驚愕のボリューム!ホノルルコーヒーのパンケーキが表参道に上陸

ホノルルコーヒー表参道がオープンしたのでパンケーキを食べてきた。ホノルルコーヒーはハワイ発のコナ・コーヒーやパンケーキを出すカフェ。都内ではお台場限定だったホノルルコーヒーのパンケーキが気軽に食べられるように。びっくりボリュームのパンケーキなのでうっかり頼むとランチに食べきれませんwww

ハワイ発コーヒー店ホノルルコーヒー

ホノルルコーヒーはハワイ発のコーヒー店で大阪で「まいどおおきに食堂」などを展開するフジオフードシステムが運営。2012年にお台場ダイバーシティに一号店を出店している。ボリューミーなパンケーキで知られるがパンケーキを出すのはダイナー形式の一部店舗で都内ではお台場店のみであった。パンケーキブームを受け満を持して表参道へ進出といった所だろう。
ホノルルコーヒーのフルーツレインボーパンケーキ切り取り

ホノルルコーヒー表参道

ホノルルコーヒーはとんかつ まい泉 青山本店の斜向かいにある。入り口は一段引っ込んでいるが看板が出ているので迷うことはないだろう。
ホノルルコーヒー表参道

ホノルルコーヒーの店内

店内は個室っぽいテーブル席エリア、手前のロングテーブルエリアなど幾つか区切られている。ハワイと言えばコナ・コーヒーということでスタバ的な使い方をしているお客さんが多い。
ホノルルコーヒーの店内

ホノルルコーヒーのメニュー

我々のお目当てはもちろんパンケーキ。お台場で大盛りなことは知っていたので若い子も連れてきてどんと来い!気が大きくなっていた私は何やらダントツにお高いフルーツレインボーパンケーキを「行っちゃう?行っちゃうか!」してしまったのであった。。。

  • オリジナル・パンケーキ 650円
  • コナコーヒークリーム パンケーキ 850円
  • マカダミアナッツクリーム パンケーキ 1000円
  • フルーツレインボーパンケーキ 1850円

ホノルルコーヒー表参道のパンケーキメニュー

フルーツレインボーパンケーキ/ホノルルコーヒー

来たのは20cmサイズのパンケーキ3枚にホイップクリームを乗せストロベリー、ブルーベリー、キウイ、パイナップル、ナッツなどを散らしたパンケーキ。大皿過ぎて乾いた笑いが。これランチタイムに食べて帰れるの?!

カイラやエッグスンシングスみたいな専門店ならわかるが一見スタバかドトールかみたいなコーヒー店で2人でもお腹いっぱいみたいなサイズが出てくるとは油断していたと言わざるをえない。
ホノルルコーヒーのパンケーキ

カイラの「カイラ・オリジナル・パンケーキ トッピング全部のせ」 もそうだが日本人サイズにすると「現地と違う!」という声が出るのでボリュームがアメリカンサイズ。値段が1500円以上のものは2人でシェアするサイズだと心得えよう。
ホノルルコーヒーのフルーツレインボーパンケーキ全景

パンケーキの盛り/ホノルルコーヒー

大きいことにはメリットもあって盛り付けがゴージャスになる。例えば恵比寿のアクイーユも女性客がほとんどなのに20cmクラスの大皿が出てくる。これも見栄えを考えてのこと。パンケーキブームの解説で言われるように「今日友達と原宿でパンケーキ食べてきた〜。」と写真をアップする所までが一連の体験なのでソーシャルネットワークで反応されやすい見栄えが求められている訳だ。
ホノルルコーヒーのパンケーキ縦構図

パンケーキ断面/ホノルルコーヒー

3枚重ねなので一人だと食べきれなかったと思うが2人ならなんとか。ランチで行くとギリギリなので週末カイラやエッグスンシングスが混んでて入れない!という時におすすめ。お客はそこそこ入っているが行列はできていない。
ホノルルコーヒーのパンケーキ断面

シナモンズ表参道でパンケーキ

表参道に「シナモンズ・レストラン」が8月26日オープンする。パンケーキが売りのハワイアンレストランでカイラと同じ朝食賞を受賞している。GYRE裏手のわかりにくい場所の地下にあり迷う人が出そうだ。シナモンズのレセプションに入れたのでパンケーキ・エッグベネディクト・シナモンロールなどひと通り。

シナモンズ・レストランは1985年ハワイ・カイルアにオープン。ハワイの雑誌「ホノルル・マガジン」主催のグルメ賞で2年連続ベスト朝食賞を受賞している。2011年はカイラとシナモンズでワンツーフィニッシュだった。

先週オープンした「ニューヨークNo.1のパンケーキ」クリントン・ストリート・ベイキング東京は15時台の売り切れ閉店が続くなど人気が出ており合わせて気になるところだ。
>> クリントン・ストリート・ベイキング東京で「ニューヨークNo.1のパンケーキ」のパンケーキをいただく

シナモンズのグァバシフォンパンケーキ

シナモンズの場所

どうしても原宿・表参道に出したかったんだな、という立地。GYREの裏手の路地を入っていった所の茶色のビルの地下。

  • 住所:東京都渋谷区神宮前5-13-2 パインアンダーフラットB1階
  • TEL:03-6418-4295
  • 営業時間:平日9:00~22:30、土日祝8:00~22:30


大きな地図で見る

シナモンズの入り口

夜なので暗い写真になっているが「シナモンズ」の看板と奥へ続く細道が目印。
シナモンズの入り口

シナモンズの店内

地下1・2階の104席ということで見た目よりかなり大きい。地下1階はハワイ本店に合わせて白を基調に木目のテーブルを置いている。
シナモンズの店内

シナモンズのシナモンロール

30食限定のシナモンロール。かなりみっちり詰まっていてお腹に溜まる感じ。
シナモンズのシナモンロール

シナモンズのグァバシフォンケーキ

wholeとhalfの2サイズのパンケーキがある。wholeはパンケーキ4枚、harfは2枚。基本的に4枚を一人で食べるのは無理なので2-4人でシェアする向け。harfなら一人でも行ける。

グァバシフォンパンケーキは、写真が難しいパンケーキ。アイスクリーム/ホイップクリームが流れだして汚い感じになってしまうのが惜しい。上にトッピング乗せないオプションがあるといいなあ。グァバのソースはそれほど酸っぱさがなく食べやすい。
シナモンズのグァバシフォンケーキ

パンケーキ4枚重ねはボリューミーで珍しい。
4枚重ねのパンケーキ

シナモンズのレッドベルベッドパンケーキ

レッドベルベット、日本ではバレンタイン時期に季節物パンケーキとして出ているメニュー。レッドというが普通に茶色のチョコレート色である。見た目とギャップが有り4枚重ねを一気に切れるほど軽めの生地。ほろほろと崩れ触感はブラウニーっぽい。
シナモンズのレッドベルベッドパンケーキ

シナモンズのエッグベネディクト

シナモンズのエッグベネディクトはクラブケーキ(蟹のパティ)、マヒマヒ、スモークサーモン、ハムなどを選べる。今回は彩りが良さそうなスモークサーモンで。
シナモンズのエッグベネディクト

多分、行列する店にはならないと思うが上手いことメディアに取り上げられればいけるかもしれない。

原宿で朝から営業しているパンケーキ5店

原宿で朝から営業しているパンケーキ店をまとめてみた。予約できない店でできるだけ並ぶ時間を短くするには朝一で行くのがおすすめ。billsエッグスンシングスSUNDAY JAMは朝から営業している。

bills東急プラザ表参道原宿店

東急プラザの最上階、屋上庭園おもはらの森を見下ろす東急プラザ表参道原宿店はbillsの旗艦店。物販エリアは11時オープン、billsは朝8:30から営業ということで平日は9時までに入れば並ばずに入れる。
早朝のbills表参道

billsは17時以降ネット予約できるのだがリコッタパンケーキと並ぶ名物、スクランブルエッグはディナーメニューに無い。billsといえば「世界一の朝食」がキャッチコピー。ここは朝一で爽やかにパンケーキとスクランブルエッグを頼みたい。
billsのスクランブルエッグ

エッグスンシングス原宿店

エッグスンシングスは朝9時から営業している。オープン前、表参道へ出る辺りまでの行列なら1周目に入れるのでチャレンジしてみて。
エッグスンシングスのパンケーキ

SUNDAY JAM

SUNDAY JAMは逗子で日曜日だけオープンしていたパンケーキ店。朝9時からモーニングをやっていて、平日も週末もほぼ並んでいないので安心して行ける。強火で焼き上げる薄手のパンケーキは香りも高く若い人向け。
SUNDAY JAMのホノルルパンケーキ ナッツ&メープル

パンケーキデイズ原宿店(夏季限定)

ニコちゃんマーク焼き印が有名なパンケーキデイズ。原宿では平日でも行列がありその混雑具合に諦めた方もいるだろう。通常は11時オープンだが8月1日~8月31日は営業時間が変更され9時~22時(L.O21時)になる。これは知られていないので朝9時に行けば意外と空いている。
パンケーキデイズのパンケーキ

原宿カイラ(お盆・週末限定)

ハワイで地元の人が選ぶ朝食賞を2年連続受賞したカイラ。営業時間は平日は9時、週末とお盆は8時から。変則的に8時からやっている日が狙い目だ。

8/12 (月) 9:00~20:00
8/13 (火) 8:00~20:00
8/14 (水) 8:00~20:00
8/15 (木) 8:00~20:00
8/16 (金) 9:00~20:00
8/17 (土) 8:00~20:00
8/18 (日) 8:00~20:00

>> 原宿カイラのパンケーキ完全ガイド

カイラのワッフル全景

逆に朝やっていない店

行列ができる店の中ではレインボーパンケーキ11時からで朝はやっていない。ので、行列は避けられない。→営業時間が11時から10時に早まりました。また10時の回は予約可になっています。更に完全予約制の個室が1階に登場し、こちらは9:30〜の回もあります。

小悪魔agehaの「男を殺すパンケーキ対決♥」特集が興味深かった件

「男を殺すパンケーキ対決」というインパクトのあるタイトルを見かけた。「メイク名人のage嬢たちが本気で作ったパンケーキを男のコ5人が試食して順位を決めた!!」という企画。パンケーキはホットケーキミックス焼くだけだし誰でも作れるよね…と読み進めてみると驚愕の事実が。そういえば小悪魔agehaの名物編集長、もう退職されてたんですね。

小悪魔agehaとは

小悪魔ageha(アゲハ)は勢いのあるギャル系ファッション雑誌でキャバクラ嬢を主な読者層に設定している。誌面づくりにも特徴があって普通ファッション誌の見出しにネガティブな単語は使わないものだが小悪魔agehaでは「病みから闇み」や「心に鎧を」といったコピーが並び自らの傷を抱えつつ媚びない姿勢を打ち出している。

私たちはが頭を高く盛ることは
顔をかわいく見せるためだけじゃなく
外敵から身を守るための
武装だった。
それが今、武装がひとつはずれた。
待ちに盛りがあふれ、景色にとけこみ
私たちは高く高くデカくデカくしなくても
身を守ることができる。
あとはただ、
心に鎧を―

名物編集長だった中條寿子さんのインタビューはこちら。『小悪魔ageha』中條寿子編集長が語る 読者に憑依して書く「キャッチコピー力の極意5カ条」とは? « 編集者.jp | あの本を作った編集者の哲学・仕事術
小悪魔ageha

ガチ勝負!!男を殺すパンケーキ対決♥

5年ぶりの伝説的企画、と銘打っているので前回をむしろ見てみたいのだが号数がわかる方は連絡いただきたく。まあホットケーキミックス焼くだけだから誰でもパンケーキ焼けるよね、と思っていたがページをめくってその手で来たか〜と予想を外されたのであった。

超ひさびさのお料理企画、今回はなんと大人気スイーツのパンケーキをage嬢たちが手作り♪そして男のコたちが試食して採点!!ド派手ネイルだって料理がしっかりできること、証明します!(誌面より)

男を殺すパンケーキ対決

えっパンケーキ料理せずに盛りで勝負なのwww

登場する5人のage嬢のうち、パンケーキを焼いてない人がいるwww。特集の扉で「ド派手ネイルだって料理がしっかりできること、証明します!」って言ってたのに…。「さくりな」こと桜井莉菜さんは看板モデルだから参加しなければ的大人の事情だったのだろうか。

ベースは完成品で
普段料理しないから、失敗も考慮して市販の完成品を使うで♪
袋を開けるだけで簡単や

皆さん全体的に盛りで勝負していたのだが、これはある意味パンケーキブームの本質を良く捉えていると思う。

  • パンケーキ生地の違いは差別化要素にならない
  • 見栄えが大事

ということだ。素人がいきなりパンケーキを焼いても生地で差別化するのは難しいし、見た目でも違いがわからない。実際には米粉・全粒粉・バターミルクとか厚焼きとか手法があってだからパンケーキ専門店に行く価値があるわけだ。

次に見栄えが大事、という話。原宿で人気があるエッグスンシングスであれば山盛りのホイップクリーム、カイラであれば山盛りのフルーツということでビジュアルに特徴がある所が多い。出てきてキャーッ、写メを撮って「原宿でパンケーキ行ってきた〜」とシェアする所までがパンケーキ体験、ということ。
盛りで勝負

なおエッグスンシングス/ディキシーダイナー/カイラなど手本を食べたければこちらに、と紹介されていた。