エッグスンシングスさいたま新都心店でブロガー試食会

エッグスンシングスさいたま新都心店が4/24(金)にオープンする。国内11店舗目、埼玉初進出。駅前の商業施設郡「コクーンシティ」の新エリア「cocoon2」の飲食の目玉で敷地内に独立店舗を構え広場に面した開放的なテラスが魅力的。

オープンに先立ち「みんなのパンケーキ部」の担当者としてブロガー試食会を開催、改めて最新のメニュー一式食べ比べられたのでその一部をご紹介したい。

これがエッグスンシングスのパンケーキですよ

エッグスンシングスと言えば山盛りホイップクリームのパンケーキ。ブロガーさんに良い写真を撮って欲しかったので「垂直で背が高い感じで!!」とリクエストしいい感じの皿を出していただきました。ありがとうございます!!

トッピングは定番の「ストロベリー、ホイップクリームとマカデミアナッツ」。
エッグスンシングスのパンケーキ with ストロベリー

イベント広場に面した開放的なテラス

原宿、お台場、銀座、横浜、心斎橋などエッグスンシングスにもあちこちお邪魔させていただいたがさいたま新都心店はテラス席多め、天井までのガラスを開け放てば風通しもよく夕涼み最高だろうな、と。
エッグスンシングスさいたま新都心店

もう一品頼むならエッグベネディクトかな!

スモークサーモン、カナディアンベーコンなど彩り華やかなエッグベネディクト。スイーツ系のパンケーキに食事系のエッグベネディクト、甘いものに塩気があるエッグベネディクトということでバランス取れるはず。

ブロガーさんなら卵を割って流れだすオレンジ色の黄身を激写してみてください!
エッグベネディクト / エッグスンシングス

原宿のパンケーキ店では女子比率8割な場合もあるが繁華街ではない分家族連れが増えそう。1階で席間もあり子供椅子も用意されていてお子様welcome。先日エッグスンシングスがトレタでネット予約ができるようになった発表もありオペレーションが落ち着いたらさいたま新都心店でも…という話もある様子。お子様連れで並びたくない方は期待ですね!

「トレタ」と「Yahoo!予約 飲食店」の連携でネット予約管理の自動化を実現 「俺のフレンチ」「Eggs ‘n Things」など人気店のネット予約を取扱い開始 / プレスルーム – ヤフー株式会社

ガーリックシュリンプなどお酒も頼みたいお父さん向けなディナーメニューも用意。
ガーリックシュリンプ / エッグスンシングス

「エッグスンシングス さいたま新都心店」のパンケーキ情報埼玉・大宮のパンケーキ

カフェカイラが舞浜イクスピアリにオープン

カフェカイラが舞浜イクスピアリにオープン。表参道に次ぐ2店目。ハワイ発のパンケーキ店でフルーツ山盛りのカイラ スペシャルが名物。オーナーのMrs.カイラも駆けつけたカフェカイラ舞浜イクスピアリのオープニングに参加してきた。

カフェカイラは元教師のカイラさんがハワイにオープンしたパンケーキ店。地元で朝食賞を取り「ハワイで一番おいしい朝食を出す店」をキャッチコピーに東京スカイツリーのふもと押上に上陸、翌年には表参道GYREに移転した。舞浜イクスピアリ店のオープンが決まってから人気番組「帰れま10」や「さんまのホンマでっかTV」などメディア露出が増えている。

パンケーキ / カイラ舞浜イクスピアリ

舞浜イクスピアリのカイラ外観

舞浜と言えばディズニーランドだが駅を出て左手の商業施設イクスピアリのリニューアルで入ったカフェカイラ。円筒形の建物の左側2Fがカフェカイラ。青いロゴが見える。
舞浜イクスピアリのカイラ外観

カイラ舞浜イクスピアリの内装

カイラの日本の運営会社はウェディング事業も行っていて表参道・舞浜イクスピアリ両方共ウェディング対応を想定している。円形劇場風になっており大きな窓で明るい雰囲気。
カイラ舞浜イクスピアリの内装

カフェカイラの3大メニュー

カフェカイラはハワイ系の店にあるメニューひと通りが揃っている。パンケーキ、エッグベネディクト、アサイーボウル、フレンチトースト、オムレツ、ロコモコなどだ。看板のパンケーキ、エッグベネディクトは頼むとしてその他について。オムレツは国内のブランド卵を使用しているが絵は地味か。華やかさならアサイーボウル、ボリュームならロコモコがおすすめ。ロコモコは2-3人前相当かも。メインメニューは基本的に2人前〜なサイズなのでシェア前提で考えると良いだろう。

アサイーボウル / カイラ舞浜イクスピアリ

最近良く見かけるようになったアサイーボウルがカイラのメニューに新登場。アサイーはヤシ科の植物でブルーベリーに似た実を付ける。ポリフェノールが豊富に含まれ健康にいいとされている。バナナ、マンゴー、ストロベリーをかき分けるとアサイーが顔を出す。
アサイーボウル / カイラ舞浜イクスピアリ

カイラ・オリジナル・パンケーキ(トッピング全部のせ) / カイラ舞浜イクスピアリ

押上、表参道でも毎回頼んでいるフルーツ山盛りのパンケーキ。大きなパンケーキ3枚にブルーベリー、ストロベリー、バナナ、それからローストしたシナモン風味のアップルが良く馴染んでいる。

この日はメディア向けイベントだったので盛りが立体的でいい感じの絵に。
パンケーキ / カイラ舞浜イクスピアリ

サーモンのエッグベネディクト / カイラ舞浜イクスピアリ

一日60食限定のスペシャリティ。ベーコンとサーモンが選べるが彩り的にサーモンを。何人かで行く場合は卵にナイフを入れて黄身のオレンジが溢れ出す写真にチャレンジするのがおすすめ。
#割と難易度高いので「失敗してもいいから!いいから!」とハードル下げてお願いしています。
サーモンのエッグベネディクト / カイラ舞浜イクスピアリ

特製ロコモコ / カイラ舞浜イクスピアリ

ロコモコは今までなんでなかったんだろう、という感もありますね。確認した所パニーニ、パスタ、サンドイッチ、サラダなどもあってメニューが増えているようです。

玉子焼きで隠れているがハンバーグが2枚、サラダの下にご飯。ボリューミーなので2-3人前提でどうぞ。
特製ロコモコ / カイラ舞浜イクスピアリ

Ms.カイラの挨拶 / カイラ舞浜イクスピアリ

オープンを控えてオーナーのカイラさんも来日。背の高いスラっとした女性でした。左側は通訳さん。
Ms.カイラの挨拶 / カイラ舞浜イクスピアリ

ハワイアン フラダンスショー

続いてはフラチームによるフラダンスショー。結婚式会場っぽい写真になりましたw。
フラダンスショー / カイラ舞浜イクスピアリ

カイラのグッズショップ

Tシャツやマグカップ、ロゴ入りバッグなどが並ぶグッズショップ。「アロハ〜!」などと声を掛けられるより観光地の雰囲気を醸し出す不思議。グッズショップが置けるほど広い店、ということです。
カイラのグッズショップ

カフェカイラのCD&レシピ集

当日もアーティストのライブがあったんですがハワイアンミュージックのCDが発売中。後でリンク足します。
カフェカイラのCD&レシピ集

チョークアートの看板

エッグスンなどでも定番のチョークアート。これから1階で皆さんを出迎えるはず。
カイラのチョークアートの看板

コアパンケーキハウスが渋谷に日本初上陸

ハワイ発のパンケーキ店「コアパンケーキハウス」が7/6渋谷公園通りにオープン。ハワイに7店舗を持つ地元で評価されたパンケーキが日本でも食べられるようになった。オープン前に入れていただいたので早速パンケーキをレポート。

渋谷に国内一号店がオープンした「KOA PANCAKE HOUSE(コアパンケーキハウス)」はエッグスンシングス創業者がオープン、その後経営が変わって現在はハワイ・オアフ島に7店を展開、地元紙the Honolulu Advertiserで4年連続“Best Pancake” 、the Star Bulletinで “Best Breakfast”を獲得。ホノルル・アドバタイザーはWikipediaによるとハワイで一番大きな日刊紙。

先週モエナカフェ原宿もオープンしておりハワイ発のパンケーキ店の上陸が相次いでいる。昨年シナモンズとクリントンストリートベイキングも同時期のオープンだったが両方共人気店となった。再現なるか。

コアパンケーキハウスのストロベリーホイップクリーム パンケーキ

コアパンケーキハウスのパンケーキメニュー

レセプションということで全メニューは出ていなかったが一番シンプルなバターミルクパンケーキが750円、一番押しと思われるストロベリーホイップクリームのパンケーキが950円〜と他店と較べお手頃な価格設定。

コアパンケーキハウスのパンケーキ

ストロベリーホイップクリーム パンケーキ / コアパンケーキハウス

ホイップクリームと苺をトッピングしたパンケーキでコアパンケーキハウスの定番メニューとのこと。メニューよりホイップクリームの量が多く出てきた時歓声があがった。パンケーキは大ぶりの3枚重ねだがホイップクリームが見た目より軽いので一人でも食べられるはず。

コアパンケーキハウスのストロベリーホイップクリーム パンケーキ

バナナキャラメル パンケーキ / コアパンケーキハウス

横に添えられたキャラメリゼしたバナナに生地にもバナナが練りこまれている。これは試食したメンバーで一番人気。多少冷えても生地の食感にとろみが出て美味しさが維持される。

コアパンケーキハウスのチョコレートマカダミア パンケーキ

チョコレートマカダミア パンケーキ / コアパンケーキハウス

ビターなチョコレートが味の、マカダミアナッツが食感がアクセントになっているメニュー。パンケーキ屋に行くとメープルシロップをかけ忘れることがたまにあるが3段重ねそれぞれにチョコレートが塗られているのも親切。

コアパンケーキハウスのチョコレートマカダミア パンケーキ

ローカルモーニングプレート / コアパンケーキハウス

食事系メニューもある。朝の定食ローカルモーニングプレートはソーセージと目玉焼きが添えられ十分なボリューム。ベーコン一枚で食事系メニューです、という店と比べるとしっかり食事になるだろう。

コアパンケーキハウスのローカルモーニングプレート

BBQチキンフライドライス / コアパンケーキハウス

フライドライスは要するにチャーハン的なもの。BBQチキンフライドライスは1600円でこの他フライドライスロコモコ1500円もある。グループで来た時に何人かでシェアするのが良さそう。

コアパンケーキハウスのフライドライスロコモコ

エッグベネディクト / コアパンケーキハウス

エッグベネディクト自体は最近のパンケーキ店では定番だがコアパンケーキハウスの場合オランデーズソースとバジルソース(左側)の2種類のソースが楽しめるという特徴がある。

コアパンケーキハウスのエッグベネディクト

コアパンケーキハウス撮影風景

この日はみんなのパンケーキ部 担当者も兼ねての参加でブロガーさん中心にお声掛けしたが人数がいると代表メニュー一気に食べ比べられて嬉しいですね。

コアパンケーキハウス撮影風景

プランテーションアイスティー

広口の瓶は最近お洒落カフェでよく見かけるメイソンジャー

th_DSC_0187

コアパンケーキハウスのグリーンスムージー

青汁も入っているということで苦いのか試したみたが普通に野菜ジュースとして飲めた。パンケーキでは炭水化物ばかり、と気になる方におすすめ。

コアパンケーキハウスのグリーンスムージー

コアパンケーキハウス渋谷の外観

場所は公園通りをパルコの先に登っていった所で以前フレッシュネスバーガーがあった場所。週末は代々木公園や渋谷公会堂へ向かう人々で賑わう。平日は渋谷区役所目的の人がメインと思われるのでメディア露出などで認知度をあげる必要があるだろう。

コアパンケーキハウス渋谷の外観

入り口のフォトスポット

人気パンケーキ店では行列ができることもしばしば。そこでコアパンケーキハウスでは入り口にフォトスポットを設けた。写真で見るとそれっぽい雰囲気が出ているw。

コアパンケーキハウスの入り口フォトスポット

コアパンケーキハウス渋谷のレジカウンター

レジカウンターで注文してドリンクだけ受け取り料理は後で席に持ってくる形式。スタッフさんはだいぶ慣れてきた感じ。運営会社は他にも飲食店を運営しているのでノウハウがあるのでしょう。

コアパンケーキハウス渋谷のレジカウンター

コアパンケーキハウス渋谷の内装

店舗設計は西脇一郎デザイン事務所。茶色をベースにオレンジがアクセントに。なんとなくハワイ風にすると田舎っぽい感じになってしまうこともあるがコアパンケーキハウスは引き締まった色調で安定感がある。

コアパンケーキハウス渋谷の内装

入り口脇のカウンター席。パドルやサーフボードを飾るのは定番ですね。

コアパンケーキハウス渋谷のカウンター席

渋谷「コアパンケーキハウス」の店舗情報

モエナカフェ原宿のぐるぐるしたアレは激甘!!

モエナカフェが原宿竹下通りの奥にオープン。ハワイ発のパンケーキ店でオープン一年目で地元のグルメ賞を取った話題店とのこと。渋谷にコアパンケーキハウスのオープンも決定しておりハワイ系パンケーキ店の上陸が相次ぐ。クリントン、シナモンズのように定着できるか注目される。

モエナカフェとは

ハワイ・ワイキキのリゾートホテル「シェラトン モアナサーフライダー」でヘッドディナーチーフを務めていたエリック・チャン氏が2012年開いたパンケーキカフェでオープン一年目で「ホノルルマガジン」主催のグルメ賞の朝食部門でクチコミNo.1を獲得している。カイラやシナモンズと同じグルメ賞の部門賞を取っている、ということ。

日本では中華料理店などで知られる「際コーポレーション」の関連会社。アジア全域における独占店舗フランチャイズ権を取得し当面10店舗を目標としている。

モエナカフェ「シナモンロールパンケーキ」

まずは特徴的な見た目のパンケーキ。片面にシナモンクリームをつけて焼いた生地にクリームチーズベースのソースを渦巻状にトッピングしたパンケーキ。

生地は外がサクッと中は軽くもちっとした感じで悪くない。が、渦巻状のクリームチーズベースのソースが激甘!!4人中3人が避けて食べた辺りから後は想像していただければと思う。

モエナカフェのシナモンロールパンケーキ

モエナカフェ「フレッシュフルーツパンケーキ」

“美しく繊細な盛付けも特徴のひとつ”とのことなんですがこれで美しく繊細なのだとすると素朴というかなんというか?

それからこれはメープルシロップをかけていただいてください。普通の苺の普通の酸味だけでパンケーキを食べるのは難しいでしょう。素材を合わせただけで1つの料理として統合されていない感があって、アメリカの大雑把な(おおらかな)感じと言えばそうなのかも?

モエナカフェのフレッシュフルーツパンケーキ

モエナカフェ「クリームチーズ&ブルーベリーフレンチトースト」

食パンのふわふわしたフレンチトースト。茶色、黄色、紫、紺、赤と華やかな彩り。日本人が好きなフレンチトーストだと思います。

モエナカフェのクリームチーズ&ブルーベリーフレンチトースト

モエナカフェ「カニとサーモンのエッグベネディクト」

現地のオーナーが好き、と聞いてカニを頼んでみた。フレンチトーストは食パンなのにこちらはバケットなんですね。ソースが染みてしなってしまうから?一緒に行ったメンバーからは好評。

モエナカフェのカニとサーモンのエッグベネディクト

モエナカフェのソファ席

2階のテーブル席がメインで1階にはご覧のソファ席あり。

モエナカフェのソファ席

モエナカフェ原宿のメニュー

メニューの種類は多く写真があると選びやすいかなと思う。

モエナカフェ原宿のメニュー

モエナカフェ原宿の外観

場所は竹下通りを抜けてレインボーパンケーキがある一帯。わかりにくい場所かなと思うが結構客が入っていた。基本的には平日人通りが少ない場所なのでメディア露出して「モエナカフェを目当てに」という客を増やす感じだろう。

モエナカフェ原宿の外観

原宿のカフェ「モエナカフェ」のパンケーキ情報

渋谷公園通りにハワイ発コアパンケーキハウス渋谷店今夏オープン予定

「KOA Pancake House渋谷」が今夏公園通りにオープンする。ハワイ・オアフ島に7店舗を展開し地元で「ベスト・パンケーキ賞」「ベスト・ブレックファスト賞」などを受賞しているという。レセプション入れるかもしれないので楽しみだ。

行って来ました↓
コアパンケーキハウス

情報は手に入れていたのだが記事にするのを忘れていた。運営は地鶏居酒屋「はな火」などの飲食店を経営するデイネットでフランチャイズ展開も想定している。

公式サイト:【KOA Pancake House】コアパンケーキハウス・2014年夏ハワイから東京渋谷に初上陸!!(ネットでは「コア・パンケーキ・ハウス」表記が多いが上陸にあたって「コアパンケーキハウス」に統一したようだ)

コアパンケーキハウスが受賞したハワイの賞とは

公式サイトでは”地元ハワイの新聞社が選ぶ『ベストパンケーキ賞』 『ブレックファースト賞』に毎年選ばれています。”とされている。カイラやシナモンズの方はハワイの雑誌「ホノルル・マガジン」なので別の社なのかな?→別の社でした。the Honolulu Advertiserで4年連続“Best Pancake” 、the Star Bulletinで “Best Breakfast”とのこと。ホノルル・アドバタイザー – Wikipediaによるとハワイで一番大きな日刊紙のようだ。

IMG_3044

IMG_2940

IMG_2958

コアパンケーキハウスの場所は渋谷公園通りの区役所前

住所は東京都渋谷区神南1-15-8ということで現在フレッシュネスバーガーが入っている場所。若い人が日常的に多い場所かというとそうでもないのだがアンテナショップ的に様子を見るには良いのではないか。

居酒屋、ファミレス、ペッパーフード、丸亀製麺など別業態からの参入が続く

今週時事ドットコム:トップの視点 パンケーキ、うどんより短命?=トリドールの粟田貴也社長という記事が目を引いた。トリドールは丸亀製麺を運営しているがタイトルに反してパンケーキが売れまくっているらしい。デニーズも4月にパンケーキをリニューアルしたが想定以上に出て驚いている、という話を聞いた。ペッパーフードも押上の元カイラがあった場所やフードコートなどでパンケーキ店を展開している。正直パンケーキブームはもう4年目に突入しているのだが昨年メディアの露出も多かったので別業態の担当者が企画を通しやすい状況になったのだろう。

パンケーキブームを受け、新たに出店した新業態のカフェが絶好調だ。「この瞬間だけ見たらうどんをやっている場合じゃない。丸亀を全部変えようかと思うぐらい売れている」と冗談交じりに語る。(粟田貴也 トリドール社長)

コア・パンケーキ・ハウス誘致の詳しい話はこの辺りで。
渋谷・公園通りにハワイ発「コアパンケーキハウス」、今夏日本上陸へ – シブヤ経済新聞

ハワイの人気パンケーキ店「モエナカフェ」が原宿に上陸

モエナカフェが6月23日原宿にオープン。海外のパンケーキ店の上陸は久しぶり。場所はKスタ方面の裏原。カフェカイラシナモンズなども受賞した「ホノルルマガジン」主催のグルメ賞「ハレアイナ賞2013」の朝食部門で口コミNo.1を受賞したということで期待している。

似た業態ではホノルルコーヒーがあるがなかなか店舗拡大していないのでシナモンズのようにうまくメディア露出できるか、に注目している。タレントが続々訪れたりTVや女性誌で取り上げられたりすれば人気海外店の一角として一般に認知されるだろう。

>> 行ってきました → モエナカフェ原宿のぐるぐるしたアレは激甘!!

高級リゾートホテル出身のシェフが作るパンケーキ

モエナカフェのシェフはワイキキの高級リゾートホテル「シェラトン モアナサーフライダー」でヘッドディナーチーフを務めたエリック・チャン。生地はオリジナルの配合で外がサクッ、中がもっちりとした独特の味わいとのこと。

モエナカフェ店舗概要

・オープン:2014年6月23日(月)
・所在地:〒150-0001東京都渋谷区神宮前4-27-2
・店舗面積:約76.6坪 3階建
・席数 1F20席 テラス20席 / 2F28席 / 3F36席
・営業時間:8:00~23:00(22:30LO)
・おもなメニュー
フレッシュフルーツパンケーキ  1900円
シナモンロールパンケーキ    1500円
バナナシャンティリーパンケーキ 1850円
フレンチトースト 2種       1280円~
エッグベネディクト 4種      1200円~
ロコモコ     1600円
(メニュー価格は変更する場合があります)

フレッシュフルーツパンケーキ / モエナカフェ

生地が埋めつくされるほどたっぷりの果物を使ったフレッシュフルーツパンケーキが一押し。写真では苺、バナナ、ブルーベリーを使用している。

フレッシュフルーツパンケーキ / モエナカフェ

シナモンロールパンケーキ / モエナカフェ

生地の食感を一番楽しめるのがシナモンロールパンケーキ。特徴的な渦巻状のソースはクリームチーズベース。

シナモンロールパンケーキ / モエナカフェ

バナナシャンティリーパンケーキ / モエナカフェ

生地にバナナを練りこんだしっとり感が特長。甘さ控えめのシャンティリーソースをかけた大人のパンケーキ。シャンティリーソース=シャンティソースだと思われるがホイップクリームだろう。

塊肉のロコモコと幻のコーヒーブランド「OLD SUGAR MILL」

現地で人気のロコモコにはハンバーグではなく180gのショートリブを乗せて。フォークでほろっと崩れるほどに柔らかく煮込んだ塊肉はモエナカフェならではとのこと。

また島内で生産される「オールドシュガーミル(OLD SUGAR MILL)」ブランドのコーヒーを導入、品薄が続く人気商品「ワイアルアコーヒー」も提供する。

エッグスンシングス京都四条店がオープン

エッグスンシングス京都四条店がオープンする。エッグスンシングスは2010年の原宿上陸以来国内6店目、関西では大阪・心斎橋、神戸・ハーバーランドに続く3店目。昨年オープンした大阪店では行列ができ心斎橋を中心にパンケーキ店の出店が相次ぐなどミニブームとなったが京都でも再現できるか注目される。

エッグスンシングス京都四条店

店舗概要は以下のとおり。四条烏丸交差点から徒歩2分、2階建て。5/12オープンなので既に内装工事が終わってオペレーションのトレーニングに入っていると思われる。エッグスンシングスは関東ではbillsの後を追って湘南・江の島、横浜・山下公園、お台場(予定)に出店してきたが関西にはbills、カイラ、サラベスなどが出店しておらず先行事例となる。京都は観光客や学生が多いと点で原宿に似ているが一方で既存カフェが多彩で保守的な土地柄でもあるから定着するかチャレンジになるだろう。

  • 開店=2014年5月12日(月)予定
  • 住所=〒600-8091 京都府京都市下京区東洞院通四条下る元悪王子町47-4
  • 店舗規模=63席(店内 60席、テラス3席)
  • 営業時間=9:00~22:00(21:00 L.O.)

CoCo Brown(ココブラウン):青学脇にフレンチトースト&パンケーキの新店

パンケーキとフレンチトーストのカフェ「CoCo Brown」のレセプションに行ってきた。友達のお知り合いが開かれた店とのこと。青学西門方面にはパンケーキ屋、フレンチトースト屋ないので青学生をうまく捕まえたいですね。

CoCoBrownの名の通り「ココナッツで体の中から健康でキレイになる」をテーマにしたカフェで全てのメニューにココナッツが使われているそうだ。

CoCoBrown

青学の西門前にはローソンがあって昼時は大学生で賑わうのだがローソンの隣のビルなので青学生にも認知されやすいのではないだろうか。

CoCo Brown

ココブラウン パンケーキ

店名そのままの看板メニュー。ココナッツソースをたっぷりかけたパンケーキ。生地は少しもちもちしている。ハワイなんかだとタロイモを使うようだがここで何を使っているかは聞き損ねた。ソースはしつこくなく食べやすく仕上がっている。人によってはこってりがいいんじゃーっという方もいると思うがこのボリュームにこってりだと重くなってしまうかと。

CoCoBrownパンケーキ

チョコレートソースのパンケーキ

CoCo Brownのパンケーキ

フレンチトースト(ハウピア&パイナップル)

ココナッツミルクに浸したフレンチトートにハワイの伝統的なデザート「ハウピア」、パイナップルをトッピング。ハウピアはココナッツミルクを澱粉で固めたスイーツ。

日本人好みのふわふわした生地で女性受け良さそう。おすすめ。

CoCo Brownのフレンチトースト

フレンチトースト(リコッタチーズ&ブルーベリー)

billsなどで使われるリコッタチーズをフレンチトーストにも。流行りものも抑えているようです。これ1本が出てきて1300円〜なので二人以上でシェアする感じでしょうか。

CoCo Brownのフレンチトースト(リコッタチーズとブルーベリー)

住所等はこちら。表参道のカフェ「CoCo Brown」のパンケーキ

原宿BANYAN(バニヤン)でパイナップルバターを使ったビッグアイランドパンケーキ #パンケーキツアーズ

原宿のCAFE BANYAN(バニヤン)最近繁盛している気がする。カフェカイラ近くのパンケーキ店。たっちゃんず x TokyoWalkerのパンケーキムックで片面のいい写真が使われていたからかな?BANYANはパンケーキ店を食べ歩くパンケーキツアーズにハワイ担当で参加されているので昼休みに覗いてきた。

世界のパンケーキを食べ歩くパンケーキツアーズ

このイベントはスイーツ男子あまいけいき氏が発案しぐるなびや私が担当者をしている「みんなのパンケーキ部」も加わって開催中で今回は世界のパンケーキ7店を食べ歩く、という趣向。

>> 公式サイト

BANYAN(バニヤン)のビッグアイランドパンケーキ

ビッグアイランドの名の通り生地をハワイの島々に見立てたメニュー。この写真ではクリームがちょっと潰れているが普段はもっと標高が高い。

キャラメリゼした香ばしいパイナップル、パイナップルバター、そして生地にもパイナップルを使用。豆乳ベースの軽い生地に、ヨーグルトクリームチーズソースや生クリームをたっぷり乗せ、濃厚でありながらさっぱりした後味に癒されます。

CAFE BANYAN(バニヤン)のビッグアイランドパンケーキ

なぜこんなにパイナップル尽くしか、という話。パンケーキツアーズでは各店限定メニューを出しているがBANYANでは元々パイナップルバターが好評だという。見た目は普通のバターに見えるが口に入れるとコクがあり???と驚かされ二口目へ進む、そういう趣向だ。

パイナップルバター

BANYAN(バニヤン)の外観

BANYAN(バニヤン)の場所は少しわかりづらい。カフェカイラのあるGYREとDiorの間の道を進んで左手にファミマがあるビルの地下階。表参道の陸橋のある辺りの脇道、Diorとカフェカイラの間の道、と覚えておけば大きくは迷わないだろう。

CAFE BANYAN(バニヤン)の外観

BANYAN(バニヤン)の内観

オープン当時の記憶だと結婚式の二次会なども想定したはずで、小奇麗な内装。地下のカフェだが天井が高く外光も入っている。ロングカウンターとハイバックなソファとがありソファ席側は女子トークに花を咲かせるのに良いだろう。

CAFE BANYAN(バニヤン)の内観

ホワイトデープラン

パーティプランを見かけたのでよろしければどうぞ。
CAFE BANYAN(バニヤン)のホワイトデープラン

Q-pot.からレインボーパンケーキ コラボのアクセサリが発売開始!

原宿の人気パンケーキ店レインボーパンケーキと精巧なスイーツアクセサリで知られるQ-pot.のコラボアクセサリが3月4日、発売された。バッグチャームとネックレスの2種類、7000円と9500円。今まで見たパンケーキグッズの中でもっとも高額と思われる。Q-pot.としては珍しくない価格とはいえパンケーキブーム凄かったな、と後年思い出しそうな出来事だ。

Q-pot. x レインボーパンケーキのバッグチャーム

レインボーパンケーキ

原宿で人気のパンケーキ店といえばbills、エッグスンシングス、カフェカイラ、レインボーパンケーキ、パンケーキデイズなどがあげられる。この中で個人店はレインボーパンケーキだけなのでその実力がわかる。通常火曜日は定休日だが特別に店をあけて購入者にはその場でパンケーキ半額のサービスが行われた。

>> レインボーパンケーキ
レインボーパンケーキ

レインボーパンケーキのマカダミアソースのパンケーキ

Q-pot. x レインボーパンケーキのネックレス 9500円

レインボーパンケーキの特徴ある外観をモチーフにしたアクセサリーはネックレスとバッグチャームの2種類。発売は2014年3月4日(火)で予約・配送は無し、レインボーパンケーキ店頭のみの販売。

>> Q-pot.からレインボーパンケーキとコラボしたアクセサリーが登場!

Q-pot. x レインボーパンケーキのネックレス

Q-pot. x レインボーパンケーキのバッグチャーム 7000円

Q-pot. x レインボーパンケーキのバッグチャーム

Q-pot表参道本店

Q-pot.はデザイナー・ワカマツ タダアキが2002年に立ち上げたアクセサリーブランドで食品見本かと思う精巧なスイーツモチーフのアクセサリーを販売している。ネックレスなどのアクセサリーを扱っているが6000-7000円〜という感じなのでレインボーパンケーキコラボの7000-9500円はQ-pot.的には普通な価格帯。表参道に本店を持っている。

Q-pot表参道本店

レインボーパンケーキ、Q-pot.、Q-pot cafe.3箇所のスタンプラリーで景品がもらえるが表のガラスにはスタンプと同じ蟻が混じっている。さすがに上の写真だと見えないかなあ。

Q-pot. レインボーパンケーキのスタンプラリー

Q-pot CAFE.

表参道のQ-pot.の向かいにあるQ-pot cafe.はスイーツアクセサリがリアルに進出する、という逆転の構図だ。Q-pot cafe.もワカマツ タダアキの世界観で統一されていてファンなら満足できるだろう。

Q-pot CAFE.

以前期間限定でパンケーキも出していた。
Q-POT CAFE.からファンシーな期間限定パンケーキが登場

 チョコレートストロベリーパンケーキのネックレスプレート

ベリーマカロン / Q-pot CAFE.