原宿BANYAN(バニヤン)でパイナップルバターを使ったビッグアイランドパンケーキ #パンケーキツアーズ

原宿のCAFE BANYAN(バニヤン)最近繁盛している気がする。カフェカイラ近くのパンケーキ店。たっちゃんず x TokyoWalkerのパンケーキムックで片面のいい写真が使われていたからかな?BANYANはパンケーキ店を食べ歩くパンケーキツアーズにハワイ担当で参加されているので昼休みに覗いてきた。

世界のパンケーキを食べ歩くパンケーキツアーズ

このイベントはスイーツ男子あまいけいき氏が発案しぐるなびや私が担当者をしている「みんなのパンケーキ部」も加わって開催中で今回は世界のパンケーキ7店を食べ歩く、という趣向。

>> 公式サイト

BANYAN(バニヤン)のビッグアイランドパンケーキ

ビッグアイランドの名の通り生地をハワイの島々に見立てたメニュー。この写真ではクリームがちょっと潰れているが普段はもっと標高が高い。

キャラメリゼした香ばしいパイナップル、パイナップルバター、そして生地にもパイナップルを使用。豆乳ベースの軽い生地に、ヨーグルトクリームチーズソースや生クリームをたっぷり乗せ、濃厚でありながらさっぱりした後味に癒されます。

CAFE BANYAN(バニヤン)のビッグアイランドパンケーキ

なぜこんなにパイナップル尽くしか、という話。パンケーキツアーズでは各店限定メニューを出しているがBANYANでは元々パイナップルバターが好評だという。見た目は普通のバターに見えるが口に入れるとコクがあり???と驚かされ二口目へ進む、そういう趣向だ。

パイナップルバター

BANYAN(バニヤン)の外観

BANYAN(バニヤン)の場所は少しわかりづらい。カフェカイラのあるGYREとDiorの間の道を進んで左手にファミマがあるビルの地下階。表参道の陸橋のある辺りの脇道、Diorとカフェカイラの間の道、と覚えておけば大きくは迷わないだろう。

CAFE BANYAN(バニヤン)の外観

BANYAN(バニヤン)の内観

オープン当時の記憶だと結婚式の二次会なども想定したはずで、小奇麗な内装。地下のカフェだが天井が高く外光も入っている。ロングカウンターとハイバックなソファとがありソファ席側は女子トークに花を咲かせるのに良いだろう。

CAFE BANYAN(バニヤン)の内観

ホワイトデープラン

パーティプランを見かけたのでよろしければどうぞ。
CAFE BANYAN(バニヤン)のホワイトデープラン

uzna omomでパンケーキ:正真正銘の隠れ家カフェ

uzna omomはパンケーキブームが来る前から普通にランチで通っていたお店。食事系パンケーキメニューも豊富でデートや女子トークにもおすすめ。

uzna omomの読みはウズナオムオムで「隠れ家風」ではなく本当に隠れ家なカフェ原宿キャットストリートのマンションの一室なので何度も来たことあるのに通りすぎてしまうことがあるくらい。原宿・表参道というお洒落や気合が入った人が多い街の中でホッとできる空間なので友人と軽く食べる時などにおすすめ。

クリスマス限定のリンゴのパンケーキ

昨年のクリスマス限定メニューから。全般に盛りが良いのが特徴と言えば特徴。
uzna omomクリスマス限定のリンゴのパンケーキ

uzna omomクリスマス限定のリンゴのパンケーキ

uzna omomのハニーレモン パンケーキ

これは2010年の8月、初訪問の時。5段もあったのね(笑。常連さんのリラックスした前かがみ具合がいいね!
uzna omomのハニーレモン パンケーキ

B.L.T.パンケーキ

食事系の写真撮りに行ったはずがカメラ忘れてiPhone orzというB.L.T.パンケーキ。
uzna omomのB.L.T.パンケーキ

サーモンとサワークリームのパンケーキ

女性オーナーさんだからか彩りも考えられているのが良い。食べたら腹ごなしに街へ出ようって気持ちになる。
サーモンとサワークリームのパンケーキ / uzna omom

uzna omomのカレー

豚の角煮カレーか牛すじカレー。ゴロッとした肉が見えるから豚の角煮かな?
uzuna omomのカレー

キャラメルなんとかティー
キャラメルなんとかティー

uzuna omom内装

マンションの一室だが低い家具で統一されていて圧迫感はない。ギャラリーになったりミニライブも開かれている。マンションのベランダにも2人席がありおすすめ。キャットストリートのざわめきをBGMに女子トークに華を咲かせよう。
uzna omomの内装

非常階段を2階(キャットストリート側からだと3階分)上がると入り口。入り口の立方体の看板が目印。
uzna omomoの立て看板

銀だこカフェのパンケーキ。パンケーキの定義を問う銀だこの問題作とは?!

銀だこのパンケーキが話題になっている。たこ焼き屋がパンケーキ、それもたい焼き型ということで変わっている。場所は八王子、住吉台、稲毛の3店。「銀だこカフェ」は「築地銀だこ」の新業態でイートインを併設、パンケーキ以外にかき氷もメニューに加わっている。

銀だこパンケーキに浮かぶ疑問

銀だこカフェの新メニューのパンケーキには突っ込みどころが多い。たい焼きの形をしたオリジナルパンケーキ「あずき&バターパンケーキ」、「レアチーズパンケーキ」なのだが。

  • パンケーキなのにたい焼きにしか見えない
  • たい焼き型なのだとしたらレアチーズやあんこはお腹に詰まっているのか?
  • パンケーキだとしたらパンケーキとたい焼きの違いとは?

銀だこのパンケーキセット

銀だこカフェ元住吉

八王子、住吉台、稲毛の中では渋谷から東横線で行ける住吉台が近いのでは、ということで会社の帰りに遠征。住吉台の商店街の一角にありました!「銀だこカフェ」の看板。
銀だこカフェ元住吉店

単品のパンケーキとたこ焼きとセットの「パンケーキセット」の2種類が用意されている。
銀だこカフェのメニュー

そして立派なたい焼き器鎮座してるよね…

どう見てもたい焼き器でござる。

夏はたい焼きの売上が落ちるから今流行ってるパンケーキ作れないかとかそういう事情なのだろうか。こういうパターンは結構あって、ハンバーガー店がサブでパンケーキを出したりかき氷店が冬にパンケーキを出したり、という事例がある。
鯛焼器

銀だこのパンケーキセット

レアチーズとあずきの2種類あるが和風だからあずきかな、ということでたこ焼き3個とパンケーキのセットを頼んでみた。外見はいい焼き色…というか立派なたい焼き。写真だけ見せられたら区別できないだろうなー。

食感はさくっとしていて美味しい。たい焼きの型でホットケーキミックスを焼いたからパンケーキ、ということのようだ。
銀だこのパンケーキセット

銀だこパンケーキの断面

疑問の1つ、たい焼きとパンケーキを分けるものがあるとすれば中身にあんこが詰まっているかだ。例えホットケーキミックスを使っていても尻尾の先まであんこが詰まっていたら限りなくたい焼きな訳でパンケーキとの境目があやふやになってくる。

….残念。切ってみた所「尻尾の先まであんこ」では無かった。話としてはあんこが詰まっていた方が面白かったけどw。
銀だこパンケーキの断面

銀だこのたこ焼き

普通のたこ焼きも。イートインがあるのでおやつや休憩に入りやすいと思う。
銀だこのたこ焼き

Q-pot CAFE.からファンシーな期間限定パンケーキが登場

Q-pot CAFE.の期間限定メニュー「チョコレートストロベリーパンケーキ」を食べてきた。Q-pot(キューポット)はリアルなカップケーキやケーキのアクセサリで知られるデザイナー ワカマツタダアキ氏のブランド。パンケーキのネックレスはオンラインショップ5周年記念でそれに合わせたメニューが今回Q-pot CAFE.で提供される趣向。

普通は実物のスイーツがあって、それをアクセサリ化しましたという順序だがQ-potの場合はアクセサリブランドがカフェを出すという逆パターン。

Q-pot CAFE.外観

Q-potのアクセサリには熱心なファンがいてQ-pot CAFE.も週末は並んでいることがある。平日だと並ばずに入れる。
Q-pot CAFE.外観

Q-pot CAFE.のコースター

正式名称は「Q-pot CAFE.」のようだがロゴではQ-POT CAFE.になっていたりぐるなびなどで最後のドットが無かったりするのは愛嬌か。
Q-pot CAFE.のコースター

Q-pot CAFE.のネックレスプレート 1350円

イートインでは「ネックレスプレート」1350円、「リングプレート」1600円、「エラベルシアワセプレート」2000円のドリンクセットが用意されている。違いはスイーツの個数だ。

パンケーキと違うメニューも、ということでベリーマカロンのネックレスプレートを頼んでみた。特注のドレス柄の皿に正にネックレスのようにマカロンが盛りつけられている。ネックレスや手首のクリームもお洒落。開店当時テイクアウトしたらクリームを多用しているせいか持ち帰る間に崩してしまったので今回は満足。
Q-pot CAFE.のネックレスプレート

ベリーマカロン

Q-potのマカロンのアクセサリそのもので再現度十分。良くできている。

マカロン1個に1350円(単品だと700円くらい)は馬鹿げていると言えば馬鹿げているのだがQ-potのアクセサリは6000-7000円するのでそれと比べると安い!お得!!(あれ…)

ぶっちゃけここは内装、メニュー、店員さんのユニフォームなどQ-potの統一された世界観を楽しむのが正しいカフェで私もそういうのは嫌いではない。
ベリーマカロン / Q-pot CAFE.

Q-pot CAFE.から期間限定チョコレートストロベリーパンケーキ 1350円

ほろ苦いキャラメルとホワイトチョコのムースが詰まったカップケーキにパンケーキが乗せられている。自分で別添のチョコレートソースをかけて手前の苺を飾り付けると完成という趣向だったことに帰宅してから気付いた。このままだと見た目の寂しい感は否めなずちょっと凝り過ぎかな。いいお値段なのだし店員さんから飾り付け方の説明あると良いのでは。
 チョコレートストロベリーパンケーキのネックレスプレート

WEBサイトや立て看板ではチョコをかけて苺も飾り付けた状態の絵になっている。
Q-pot CAFE.の立て看板

[チョコレートストロベリーパンケーキ]
価格:1,350円(税込み)
販売期間:2013年7月7日(日)~7月31日(水)まで
住所:東京都港区北青山3-10-2 1F
営業時間:11:30~20:00 (L.O. 19:30)
(公式サイトより)

ピノキオの分厚いホットケーキは完成度高し

板橋ピノキオで極厚ホットケーキを食べてきた。極厚のホットケーキと言えば鎌倉イワタコーヒーと並び名前があがる喫茶店である。その極厚ホットケーキがが有名人に愛されメディアにも登場、週末は1時間待ちだという。元々近所の子供たちに応えて作っていたパンケーキが大人気になり朝8時から年末年始もあまり休みを取らず提供しているのだ。

ピノキオは池袋から東武東上線大山または下板橋が最寄り駅となる。今回は散歩を兼ねて池袋西口から歩いてみて片道20分ほど。住宅街の一角の喫茶店に着く。

板橋ピノキオのホットケーキ写真集

分厚いホットケーキというのは焼くのに時間がかかる。焦がさないように弱火にする必要があるからだ。その間店内を眺める。新聞を読み込むおばさま、友達同士で話し込む女の子たち。常連さんが付いているようだ。

意外とホットケーキを頼む人が少なく、ナポリタンやホットサンドもよく出ていた。で、ピノキオのホットケーキ到着!これが450円とはお得!分厚い系ホットケーキというのはビジュアルを楽しむ要素が大きい。そしてピノキオのホットケーキの完成度はかなり高いと思う。
ピノキオのホットケーキは完成度高し

写真という意味では、メープルシロップはすぐ染みこんでしまってシャッターに間に合わないのだがここは生地がしっかりしているのか綺麗に撮れて嬉しい。
ピノキオのホットケーキ

直径は想像していたより小さいが3cm近い厚みに十字にかけられたメープルシロップ、何より黄金の焼き色が美しい。角が鋭角ではないのも型で焼いてない場合の特徴。
ピノキオのホットケーキ

ピノキオの極厚ホットケーキの秘密は「黄金の回転」だった!

帰り際にマスターから「どこから来たの?」「味はどうだった?」と声をかけていただいて、さらに「今焼く所だから見ていきなよ」とカウンターで解説付きで見せてもらえる幸運があった。お盆で空いていたのもあるだろう。

まず前提知識として、分厚いホットケーキを出す店の多くはセルクルなどの型に入れて焼いている。これに対しピノキオでは銅板で焼いてお好み焼きのコテで整えている所が特徴だ。

1.固めの生地を銅板で焼く

型無しでどう整形しているのか知りたかったのだが、その秘密の一つは生地の固さにあるそうだ。柔らかい生地だと潰れて広がってしまうからだろう。

ポイントとして生地の上側がこんもり盛り上がっているのが見えるだろうか。多分最後に足したと思うのだがこれが後で聞いてくる。
1.固めの生地を銅板で焼く / ホットケーキの調理

2.ひっくり返して裏側を焼く

崩れない程度にしっかりしてきたらひっくり返す。その際上からコテで押してやると先ほどの盛り上がった生地が広がっていい感じに壁ができるという訳だ。見ていて、これは楽しい。
2.ひっくり返して裏側を焼く / ホットケーキの調理

3.仕上げは「黄金の回転」だった!

最後に側面の壁を仕上げる。コテで挟んで銅板をコロコロ、コロコロっとやる。なるほどーそれで型に入れなくても真円っぽくなるわけだ!秘密はここにあった!
3.仕上げは「黄金の回転」だった! / ホットケーキの焼き方

大山のカフェ「ピノキオ」のパンケーキ情報東京のパンケーキ

表参道モントークのパンケーキ

表参道モントークパンケーキは密かなファンが多いメニューだ。「表参道のパンケーキで一番好き」という人もいると聞いた。モントークは表参道に面した隠れ家カフェ。パンケーキはボリューミーでご褒美的満足感が得られるはず。

モントークのパンケーキまとめ

  • モントークは原宿・表参道を代表するお洒落カフェ・ラウンジ
  • 表参道の路面店だが黒いスモークガラスに看板なしと会員制的雰囲気を出している
  • パンケーキは〜17時限定で900円でボリューミー&フルーツたっぷりの一品

モントークのパンケーキ

モントークの外観

表参道の路面店なのに「隠れ家的」とは大きな矛盾だが黒いスモークガラスに敢えて看板を出さない外観。知らない人はカフェだと気づかないだろう。カフェだと知っても入ったら追い返されるんじゃないか、高いんじゃないかと躊躇していた時期が私にも昔ありましたw。

設計はカフェ設計では有名な空間プロデューサー山本宇一氏。数年前の東京のカフェブームの仕掛け人で「Bowery Kitchen(バワリー)」や「Lotus(ロータス)」を手がけた。2002年12月のオープンで運営しているアパレル企業JUN社長の佐々木進と山本宇一の対談ではモントークを「“かっこいいひとが集う場所”にしたい」と語っている。

ファッション関係者が使っているのを良く見掛けるのでクリエイターが集う場所にしたいという意図は達成されているだろう。
表参道モントークの外観

モントークの内装

他の写真は表参道モントークに上げているが中は開放感があって優雅にくつろげる空間になっている。この季節、テラス席で夜カフェして女子トークに花を咲かせるのも乙である。
モントークの内装

モントークのパンケーキメニュー

普段はobentoでランチしたり夜カフェに使うのだが今日の目当てはパンケーキ。確か11-17時限定だったと思う。
モントークのパンケーキメニュー

モントークのパンケーキ

「カフェ飯」と言ったらお洒落だが量が少ないものだがこのパンケーキは…(笑。女性一人で食べきれるのかというボリューミーなパンケーキなのだ。ミニパン一杯に焼きあげたパンケーキを四つ切りにして並べるスタイルは他でも見かける。のっぺりとしがちなパンケーキも重ねることで立体感が出る。
モントークのパンケーキ

原宿のカフェ「モントーク」のパンケーキ情報東京のパンケーキ

浅草ミモザの積み上げるにも程があるホットケーキ

浅草ミモザで6段重ねのホットケーキタワーをいただいてきた。普段は3段のパンケーキなのに「ほら、スカイツリーもオープンしたでしょ」とタワーにしてしまったらしい。ではミモザのホットケーキをご紹介しよう。

見よ!これが浅草ミモザの「ビッグホットケーキ」だ!

銅板で焼いたホットケーキが6段、頂上には希少なカルピスバターが鎮座している。これがたったの620円とはお得。昔ながらのホットケーキ、という感じのぼってり感がいい。
ミモザのビッグホットケーキ6段重ね全景

シャンパンタワーのように滴り落ちるメープルシロップ〜。
そう、普段は3段のホットケーキなのに知り合いの時は5段だったのに!
「ほら、ツカイツリーもできたでしょ」と微笑むお姉さん、この柔軟さが下町クオリティかと感服した。

@mizuking_5さん、@hashimoto_tokyoさん、おすすめです!

 

ミモザのビッグホットケーキにシロップをかけて

ミモザのビッグホットケーキにシロップをかけて

浅草ミモザのカフェラテ

ラテアートは名前を呼んではいけない千葉のネズミさん。
浅草ミモザのカフェラテ

ミモザを紹介

両側に植わった鉢植えにミモザの黄色があしらわれた外観が目印。裏道にも飲食店の多いエリアだが浅草からも結構離れているので穴場。

浅草ミモザの外観

店内は常連さんが多く「ママいつものあれね!」という雰囲気。マダムの休憩所として定着しているようだ。
浅草ミモザの店内

写真では3段なんだけどね…注文時に要望すればいいようにしてくれる様子。

ミモザのメニュー:ビッグホットケーキ

次は胡桃トーストを頼みたい。

IMG 8866

合羽橋道具祭り

先週末100周年とかで合羽橋道具祭りが開催されており一車線潰すほどの人出であふれていた。
合羽橋道具祭り

合羽橋のセルクル売り場

菓子用品専門店でパンケーキ用セルクルをチェック。自宅で分厚いパンケーキ作りにチャレンジするためだ。
合羽橋のセルクル売り場

大学いも千葉屋

ミモザの近くで行列ができていた大学いもの千葉屋。後で調べる。
浅草の「大学いも」千葉屋

合羽橋の路地から覗くスカイツリー

雑居ビルの間の電線越しのスカイツリー、好きな構図だがうまい写真にするのはなかなか難しい。
合羽橋からのツカイツリー

表参道Forbidden Fruitのパンケーキ

今年はパンケーキがブームということで既存店がメニューに付け加える事例も出てきた。表参道ヒルズのForbidden Fruit Cafe(フォービドゥン フルーツ)でもパンケーキが出ているとは知らなかった。去年からパンケーキしかも、独自性があって良いパンケーキだった。

表参道ヒルズ路面店のカフェForbidden Fruit

Forbidden Fruit Cafeはカフェ/ジュースバーで食事メニューにはハンバーガーやパンケーキが出ている。表参道ヒルズの路面店ということで一見敷居が高く感じられるがお値段はそれほど高くないので実は休憩の穴場。Forbidden Fruit=禁断の果実ということで内装はそれを模して作りこまれている。

P1120227

Forbidden Fruitの内装コンセプト

”『ハチの巣の一部屋』禁断の果実をテーマにオーナー自らデザインを手がけたシャンデリアにも注目!”とうことで世界観が統一されている。

IMG_5012

禁断の果実がテーマのシャンデリア

昆虫の巣を思わせる有機的な天井からぶらさがるこのシャンデリア。凝った造りなので料理が出てくるまでの間眺めたい。

P1120217

旧約聖書に出てくる禁断の実の逸話ではエデンの園に住んでいたアダムとイブは蛇に誘われて禁じられていた果実を食べてしまい神の怒りに触れ楽園を追われる、という話だった。写真左手のランプが禁断の果実であろう。

P1120218

ハニーココナッツパンケーキ

牛乳の代わりにココナッツミルクを使用したふかふかのパンケーキにフォービドゥンオリジナルのアイスクリームを加えたハニーココナッツパンケーキは750円。ネットで見ると去年は生地にクリームチーズを混ぜたパンケーキを出していたようだ。独自性があるのはいいことですね。

日本のパンケーキは割とまん丸に焼くことが多いのだがあえて長円にしていること、ココナッツを加えてサクッとした菓子風味にしていること、ラムレーズンのアイスと手抜きの無いデザート系パンケーキに仕上がっている。

P1120221

渋谷「24/7 coffee&roaster」のホットケーキ:渋谷PARCO向かいで三段重ねのさくさくホットケーキをいただく

渋谷は意外とホットケーキの選択肢が少ないのだが「24/7 coffee&roaster」はなかなか良かった。渋谷PARCOの交差点という好立地、オープンテラス風のスタイリッシュな内装、そしてサクッとした焼き具合のホットケーキである。営業時間も〜22:30と使い易い。

渋谷公園通りのカフェ「24/7 coffee&roaster」はトーキョーワンダーサイト渋谷に併設されたアートカフェで5月2日のオープン。トーキョーワンダーサイトは若手クリエーターの支援・育成をしている東京都の施設。

渋谷カフェ「24/7 coffee&roaster」の外観

以前カフェ「クラゲ」が入っていた場所だが耐震工事のため昨年4月に閉店、改めてオープンしたらしい。や、こんなお洒落カフェ風にできるんですねここ。
渋谷カフェ「24/7 coffee&roaster」の外観

渋谷カフェ「24/7 coffee&roaster」の看板

看板が黒地にコントラスト強めの写真でスタイリッシュ。コーヒーとホットケーキが売りらしい。
渋谷カフェ「24/7 coffee&roaster」の看板

PARCO向かいのオープンカフェ

公園通りは全体に坂だから、お店は一段高くなる。通行人と目線の高さが合わないオープンテラスでいい感じ。
「24/7 coffee&roaster」はオープンカフェ

コーヒーメニュー / 渋谷カフェ「24/7 coffee&roaster」

コーヒーには大分力を入れている。「24/7 珈琲」を見ると「白金・金色・赤銅」がある。白金は浅煎り、赤銅は深煎りという訳だ。シングルオリジン(単一農園)の豆を使用し3段階の焙煎、ハンドドリップで提供する趣向。
渋谷カフェ「24/7 coffee&roaster」のコーヒーメニュー

24/7コーヒーの白金 / 渋谷カフェ「24/7 coffee&roaster」

浅煎りの白金にしてみた。眠い時深煎りの苦い珈琲を頼みたくなるが、カフェインは浅煎りの方が多いからだ。
24/7コーヒーの白金 / 渋谷カフェ「24/7 coffee&roaster」

海鮮サラダボウル / 渋谷カフェ「24/7 coffee&roaster」

女性客8割ということで女性を意識したメニュー。サラダボウルだけで3-4種類あったかな。底はキャベツで底上げされているがこれだけ具が乗っていれば合格ではないだろうか。
渋谷カフェ「24/7 coffee&roaster」の海鮮サラダボウル

ホットケーキ フルーツ添え

ホットケーキは3段+有塩バターの750円を基本に、トッピングが増えていくメニュー構成。これはフルーツ添えで900円。「お時間かかります」とのことだが30分くらいかかるのでその旨具体的に言っていただいた方が良い。
渋谷24/7のホットケーキ

ホットケーキフルーツ添えにシロップをかけて

正直3段のぼってりしたホットケーキを食べきれるかなという不安もあったが、いい方に予想が裏切られた。ナイフを入れるとすっと3段まとめて切れるくらいサクッとした焼き上がり。大したもの。人気が出て混まないうちにどうぞ。
渋谷カフェ「24/7 coffee&roaster」のホットケーキフルーツ添え

渋谷のカフェ「24/7 coffee & roaster」のパンケーキ情報東京のパンケーキ

入谷イリヤプラスカフェのパンケーキ:築50年の一軒家民家を改装したお洒落カフェ

イリヤプラスカフェパンケーキを食べてきた。その先の北千住には茶香やcafe CONVERSIONのパンケーキがあるのだがラストオーダーが早いのでイリヤプラスカフェにした次第。

くつろげる空間+パンケーキの種類も豊富なので「使えるカフェ」というイメージ。また行きたいな。

築50年の民家を改装したカフェ「イリヤプラスカフェ」

入谷交差点から裏に一本入った所にあるイリヤプラスカフェ。大きな看板は出ていないので地図を見ていった方が良い。

イリヤプラスカフェは築50年の一軒家の民家を改装したカフェとして知られている。夕方なのでちょっと暗いがこれからテラスもいい季節だろう。
IMG_3823

イリヤプラスカフェの間取り

民家にも色々あるが手前に土間があって奥が住居という間取りのようだ。夕方ランプが点灯するとまた雰囲気出ますね。土間の棚には美術書などが置かれていて自由に読める。冬冷えそうだが反対側の壁にストーブも置かれている(いい絵になりそうだったが写真撮り忘れた)。
P1100557

イリヤプラスカフェの上がり框と廊下

右手は調理場で左手の廊下には客席が置かれている。元の間取りがだいたい想像できるのでリノベーションするとこうなるのか、と興味深く拝見した。窓が多くて住むには寒そうだけどカフェはいい使い方かもしれない。
P1100559

イリヤプラスカフェのパンケーキ メニュー

アイス・オン・パンケーキ、ベリーサンド・パンケーキ、ハミングバード・パンケーキなどユニークなネーミングのメニューが多い。10種類+季節のパンケーキとどれにするか迷う楽しみも出てくる。見た感じ、チーズ・パンケーキ以外は同じ生地のようだ。都心なら700円〜1200円くらいになると思うので価格は手頃。

  • ベーシック・パンケーキ 500円
  • チーズ・パンケーキ 600円。生地にチーズが入っている。
  • ホイップクリーム・パンケーキ 600円。生乳100%の自家製ホイップクリームを使用。
  • パンケーキ・ニューヨーク 600円。低カロリーのクリームチーズを乗せて。
  • アイス・オン・パンケーキ 600円。バニラ、キャラメル、マンゴー、抹茶から選べる。
  • あんみつパンケーキ 700円。国産小豆の自家製つぶあんと抹茶アイス
  • ショコラ・パンケーキ 750円。チョコアイス、ホイップクリーム、板チョコにチョコソース。
  • バナナパフェ・パンケーキ 750円。バナナ、ミニバニラアイス、ホイップクリーム、チョコソース。
  • ベリーサンド・パンケーキ 750円。4種類のベリーソースに、ホイップクリーム、ミニバニラアイス。
  • ハミングバード・パンケーキ 750円。バナナ、ホイップクリーム、ピーカンナッツ、自家製パイナップルソースの組み合わせ。
  • 期間限定のホットアップル・パンケーキ 750円。温かい自家製アップルコンポートの上に、バニラアイスを乗せて。

IMG_3824

ハミングバード・パンケーキ / イリヤプラスカフェ

一番好き、という常連さんのクチコミを見かけたのでバナナ、ホイップクリーム、ピーカンナッツ、自家製パイナップルのソースをかけた「ハミングバード・パンケーキ」に。ハミングバード=ハチドリだが調べてもメニュー名との関連はわからなかった。軽快なイメージなのか、パイナップルの南国的イメージからだろうか。

このパンケーキは、まず見た目が良い。パンケーキという料理は見栄えが単調になりがちだがナッツの皮の濃さとカーキ色、オレンジ、バナナ、生地と徐々に薄くなっていくグラデーション、粒による変化と食感のアクセントも狙いだろう。
P1100547

夕闇のパンケーキ

土間側は大きなガラスなので日が落ちて、店員さんがランプを点灯して…という時間の変化を感じられる。小説を読み込んで、ふっと目線を上げると暗くなっている。さあ、帰ろう。
P1100554