浅草に来たら必ず寄りたい!フルーツパーラーゴトーでフルーツパフェとホットケーキを堪能してきた

フルーツパーラーゴトー、いいですね。浅草は個性的なホットケーキが集まっているエリア。6段タワーのミモザ、天国、お洒落カフェのmichikusaがある。心残りだった老舗のフルーツパーラーゴトーにようやく訪問。建て直されてコンクリート打ち放しの内装に綺麗な狐色のホットケーキ。これからフルーツパフェにかき氷も楽しめる。浅草に来たらおすすめなお店。

感心したのは焼き色と厚み。これが出てきたら嬉しい。1枚2cm近い厚みに均一な狐色。バターも大きくて
フルーツパーラーゴトーのホットケーキ

浅草・フルーツパーラーゴトー

フルーツパーラーゴトーは昭和21年創業のフルーツパーラー。フルーツパーラーがホットケーキを出している例としては渋谷の西村フルーツパーラー、神田万惣フルーツパーラー(出身者のリトルツリー、フルフルなど)が有名だ。いずれも日本的なホットケーキを出す。

神田の万惣が震災後閉店してしまったように歴史がある=古い建物のイメージがあったのだがフルーツパーラーゴトーは建て直したばかりの綺麗なビル。

浅草・フルーツパーラーゴトー

フルーツパーラーゴトーの店内

カウンターとテーブル席合わせて25席ほど。ゴールデンウィークなのにすんなり入れてラッキー。中もコンクリート打ち放しで客層は若い女性から家族連れ、年輩の方まで様々。入りやすいと思います。

フルーツパーラーゴトーの店内

フルーツパーラーゴトーのメニュー

メニューはフルーツパフェ、フルーツジュースにホットケーキ、かき氷など。ホットケーキは680円〜。トッピングのアイスクリーム、生クリーム、季節のコンフィチュールは別容器で添えられる。「バナナホットケーキ」にすると生地の上にバナナと生クリームが乗っている。

パフェやホットケーキを食べた人向けに小さいサイズのかき氷も始めたそうで気になる。

IMG_2161

フルーツパーラーゴトーの「本日のフルーツパフェ」

まずはフルーツパフェ。830円とお手頃。カップは小さめながらみっちりつめ込まれた7種類のフルーツ。浅草に来る人は浅草寺や仲見世で結構歩いているはずなので水分補給にも良さ気。

フルーツパーラーゴトーのフルーツパフェ

「本日のフルーツパフェ」に使われた7種類のフルーツ。なるほど一口に「オレンジ」と言っても色々あるんだね、と勉強になる。
IMG_2164

フルーツパーラーゴトーのホットケーキ

最初の写真よりこちらの方が厚みがよくわかるかも。もちろん家庭でも厚みを出すのは可能だがたまに作って一発で上手く焼くのは難しい。生地はみっちりしていて食事代わりにもなる。

ボリューム的にはフルーツパフェ+ホットケーキ+ミニかき氷だと厳しくてフルーツパフェ+ホットケーキかホットケーキ+ミニかき氷が良いだろう。

フルーツパーラーゴトーのホットケーキ

ホットケーキの正しい食べ方とは

庶民のおやつであるホットケーキに正しいも何もないのだがこう食べるといいよ、とい食べ方。ホットケーキを食べる時、2段目にメープルやバターが足りない、ということは無かっただろうか。従ってまず2枚目にバターを塗る、4つ切りまたは6つ切りにして上からメープルを回しがけする。すると全面にシロップが行き渡る。いくつかの店では予め切った状態で出てくることもある。

フルーツパーラーゴトーのホットケーキ

今日の浅草・浅草寺

浅草仲見世
浅草仲見世

浅草・浅草寺の大提灯
浅草・浅草寺の大提灯

浅草・浅草寺五重塔
浅草・浅草寺五重塔

浅草・浅草寺の大道芸
浅草・浅草寺の大道芸

「珈琲時間」誌のパンケーキ特集(東京・原宿)がすばらしいのでみんな買うべき

パンケーキブームでHanakoからSweetまで色々特集を見てきたが現在発売中の「珈琲時間」のパンケーキ特集はかなりいい。ブームとして紹介する場合広く浅くパンケーキ店を紹介することになり私のようなパンケーキ情報を見まくっている人間にとっては既知の情報が多かった。「珈琲時間」は買うべきです。

珈琲時間の掲載店

長くなるので先に掲載店を紹介。hara19.jpからみじんこミモザ、後はトミナガユキコさんの「パンケーキ・ノート」に載っているお店かな。いずれも味に外れの無い、あるいは取り上げるストーリーのあるお店で珈琲専門誌だけあるな、と。ファッション誌のパンケーキ特集だとどうしても純喫茶より若い女性受けする店が選ばれがちだがバランスが取れている。

七里ガ浜・bills / 表参道・カフェカイラ / 梅ヶ丘・リトルツリー / 湯島・みじんこ / 江ノ島・エッグスンシングス / 恵比寿・アクイーユ / 茅場町・珈琲屋 / 外苑前・香咲 / 横浜・パンケーキリストランテ / 浅草・ミモザ、「首都圏の名物ホットケーキ」として鎌倉・イワタコーヒー / 八幡山・ルポーゼすぎ / 南千住・オンリー / 平井・ワンモアがセレクトされている。

その他京都・スマート珈琲 / 大阪・雪ノ下工房 / 大阪・丸福珈琲店など首都圏以外も掲載されているが省略。

珈琲時間2013年8月号

珈琲時間のパンケーキ特集がいい所

写真もテキストも編集も良い、と言ってしまうと褒め過ぎだろうか。

各店10点以上の豊富な写真
メニュー各種、ドリンクにカップ(珈琲雑誌だし!)、オーナーの調理風景、店内、看板などお店の全体像を把握しやすい。日本ではホットケーキ=おやつとして定着してきた経緯もあって専門店が少なく純喫茶・カフェ・ホテルに海外系など出自が様々。パンケーキ写真だけではなく大人な雰囲気なのかカジュアルな雰囲気なのかわかるのは大事なポイント。

各店オーナーやシェフの名前入りコメント掲載
広報資料のリライトではなくご本人から「こういう意図でこうしている」と語られていて親しみが持てるし特集として取材を入れただけの付加価値が付いている。例えば浅草のミモザ。元々3段のホットケーキが6段のタワーになって話題になったのだが「スカイツリーが400mに達すると4段に、500mで現在の5段になった。」「完成したスカイツリーは645m。だから、一番上にカルピスバターをのせて6段にしました。」と経緯が語られている。ちゃんとスカイツリーの高さに合わせていたとは知らなかった。

目次構成
表紙に七里ガ浜・billsを持ってきて冒頭で「海とアイスコーヒーとパンケーキ」のキャッチコピーで導入とし。続いて「海とあるカフェ」で海辺にあるカフェを巡る旅。第二特集でメインの「パンケーキの美味しい喫茶店」が登場する。

  • 七里ガ浜→第一特集の海岸沿いのカフェ
  • パンケーキブームの発端となったbills→第二特集のパンケーキ

という二重のリンクがズルい(褒め言葉)。

▼万惣系ではメープルシロップそのままではなく黒い自家製シロップだが普通に写真を撮ると写らない。ので、かけている所を撮ったという意図の写真だとすればわかっている感ある。
珈琲時間「リトルツリー」

七里ガ浜・billsのふわふわリコッタパンケーキ

現在のパンケーキブームにbillsが果たした役割は大きくて、オヤツなイメージのホットケーキに対してパンケーキは朝食にも食べるよ、というライフスタイルを持ち込み、「世界一の朝食」というキャッチコピーと共に海外のパンケーキ店を持ち込むスタイルを確立し、今流行っているリコッタパンケーキを持ち込んだのもbillsである。

そういう文脈でbills一号店である七里ガ浜を表紙に選んだのはわかっているな感ある。

>> bills横浜限定のパンケーキ

billsのリコッタパンケーキ

表参道・カフェカイラのカイラ・オリジナル・パンケーキ

ゴールデンウィークにはパンケーキブームがピークに。カフェカイラの行列がGYRE最上階に達するという話もあり、今一番並ばないと入れない店の1つ。予約不可なのでお早めにどうぞ。

エッグスンシングスと同じハワイのパンケーキ店だが最初はスカイツリーの近所に出店、行列が長くなりすぎて表参道GYREへ移転してきた。

>> 原宿カイラのパンケーキ

カイラ・オリジナル・パンケーキ

梅ヶ丘・リトルツリーのホットケーキ

想い入れがある分記事にできていない梅ヶ丘・リトルツリー。赤坂ホットケーキパーラーFru-Fullと同じ万惣出身の方のお店。万惣のホットケーキと池波正太郎の話で書いたように美食家の池波正太郎がエッセイに書くなど著名人にもファンが多かった。

ホットケーキの側面を見れば確かに万惣系ではあるけれども木材を多用したリトルツリーの内装にはオーナー冬木さんの個性が反映されており、長く地域に愛される店になると思う。

>> リトルツリー(little Tree)

リトルツリーのホットケーキ

湯島・みじんこのパンケーキ

東京最強のパンケーキランキングで書いたようにみじんこは個人的に一番好きなカフェ。パンケーキがきっかけで訪れたらホットサンドやフレンチトースト、珈琲などみんな美味しい。混むと困るなあ、と思って最近は紹介していないのだが先週末寄ったら行列していたorz。パンケーキは14-19時の時間限定なので平日はなかなか行けない。

>> 自家焙煎珈琲 みじんこ

みじんこのパンケーキ

江ノ島・エッグスンシングスのパンケーキ

ハワイに本店があって2010年に原宿に上陸。途切れない行列がパンケーキのニーズを明らかにした。エッグスンシングス/bills/カイラ/サラベスの4店がセットで取り上げられることが多い。

>> エッグスンシングス 湘南江の島店(Eggs’n Things)

エッグスンシングス原宿のパンケーキ

恵比寿・アクイーユのパンケーキ

恵比寿駅から代官山方面に登っていく坂の途中にあるカフェ。女性率90%近いお店だがパンケーキは2人で食べきれないほどのビッグサイズ。大きい分盛り付けしがいがあるのだろう。4人以上で行くのがおすすめ。

>> accueil(アクイーユ)

恵比寿アクイーユのパンケーキ

外苑前・香咲のパンケーキ

今から30年前に「香咲」と書いてCASA(かさ)と読ませていたお洒落ネーミング。ハンバーガー食べログ日本一のA&G DINERと同じブロックにある。元々はまかないとして出していたホットケーキが今は定番メニューに。静かな時間を大事にする大人の喫茶店。

>> カフェ香咲

P1120388

横浜・パンケーキリストランテのパンケーキ

横浜にはbills・エッグスンシングス・コヴェントガーデンなどの有力店があるがコヴェントガーデンが6末で閉店してしまったので横浜でしか食べられないパンケーキ店の筆頭になるだろう。

>> Pancake Ristorante(パンケーキリストランテ)

横浜・パンケーキリストランテのパンケーキ

浅草・ミモザのホットケーキタワー

元々3段だったのに「ほら、スカイツリーもできたでしょ」とタワーにしてしまうのが下町っぽい感じがして好き。写真ではカルピスバターを入れて7段だが、正しくはホットケーキ5段+カルピスバターの6段が正しいらしい。そういう大雑把さも含めて好き。銅板で焼く本格派。

どの駅からも歩く場所にあるので最近までパンケーキが知られていなかったお店。

>> 浅草ミモザの積み上げるにも程があるホットケーキ

ミモザのビッグホットケーキにシロップをかけて

ルポーゼすぎのホットケーキ

5の付く日はホットケーキの日!京王線八幡山駅の喫茶店「ルポーゼすぎ」では毎月5・15・25日に飲み物を注文した人は通常500円のホットケーキを150円で提供するサービスデーをやっている。そう、5日と言えば今日。GO NOW!!

>> 5の付く日は通常500円のホットケーキが150円!八幡山の喫茶店「ルポーゼすぎ」

ルポーゼすぎのホットケーキ

というわけで珈琲時間のご購入はこちら!

 

私が編集に関わったこちらもよろしくお願いします!

浅草ミモザの積み上げるにも程があるホットケーキ

浅草ミモザで6段重ねのホットケーキタワーをいただいてきた。普段は3段のパンケーキなのに「ほら、スカイツリーもオープンしたでしょ」とタワーにしてしまったらしい。ではミモザのホットケーキをご紹介しよう。

見よ!これが浅草ミモザの「ビッグホットケーキ」だ!

銅板で焼いたホットケーキが6段、頂上には希少なカルピスバターが鎮座している。これがたったの620円とはお得。昔ながらのホットケーキ、という感じのぼってり感がいい。
ミモザのビッグホットケーキ6段重ね全景

シャンパンタワーのように滴り落ちるメープルシロップ〜。
そう、普段は3段のホットケーキなのに知り合いの時は5段だったのに!
「ほら、ツカイツリーもできたでしょ」と微笑むお姉さん、この柔軟さが下町クオリティかと感服した。

@mizuking_5さん、@hashimoto_tokyoさん、おすすめです!

 

ミモザのビッグホットケーキにシロップをかけて

ミモザのビッグホットケーキにシロップをかけて

浅草ミモザのカフェラテ

ラテアートは名前を呼んではいけない千葉のネズミさん。
浅草ミモザのカフェラテ

ミモザを紹介

両側に植わった鉢植えにミモザの黄色があしらわれた外観が目印。裏道にも飲食店の多いエリアだが浅草からも結構離れているので穴場。

浅草ミモザの外観

店内は常連さんが多く「ママいつものあれね!」という雰囲気。マダムの休憩所として定着しているようだ。
浅草ミモザの店内

写真では3段なんだけどね…注文時に要望すればいいようにしてくれる様子。

ミモザのメニュー:ビッグホットケーキ

次は胡桃トーストを頼みたい。

IMG 8866

合羽橋道具祭り

先週末100周年とかで合羽橋道具祭りが開催されており一車線潰すほどの人出であふれていた。
合羽橋道具祭り

合羽橋のセルクル売り場

菓子用品専門店でパンケーキ用セルクルをチェック。自宅で分厚いパンケーキ作りにチャレンジするためだ。
合羽橋のセルクル売り場

大学いも千葉屋

ミモザの近くで行列ができていた大学いもの千葉屋。後で調べる。
浅草の「大学いも」千葉屋

合羽橋の路地から覗くスカイツリー

雑居ビルの間の電線越しのスカイツリー、好きな構図だがうまい写真にするのはなかなか難しい。
合羽橋からのツカイツリー

浅草のカフェmichikusaのパンケーキ:長居したくなる落ち着いたカフェ

浅草パンケーキを巡る旅。6段のパンケーキタワーが出るミモザの近くにもう一つパンケーキの出るカフェ「cafe michikusa」がある。

浅草のcafe michikusa

木材を多用したナチュラルな内装で居心地の良いカフェ。1日のひとときに、ゆるやかな時間を。というコンセプト通りのカフェづくりができてるんじゃないでしょうか。徒歩圏だったら常連になりそう。

1日のひとときに、ゆるやかな時間を。
友達と集まってのティータイムに。仕事の合間のランチタイムに。そして、ひとりでゆったりくつろいだりにも。

カフェというスペースを通して、たくさんのスタイルで「ゆるやかに楽しむ・つながる(=みちくさ)」お店です。(公式サイトより)

公園の向かい、「m」の看板がcafe michikusaの目印。
cafe michikusaの外観

パンケーキのメニュー / cafe michikusa

クラシック・パンケーキには完熟バナナとメープルシロップ付き。DXではアイスクリーム、ホイップクリームが追加される。Wベリーはストロベリーコンポートとブルーベリーソースのソース。

都心と比べて基本のパンケーキが650円なのはお手頃。

  • クラシック・パンケーキ 650円
  • クラシック・パンケーキDX 850円
  • クラシック・パンケーキ Wベリー 900円
  • 特製スコーン セット(メープル・チョコ・クランベリーから2個選択)520円
  • ベルギーワッフル ブルーベリー 780円

パンケーキのメニュー / cafe michikusa

クラシック・パンケーキ Wベリー / cafe michikusa

日本のパンケーキは生地がほんのり甘いことが多いが酸味系のソースは味が締まって好き。

果肉感たっぷり、ストロベリーコンポートとブルーベリーソースの手作りWベリーソースをパンケーキに添えて。やさしい酸味と甘味が絶妙な、ちょっと豪華なデザートです。

cafe michikusaのパンケーキ

台東区のカフェ「cafe michikusa」のパンケーキ情報東京のパンケーキ

押上「カフェ東京」のパンケーキ:ズームインサタデーで紹介された極厚パンケーキ

カフェ東京の極厚パンケーキをご紹介。スカイツリーのパンケーキと言えば表参道に移転したカフェカイラ。その後スカイツリー付近のパンケーキ店は無くなったかと思っていたが灯台の下暗し、スカイツリーそばの「カフェ東京」で極厚パンケーキが食べられるのを発見した。

スカイツリー「雅」のライトアップ

スカイツリーには様々なライトアップパターンがあるが一番ベーシックな紫と白のライトアップ。スカイツリーは真下からだとアングルが難しいのが難点。
IMG_3829

言問橋からのスカイツリー

少し離れた言問橋からは橋の中央にスカイツリーという構図が撮れる。足に余裕があればおすすめ。
P1100565

カフェ東京の外観

浅草通りはスカイツリー前の大通り。丁度スカイツリー正面の角の2階をあがると「カフェ東京」。
P1100568

しかし「カフェ東京」なんてそのものズバリな店名が凄い。検索してもさすがに食べログとかグルメサイトには勝てないようです。「押上 カフェ東京」とか複合キーワードにすればOK。
IMG_3831

内装はカウンター、テーブル、ソファ席など一通り。最近できた店なので勉強してお洒落系要素を抑えている。接客もできるだけお客さんに語りかけていて頑張っておられる様子。
P1100578

カフェ東京のパンケーキメニュー

パンケーキは一種類で、極厚パンケーキが650円。トッピングをオプションで選べるメニュー構成。
IMG_3838

ミックスベリー極厚パンケーキは950円。ちなみにドリンクは+150円なので頼んだ方が良い。
IMG_3832

ミックスベリー極厚パンケーキ

これが3cm×2枚で6cmのパンケーキ。極厚パンケーキは2012年10月のズームインサタデーで紹介されたらしい。

分厚い系の他の店と同じく調理は20分程度。焼き方としてはスチームオーブンレンジ(聞き取れれず)で四方から加熱しているとのこと。

分厚い系パンケーキは焦げないように弱火にするが副作用として火が通るのに時間がかかる課題があるのでその解決策だろう。

生地はもっちり目で分厚い系に見られる粉感は無い

P1100570

スカイツリーを高解像度で見る

カフェ東京の角からスカイツリーを見る。マンションの間から立ち上がるスカイツリーの構造が非現実的な光景で面白い。
P1100566