a Piece of Cake:青山・岡本太郎記念館併設カフェのパンケーキ

a Piece of Cake(ア・ピース・オブ・ケイク)は岡本太郎記念館併設のパンケーキ店。青山・骨董通りに“ニューヨークNo.1のパンケーキ”クリントン・ストリート・ベイキングがオープンしたがクリントンの隣のAPOC、その近所のa Piece of Cakeはパンケーキブームの前からパンケーキの名店として知られる専門店。パンケーキの後ははてな社を横目に根津美術館へ流れるのも食欲の秋、芸術の秋らしいのではないか。

ちなみに川崎の岡本太郎美術館と青山の岡本太郎記念館では場所が全然違うので注意。青山の岡本太郎記念館は氏のアトリエ兼住居だった所。a Piece of Cakeはいわゆる美術館併設カフェ系になるのだろうが素通りしてしまうお客さんも多くて勿体ない。

岡本太郎作品を眺めながら名店a Piece of Cakeのパンケーキを食べるのは贅沢な時間だ。
a Piece of Cakeのパンケーキ

岡本太郎記念館の外観

元々岡本太郎の住居として使われていた建物だから場所も骨董通りの裏手、普通の住宅街にある。a Piece of Cakeの青地の旗を目印にどうぞ。

左手の新しい建物がa Piece of Cakeで右手が岡本太郎記念館の本館。
岡本太郎記念館の外観

岡本太郎記念館の庭

記念館の大きな特徴としてカジュアルに岡本太郎作品の彫像が置かれている。こどもの城入り口にあるように大型の作品が多いのでこのように庭に作品が出ている。
岡本太郎記念館の庭

a Piece of Cakeのパンケーキ

これはパンケーキランチ。バターミルクとコーンミールのパンケーキにコーヒーまたは紅茶が付いたセットは11:00-14:00、1260円。添えられているのはフレッシュバター、手作りグランベリージャム、ホイップクリーム、ビュアメープルシロップ。

一見量が少ないように見えるが一口ごとに驚きがあって印象深い。普通トッピングで生地の印象って変わらないんですけどね。a Piece of CakeとAPOCは姉妹店でオーナーの大川雅子さんは焼菓子教室「SASSER」を主宰、複数のレシピ本を出すなど料理研究家として知られている。そういう訳で、生地もトッピングも両方楽しめるパンケーキに仕上がっている。
a Piece of Cakeのパンケーキ

ああ、こちらはバターミルクとチョコレートのパンケーキのセットでした。色に変化があると面白いかなと思って。+50円でチョコレートパンケーキに変えられる。
a Piece of Cakeのパンケーキ

入り口脇の岡本太郎作品「犬の植木鉢」

TVでも見かけたが最近フィギュアで定評ある海洋堂が岡本太郎作品のガチャを出していて私も「犬の植木鉢」を持っている。あれはいいものだ。
岡本太郎・犬の植木鉢

表参道のカフェ「ア・ピース・オブ・ケイク」のパンケーキ情報東京のパンケーキ

原宿パンケーキの店 行列・待ち時間と予約方法まとめ

原宿パンケーキの店の待ち時間と予約方法をまとめた。行列が途切れないエッグスンシングスを始め原宿にはいつも並んでいるパンケーキ店が幾つもある。全国に1000以上あるパンケーキ店のうち東京に350、原宿・表参道に40店と日本一の激戦区。パンケーキブームで食べてみたい、観光でどうしても食べたい!という方にもおすすめ。

エッグスンシングス原宿bills表参道店、原宿カイラパンケーキデイズ原宿店、レインボーパンケーキクリントンストリートベイキング辺りは常に行列しているが地元民として行列具合、空いている時間帯などを紹介していこう。

入りやすさで言うとエッグスンシングス、パンケーキデイズは空く時間帯、bills、クリントンストリートベイキングは予約可能な時間帯があるがカフェカイラ、レインボーパンケーキは予約不可・行列に並ぶしか無いので難易度が高い。

2015追記:レインボーパンケーキはオープン開始の一周目のみ、電話による予約を受け付けるようになった。また1階に個室がオープンしこちらも予約可能になっている。

エッグスンシングス原宿店の行列と待ち時間

ハワイ発のカジュアルレストランでホイップクリームのボリュームが凄い。エッグスンシングスが組み込まれたツアーがあるくらいハワイ旅行の定番。2010年に原宿店をオープン、以来途切れない行列でパンケーキブームの先駆けとなった。
エッグスンシングス原宿店

ある日曜14時頃の行列具合。映っている範囲で半分くらい。基本的に昼から午後は1-2時間待ちを覚悟したほうが良い。予約はできないが

  1. 朝一で一周目に入る(平日9時、土日8時)
  2. 平日20時過ぎに行く

という方法がおすすめ。エッグスンシングスは100席近くと大きいので朝一は並んでるように見えてすぐ入れる。土日の朝は知らないが平日9時ちょい前に行けばだいたい一周目に入れる。2周目だと40-50分待ちかな。

平日20時過ぎも空いている。原宿は朝が遅く夜が早い街なので夜は人が少ない。

>> エッグスンシングス原宿に行列せずに入る3つの裏技

エッグスンシングスの行列

bills表参道の行列と待ち時間

原宿神宮前交差点のGAP跡にできた商業施設東急プラザ表参道・原宿に入っているbills表参道。屋上庭園「おもはらの森」を見下ろす好立地でbillsのフラッグシップショップだ。一般には行列が凄いと言われているが私個人は並んで入ったことは無い。

  1. 朝一の8時半に入る
  2. 17時以降でネット予約する
  3. 電話予約する

原宿は朝が遅い街なので朝8時半にオープンするbillsは普通に入れるはず。東急プラザの物販フロアは11時オープン&bills表参道は最上階なのでbills目当ての人しか来ない。空席もわかるネット予約がお手軽だが電話予約の場合店員さんと話せるので混み具合に寄って17時前の予約が取れる場合もあるようだ。

今あちこちで見かけるリコッタパンケーキはbillsの後追いだと言って良いので本家を一度抑えておきたい。
billsのリコッタパンケーキ

bills表参道・横浜赤レンガ・七里ヶ浜の違い

カフェカイラ表参道の行列と待ち時間

押上からGYRE表参道に移ってきたハワイの人気パンケーキ店カフェカイラ。予約できないし常に並んでるし裏ワザ的な入り方が無い行列店。パンケーキブームがピークに。カフェカイラの行列がGYRE最上階に達するということもあった。

以前は整理券システムがあって自分の番が近づいてきたら戻れば良かったのだが最近は無くなってしまったようだ。行列は人気のバロメーターだが程度というものがある。2時間あれば原宿・表参道あちこち見て回れるので復活を望みたい。

>> 原宿カイラのパンケーキ

カイラ・オリジナル・パンケーキ

パンケーキデイズ原宿の行列と待ち時間

原宿キャットストリート裏のパンケーキデイズはエッグスンシングスより前からあるパンケーキ店。平日から行列している人気店だがエッグスンシングスと同じく平日20時頃には並ばずに入れる。

>> 原宿「パンケーキデイズ 原宿店」のパンケーキ情報

パンケーキデイズのパンケーキ

レインボーパンケーキの行列と待ち時間

竹下通りを渡った先にあるレインボーパンケーキ。オープン前から行列ができているパンケーキ店。ここも10時〜18時ということで社会人にはハードなお店だ。平日昼だとだいたい1時間待ち。休日は10時目当てに行って11時頃ランチとして入るのが良さそう。2015年から予約を受け付けるようになりました!

  • 朝10時の回のみ予約席を設けるようになりました。電話予約制。1ヶ月前から予約可能。
  • 7末から完全予約制の個室がオープン。子連れや誕生会など様々な使い方ができるように。個室については別記事を書く予定だがとりあえず公式サイトをチェックしましょう。

近くに原宿SUNDAY JAMやSan Francisco Peaksもあるので行列が長かったらそちらへ流れるプランBも可能。

>> 原宿レインボーパンケーキのふわとろ具合に毎回驚かされる

レインボーパンケーキのパンケーキ

クリントンストリートベイキングの待ち時間と予約方法

青山骨董通りのクリントンストリートベイキングは表参道から10分ほど。「そこだけを目的に行く」という少し離れたエリアながら平日昼は毎日行列している人気店。春に複数の雑誌で取り上げられたのが大きかったのかも。

空いているかもと思って雨の日、雪の日も寄ってみたが行列していた。クリントンストリートベイキングは朝8時から営業しているので朝か平日16時以降が空いている…。クリントンストリートベイキングで夜の予約受付が始まっているので18:00以降に行くなら予約するのが手っ取り早いだろう。

>> クリントン・ストリート・ベイキングでパンケーキ – 原宿パンケーキ速報

クリントン・ストリート・ベイキングのブルーベリーパンケーキ