・アイナはハワイ系のハンバーガー・チェーン。クリスマス パンケーキは赤レンガ店を除く全店で提供される。

クア・アイナはグルメ系ハンバーガーでは日本最大のチェーンになるのかな。ハワイ発で1977年に上陸、全国に23店舗を構える。老舗ですね。渋谷・原宿エリアだと青山交差点に一号店、宮益坂店の2店舗ある。本社が青山な関係で多いのでしょうか。

クア・アイナとパンケーキ

ハンバーガーのイメージが強いが昔から隠れメニュー的にパンケーキを出していた。パンケーキブームの中で関東全域、全国とパンケーキ提供地域を増やしたようだ。

クア・アイナのクリスマス限定商品「クリスマスパンケーキ」

他店のクリスマスパンケーキが2000円近いものもある中で880円とお手頃価格。

ストロベリー、ラズベリー、ブラックベリー、ブルーベリー、クランベリーの5種類のベリーをトッピングした中央にはクリスマスツリーを模したホイップクリームのタワーがそびえている。
クア・アイナからクリスマス限定商品「クリスマスパンケーキ」

写真は青山交差点にあるクア・アイナ一号店。
20131204-095132.jpg

中目黒Moke’sでパンケーキ。ハワイ発の大人パンケーキ

中目黒Moke’s Bread &Breakfastはハワイ発のパンケーキ店。サンリオの運営で8月30日に中目黒駅近くにオープンした。Moke’sは「モケス」と読む。看板メニューはパッションフルーツを使った「リリコイ パンケーキ」。彩りゆたかな盛り付けにふわふわ目の生地で食べやすいパンケーキ。これから人気が出ると思う。

Moke’s Bread &Breakfast

Moke’s Bread &Breakfast(モケス ブレッド アンド ブレックファースト)はハワイ・カイルア地区の家族経営のレストラン。トリップアドバイザーではカイルア地区116店中9位となっており「ハワイ・カイルア地区の人気パンケーキ店」と言える。(参考:Moke's Bread and Breakfast 【トリップアドバイザー】

運営はキャラクタービジネスのサンリオ。意外だったので調べてみた所ケンタッキーのフランチャイズ店を持っていたり飲食初参入ではないようだ。原宿・表参道ではなくあえての中目黒ということで興味深い。

▼Moke’s記念撮影ブースのパンケーキタワー。50枚くらいあるかな。こういうものを用意できる所がPRをわかっている会社だなあという感じ。
Moke’sのパンケーキタワー

中目黒Moke’s Bread &Breakfastの場所

中目黒は東急東横線で代官山の次。東口を出て大通りを北へ5分ほど歩けばMoke’s Bread &Breakfastの青い看板が見えてくる。1・2階を両方で50席は無いかな。営業は10-22:00だが21:20分前にラストオーダーの日もあったのでご注意を。また定休日も9月は9(月)・17(火)・24(火)・30(月)と変則的なので事前に公式サイトでチェックした方がいいですね。
Moke’s Bread &Breakfast外観

Moke’s Bread &Breakfast店内

平日の20時頃にも関わらず続々客が訪れていて認知度は高いようだ。お客さんは女性客が8割くらい。半個室的な席が2箇所あるので予約できるのなら便利かも(未確認)。
Moke’s Bread &Breakfast店内

Moke’sの看板「リリコイ パンケーキ」

リリコイ=パッションフルーツなのだとか。そこそこの大きさで850円と妥当なコスパなのでは。パッションフルーツのソースがたっぷりということで警戒したのだが酸味が前面に出ることなくバランス良し。

特筆すべきは生地で、厚みは1cmあるかないかだがプレーンでふわふわ目の生地が食べやすい。残念だったのはサーブされた時にはホイップクリームが流れ落ちてしまっていたこと。全体にソースかける系ではよくあって、一回流れ落ちちゃうと修復不可能なので困る。解決策として中央にくぼみを付けている店もあるので試してみて欲しい。

リリコイ(ハワイ語でパッションフルーツ)ソースがたっぷりかかったパンケーキ。爽やかな酸味とほのかな甘さが楽しめる人気No.1メニューです。

リリコイパンケーキ

個人的なヒットMoke’sの「スパムバーガーパンケーキ」

Moke’sのメニューとしては名物の「リリコイ パンケーキ」と日本独自メニュー「ミックスベリー パンケーキ」「スパムバーガー パンケーキ」からどれを選ぶか悩ましい所だったが「スパムバーガー パンケーキ」で正解だった。

パンケーキでスクランブルエッグ、スパム、トマト、レタスを挟んだハンバーガー風のメニューで生地の黄色、トマトの赤、レタスの緑、オリーブの黒と彩りがよい。パンケーキで彩りというとソースを全体にかけるか、フルーツミックスにするかくらいしかないので新鮮。またスパムというと塩味が強くてジャンクなイメージを持っていたのだがそれほど主張せずバランスよく仕上がっている。おすすめ。

ハワイの朝食には欠かせないスパムをパンケーキで挟み、ハンバーガーのように仕上げました。

スパムバーガーパンケーキ

驚愕のボリューム!ホノルルコーヒーのパンケーキが表参道に上陸

ホノルルコーヒー表参道がオープンしたのでパンケーキを食べてきた。ホノルルコーヒーはハワイ発のコナ・コーヒーやパンケーキを出すカフェ。都内ではお台場限定だったホノルルコーヒーのパンケーキが気軽に食べられるように。びっくりボリュームのパンケーキなのでうっかり頼むとランチに食べきれませんwww

ハワイ発コーヒー店ホノルルコーヒー

ホノルルコーヒーはハワイ発のコーヒー店で大阪で「まいどおおきに食堂」などを展開するフジオフードシステムが運営。2012年にお台場ダイバーシティに一号店を出店している。ボリューミーなパンケーキで知られるがパンケーキを出すのはダイナー形式の一部店舗で都内ではお台場店のみであった。パンケーキブームを受け満を持して表参道へ進出といった所だろう。
ホノルルコーヒーのフルーツレインボーパンケーキ切り取り

ホノルルコーヒー表参道

ホノルルコーヒーはとんかつ まい泉 青山本店の斜向かいにある。入り口は一段引っ込んでいるが看板が出ているので迷うことはないだろう。
ホノルルコーヒー表参道

ホノルルコーヒーの店内

店内は個室っぽいテーブル席エリア、手前のロングテーブルエリアなど幾つか区切られている。ハワイと言えばコナ・コーヒーということでスタバ的な使い方をしているお客さんが多い。
ホノルルコーヒーの店内

ホノルルコーヒーのメニュー

我々のお目当てはもちろんパンケーキ。お台場で大盛りなことは知っていたので若い子も連れてきてどんと来い!気が大きくなっていた私は何やらダントツにお高いフルーツレインボーパンケーキを「行っちゃう?行っちゃうか!」してしまったのであった。。。

  • オリジナル・パンケーキ 650円
  • コナコーヒークリーム パンケーキ 850円
  • マカダミアナッツクリーム パンケーキ 1000円
  • フルーツレインボーパンケーキ 1850円

ホノルルコーヒー表参道のパンケーキメニュー

フルーツレインボーパンケーキ/ホノルルコーヒー

来たのは20cmサイズのパンケーキ3枚にホイップクリームを乗せストロベリー、ブルーベリー、キウイ、パイナップル、ナッツなどを散らしたパンケーキ。大皿過ぎて乾いた笑いが。これランチタイムに食べて帰れるの?!

カイラやエッグスンシングスみたいな専門店ならわかるが一見スタバかドトールかみたいなコーヒー店で2人でもお腹いっぱいみたいなサイズが出てくるとは油断していたと言わざるをえない。
ホノルルコーヒーのパンケーキ

カイラの「カイラ・オリジナル・パンケーキ トッピング全部のせ」 もそうだが日本人サイズにすると「現地と違う!」という声が出るのでボリュームがアメリカンサイズ。値段が1500円以上のものは2人でシェアするサイズだと心得えよう。
ホノルルコーヒーのフルーツレインボーパンケーキ全景

パンケーキの盛り/ホノルルコーヒー

大きいことにはメリットもあって盛り付けがゴージャスになる。例えば恵比寿のアクイーユも女性客がほとんどなのに20cmクラスの大皿が出てくる。これも見栄えを考えてのこと。パンケーキブームの解説で言われるように「今日友達と原宿でパンケーキ食べてきた〜。」と写真をアップする所までが一連の体験なのでソーシャルネットワークで反応されやすい見栄えが求められている訳だ。
ホノルルコーヒーのパンケーキ縦構図

パンケーキ断面/ホノルルコーヒー

3枚重ねなので一人だと食べきれなかったと思うが2人ならなんとか。ランチで行くとギリギリなので週末カイラやエッグスンシングスが混んでて入れない!という時におすすめ。お客はそこそこ入っているが行列はできていない。
ホノルルコーヒーのパンケーキ断面

シナモンズ表参道でパンケーキ

表参道に「シナモンズ・レストラン」が8月26日オープンする。パンケーキが売りのハワイアンレストランでカイラと同じ朝食賞を受賞している。GYRE裏手のわかりにくい場所の地下にあり迷う人が出そうだ。シナモンズのレセプションに入れたのでパンケーキ・エッグベネディクト・シナモンロールなどひと通り。

シナモンズ・レストランは1985年ハワイ・カイルアにオープン。ハワイの雑誌「ホノルル・マガジン」主催のグルメ賞で2年連続ベスト朝食賞を受賞している。2011年はカイラとシナモンズでワンツーフィニッシュだった。

先週オープンした「ニューヨークNo.1のパンケーキ」クリントン・ストリート・ベイキング東京は15時台の売り切れ閉店が続くなど人気が出ており合わせて気になるところだ。
>> クリントン・ストリート・ベイキング東京で「ニューヨークNo.1のパンケーキ」のパンケーキをいただく

シナモンズのグァバシフォンパンケーキ

シナモンズの場所

どうしても原宿・表参道に出したかったんだな、という立地。GYREの裏手の路地を入っていった所の茶色のビルの地下。

  • 住所:東京都渋谷区神宮前5-13-2 パインアンダーフラットB1階
  • TEL:03-6418-4295
  • 営業時間:平日9:00~22:30、土日祝8:00~22:30


大きな地図で見る

シナモンズの入り口

夜なので暗い写真になっているが「シナモンズ」の看板と奥へ続く細道が目印。
シナモンズの入り口

シナモンズの店内

地下1・2階の104席ということで見た目よりかなり大きい。地下1階はハワイ本店に合わせて白を基調に木目のテーブルを置いている。
シナモンズの店内

シナモンズのシナモンロール

30食限定のシナモンロール。かなりみっちり詰まっていてお腹に溜まる感じ。
シナモンズのシナモンロール

シナモンズのグァバシフォンケーキ

wholeとhalfの2サイズのパンケーキがある。wholeはパンケーキ4枚、harfは2枚。基本的に4枚を一人で食べるのは無理なので2-4人でシェアする向け。harfなら一人でも行ける。

グァバシフォンパンケーキは、写真が難しいパンケーキ。アイスクリーム/ホイップクリームが流れだして汚い感じになってしまうのが惜しい。上にトッピング乗せないオプションがあるといいなあ。グァバのソースはそれほど酸っぱさがなく食べやすい。
シナモンズのグァバシフォンケーキ

パンケーキ4枚重ねはボリューミーで珍しい。
4枚重ねのパンケーキ

シナモンズのレッドベルベッドパンケーキ

レッドベルベット、日本ではバレンタイン時期に季節物パンケーキとして出ているメニュー。レッドというが普通に茶色のチョコレート色である。見た目とギャップが有り4枚重ねを一気に切れるほど軽めの生地。ほろほろと崩れ触感はブラウニーっぽい。
シナモンズのレッドベルベッドパンケーキ

シナモンズのエッグベネディクト

シナモンズのエッグベネディクトはクラブケーキ(蟹のパティ)、マヒマヒ、スモークサーモン、ハムなどを選べる。今回は彩りが良さそうなスモークサーモンで。
シナモンズのエッグベネディクト

多分、行列する店にはならないと思うが上手いことメディアに取り上げられればいけるかもしれない。

シナモンズが表参道に上陸!ハワイのパンケーキ店。

シナモンズ表参道オープンの報。シナモンズ・レストランはカイラと同じハワイの朝食賞を2年連続受賞しているパンケーキ店。カイルア発のシナモンズはパンケーキ・エッグベネディクトシナモンロールなどハワイ現地の料理を提供する。

Cinnamon’s Restaurantは表参道に8月オープン予定。生地がおいしいと評判のパンケーキはもちろん個人的にはシナモンロールに注目。シナボン六本木店の最上陸が話題になったり、東急プラザ表参道原宿の天空のスタバでも提供しているように焼きたてのシナモンロールには需要があるはず。

レセプションに行って来ました >> ハワイ発のパンケーキ「シナモンズ」が表参道にオーブン

Cinnamon’s Restaurant

場所はGYREの裏手だがあの辺に地下のお店ってあったかな。茶色のマンション風のビルの地下と思われる。

  • 住所:東京都渋谷区神宮前5-13-2 パインアンダーフラットB1階
  • TEL:03-6418-4295
  • 営業時間:平日9:00~22:30、土日祝8:00~22:30

シナモンズのパンケーキ

カラフルで酸味のあるグァバソースをたっぷりかけた「グァバシフォンケーキ」。
Guava Chiffon Pancakes
Guava Chiffon Pancakes / beautifulcataya

シナモンズのエッグベネディクト

Crabcake Eggs Benedict
Crabcake Eggs Benedict / beautifulcataya

表参道・天空のスタバの焼きたてシナモンロール

他店のクロワッサンやシナモンロール店舗側では温めているだけだがこの東急プラザ店だけ焼きたてが食べられる。

焼きたてのペストリーや限定店舗展開のフードメニューをラインナップしており、また世界の希少なコーヒー豆のみを採用したスターバックス リザーブ™や、コーヒーの風味を余すことなく抽出する特別なマシン、“クローバー”でいれたコーヒーもお楽しみ頂けます。

焼きたてシナモンロール