梅田・雪ノ下工房で4cm超えの極厚パンケーキ

雪ノ下が東京に催事出店している。雪ノ下はかき氷とパンケーキの専門店で大阪を代表する極厚系パンケーキ。食べログでも3.6点と高評価だが予約制でいきなりは入れない。梅田にできた雪ノ下の新店「雪ノ下工房」は予約不要と遠征組にもおすすめなパンケーキ店だ。

雪ノ下関連記事はこちら

大阪パンケーキ事情

全国的に見ても大阪はパンケーキ店が多いエリアだ。東京が約300店、大阪が90店と続いている。Butter、丸福珈琲店、mog、アメリカン、トリトンカフェ辺りが有名店だろうか。分厚いパンケーキを売りにしている店は少なくて雪ノ下くらいである。

東京の有名パンケーキ店ではパンケーキデイズj.s.pancake cafeが出店している。カフェカイラは一時期大阪出店の話が進んでいたようだが押上から表参道への移転が入って立ち消えになったようだ。またハワイ系のエッグスンシングスが今夏心斎橋にオープン、行列ができる人気店になっている。billsサラベス、スラッピーケークス辺りが大阪に進出するか、で彼らがパンケーキ需要がどのくらい強いと見ているかの指標になるだろう。
雪ノ下工房のパンケーキ

雪ノ下の2号店「雪ノ下工房」

雪ノ下は大阪のかき氷とパンケーキの専門店。本店は予約制だが新店の「雪ノ下工房」は予約不要で食べログでも3.76と高評価。大阪・太融寺町はラブホがあるエリアだが雪ノ下工房には若い人が続々訪れていた。ガレージのような建物だが看板が出ていて目印になる。
雪ノ下工房の外観

4cmを超える極厚パンケーキ

雪ノ下のパンケーキは分厚くてメニューの種類が豊富。1枚で4cm超えのパンケーキを通常メニューとして出している店は全国的にも少ない。メニューの方はマンゴーやリンゴのような季節ものもあるし、クリームチーズやココアなど生地の変化もある。

生地は日本的なホットケーキの系譜でイワタ珈琲店などを想像してもらうと近いと思う。

▼国産レモンのパンケーキ
雪ノ下工房のパンケーキ

GQ JAPANに「なぜ、今パンケーキなのか?」のコラムが掲載される

ファッション誌GQ JAPAN掲載されたパンケーキブームについてのコラムがネットにもアップされていた。GQはVogue社の「大人の男性のクオリティ・ライフスタイル誌」。

日本は空前のパンケーキ・ブーム!! なぜ、今パンケーキなのか?では「今や全国規模に広がるパンケーキ・ブーム。“朝活”で変わりつつある昨今のライフスタイルにおいて、これは単なるブームなるのだろうか。」ということでブームの理由と東京のパンケーキ専門店が紹介されている。全文じゃなく抜粋かもしれないですね。

まずブームの理由としてbillsなどの運営に関わるトランジット・ジェネラルオフィス代表・中村貞裕氏のコメントが掲載されている。甘味、家庭のオヤツとして認知されてきたホットケーキが朝食そしてオールダイニングで食べられるイメージがつき始めた、これはあるでしょうね。

「朝食カルチャーをもっと盛り上げていこうと、“世界一の朝食”で知られる『bills』の日本1号店をオープンした際は、果たして朝8時から営業してお客さんが来るのか? という不安の声もありました。フタを開けたら連日“朝から行列”です。パンケーキは巷の“朝活ブーム”も牽引している。幸せな朝、充実した朝の象徴として、ブームというよりも新しいライフスタイルのアイコンとなりつつある気がします」。

東京のパンケーキ専門店4選!

パンケーキ専門店、の定義次第な所もあるがカフェ・カイラ表参道、bills表参道、サンデージャム原宿エッグスンシングス原宿店が取り上げられている。原宿・表参道の徒歩5分圏内にこれら4店舗が集まっている。

Café Kaila(カフェ・カイラ表参道)

ハワイで一番おいしい朝食、という売りで日本に上陸。2012年12月に表参道のGYRE地下に移ってきた。予約不可で日中は2時間待ちとまだ並ぶが押上よりは大幅に改善された。表参道に移ってからはハイビスカスの花を乗せるようになって華やかさが増したと思う。
カフェカイラ・オリジナル・パンケーキ

bills表参道

湘南、お台場と来て海沿いのイメージなのかなと思っていたら東急プラザ表参道の最上階にフラッグシップショップを構えたbills。bills表参道はアクセスも良くチャン・グンソクやAKB篠田麻里子など芸能人も度々訪れている。
bills表参道のリコッタパンケーキ

SUNDAY JAM harajuku(サンデージャム 原宿)

原宿のパンケーキ専門店サンデージャムではアメリカンな薄いパンケーキが出る。billsと同じトランジット・ジェネラルオフィスの運営。KDDIデザイニングスタジオ(通称Kスタ)の裏。立地の割に並んでいなくて美味しいパンケーキが出るので穴場。
サンデージャム原宿のパンケーキ

Eggs’n Things(エッグスンシングス)

パンケーキブームのきっかけを一つだけ上げろと言われたら多分2010年のエッグスンシングス原宿のオープン。パンケーキの行列が途絶えない様子から他の所も参入するようになった。
エッグスンシングス原宿のパンケーキ

GQ JAPANパンケーキコラムの掲載号

ネットにアップされたのが4/3なので3月号か4月号でしょうね。

5月号の表紙は力強いBeyonceなのでこちらも惹かれる。

と思ったらBeyonceの5月号掲載だそうです。

原宿エッグスンシングス、パンケーキデイズ、カフェ・カイラ表参道のパンケーキ:ヒルナンデスで河北、久本、藤原の3人が原宿を散策

日テレヒルナンデスカフェ・カイラ表参道が取り上げられた。3月29日の放送回ではモデル河北麻友子久本雅美藤原一裕(ライセンス)の3人が流行の発信地表参道のパンケーキ店などを寄り道散歩した。

河北、久本、藤原の3人が訪れたのはカフェ・カイラ表参道。パンケーキブームの火付け役として原宿のEggs’n Things、パンケーキデイズが挙げられた。その中でカフェ・カイラは2時間待ちの人気店として紹介された。

カフェ・カイラ表参道のオリジナル・パンケーキ

エッグスンシングス原宿のパンケーキは山盛りのホイップクリームのインパクトが凄いが、苦手という方もいるだろう。カフェ・カイラのオリジナル・パンケーキはフルーツが山盛りということで大人も食べられるメニューになっている。
カフェカイラ・オリジナルパンケーキ

上モノのフルーツを食べ進むうちにパンケーキが冷えてきてしまうので個人的にはワッフルの方がおすすめ。
カフェカイラのオリジナル・ワッフル

ヒルナンデスでは1日60食限定の「カイラスペシャル エッグスベネディクト」も紹介された。カフェ・カイラ表参道は90席ほどなので1周目か2周目に入る必要がある。
カイラスペシャル エッグスベネディクト

原宿、明治神宮前のカフェ「カフェ カイラ 表参道店」のパンケーキ情報東京のパンケーキ