チンしてとろけるバター!アンテンドゥ(ANTENDO)の「ホットケーキぱん」

「ホットケーキぱん」をレンジで温めて食べるとうまい!キラリナ吉祥寺の偵察がてらアトレを覗いて発見したパン屋のアンテンドゥ(ANTENDO)の商品。

長らく工事していた吉祥寺駅。京王井の頭線側の駅ビルキラリナには「吉祥寺初」の店が沢山出店したそうで。ちら見した後アトレの食品売り場をチェック。

アトレだけでパンケーキを3店発見。大分普通になってきましたね。

これがその「ホットケーキぱん」。美味しそうでしょ?美味しいんです!

ホットケーキぱんの陳列棚

ホットケーキぱんののぼり

ANTENDOは「アンテンドゥ」と読むんですね。のぼりが出るくらいだから一押しなんでしょう!

卵たっぷりのミルクパンにバニラビーンズ入りのカスタード。スポイト入りのメープルシロップを添えて。

ホットケーキぱんの宣伝

店頭には山積みの「ホットケーキぱん」。

ホットケーキぱんの陳列棚

「ホットケーキぱん」の食べ方

レンジでチンしてバターがとろけた所に別添えのメープルシロップをかけたり絞ったり!

ホットケーキぱん

“ホットケーキぱん

バターがあちこち流れ出してしまうかと思ったらいい感じに。中からはとろけるカスタードクリームがアクセントに。

これはありでしょう!

ホットケーキぱん

全部入り!吉祥寺オリジナルパンケーキハウスのクリスマスパンケーキ

吉祥寺でオリジナルパンケーキハウスのパンケーキを食べてきた。11末から季節限定のクリスマスパンケーキを出しているからだ。季節限定メニューを海外勢のパンケーキ店が出してくるのは珍しい。オリジナルパンケーキハウスのダッチベイビーやダラーパンケーキも食べてきたのでご紹介する。

吉祥寺ということでテキストサイト時代から有名な@manameさんにもお声がけして4人でメニューを楽しんだ。まなめさんの日記(まなめはうす)の方で触れられているがもっと話したいことがあったのになorz。

クリスマスパンケーキ

オリジナルパンケーキハウスのクリスマスパンケーキは抹茶パウダーを使ったバターミルクパンケーキ3枚のタワーを5種類のベリーで飾り立て周りには5枚のミニパンケーキ、と合計8枚ものパンケーキを使った一皿。

抹茶を使っていることからわかる通り日本独自のメニュー。責任者の方と話したら頑張って本国にOK貰ったらしい。マンスリーや季節のパンケーキを出すのはパンケーキ店ではお馴染みの手法だが海外勢にとっては承認通さなければいけない分ハードルが高い。
オリジナルパンケーキハウスのクリスマスパンケーキ

華やかなパンケーキタワー

生クリームではさんで高さのあるパンケーキタワーに緑・白・赤とクリスマスカラーといい出来だと思う。細かい所だがイチゴの位置が互い違いにしてあるのもバランスが良い。

2400円といいお値段だが8枚ということで2人〜のボリューム。他のメニューも食べたいなら3-4人の時頼むと良いだろう。
クリスマスパンケーキの5種類のベリー

アツアツもちもちの卵生地!ダッチベイビー

みなさん初めてのオリジナルパンケーキハウスだったので目玉メニューのダッチベイビーを。ダッチベイビーはドイツ風パンケーキで厚めのフライパンに生地をまわしてオーブンで焼き上げたもの(ダッチベイビーとはどんなパンケーキか)。ダッチ=オランダかと思うと違って、ドイツ系移民が作っていたのがアメリカで鈍ってドイチェがダッチになった、という経緯らしい。

さてダッチベイビー食べたのは久しぶりだったがアツアツもちもちの卵生地がメンバーにも好評だった。クレープとはまた違う感じですね。
ダッチベイビー / オリジナルパンケーキハウス

オリジナルパンケーキハウスのダラーパンケーキ

1ドル硬貨(シルバーダラー)を模したダラーパンケーキは小さなパンケーキを散らしたもの。帝国ホテルなどでも出しているメジャーなメニュー。調べてみたのだがWikipediaによると直径7cmのミニパンケーキを指しているらしい。昔1ドル硬貨が日本の500円硬貨のように大きかったイメージがあるようだ。10枚程度あるので人数がいる時に良さそう。
オリジナルパンケーキハウスのダラーパンケーキ

▼Amazonでダラーパンケーキ用のフライパンも売っている。

オリジナルパンケーキハウスにクリスマスパンケーキが登場!

オリジナルパンケーキハウスに「クリスマス期間限定メニュー」など新メニューが登場。先週金曜29日から既に提供が始まっているようだ。クリスマスパンケーキの方は12月26日までの期間限定メニュー。

吉祥寺オリジナルパンケーキハウスはアメリカで創業60年、100店舗以上展開するパンケーキチェーンで吉祥寺丸井に6月オープンした。ドイツ風の「ダッチベイビー」やアップルパイに近い「アップルパンケーキ」など個性的なメニューを出している。

クリスマスパンケーキ

なんとびっくり2400円だそうです(゚A゚;)ゴクリ。4人で1つとかそういう感じでしょうか。カフェカイラのフルーツ山盛りのパンケーキが2000円、ホノルルコーヒーのパンケーキで1800円ですからね。写真だとボリュームがわからないのでレポートお待ちしています。
#プレスリリースの写真プロが撮った写真じゃないのがもったいないですね。

抹茶パウダーを練りこんだバターミルクパンケーキのクリスマスツリーとダラーパンケーキも5枚のせて、雪をイメージしたホイップクリームと旬のいちごをたっぷり使いました。さらにブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリー、セルフィーユも添えて 贅沢な一品に仕上げました。
11月29日(金)から12月26日(木)の28日間のみの販売です。暖かいお飲物と一緒にどうぞ。

オリジナルパンケーキハウスの49’s FlapJacks

アメリカで人気ということでこれはクレープっぽいですね。バターミルクともダッチベイビーとも違う生地、ということで気になる所ですが食べた感を出すにはもちもち感やしっかり感を出す感じと予想。

アメリカで人気のメニュー。超薄焼きのシンプルなパンケーキが3枚。ホイップバターとメープルシロップをかけてお召し上がり下さい。バターミルクパンケーキともダッチベイビーともまた違う生地の味が楽しめます。一度食べたらやみつき間違いなしの味です。

オリジナルパンケーキハウスの49's FlapJacks

パンケーキデイズ吉祥寺店限定「デイズくんクッキー」がかわいい(・∀・)

パンケーキ専門店デビューは吉祥寺パンケーキデイズだった気が。パンケーキデイズ原宿店はいつも行列しているけれども吉祥寺の方は日曜昼頃普通に入れる感じ。12日(水)のフジテレビ「おじゃマップ」吉祥寺編で登場したのでしばらく混むかも。パンケーキデイズはテイクアウトもかわいいんですよ。

先週末、吉祥寺オリジナルパンケーキハウスの後腹ごなしに井の頭公園を抜けてパンケーキデイズを覗きに。顔見知りのスタッフがいたので何か買わなきゃ…と目についたのがテイクアウトのショーウィンドウ。リトルツリーや天国などパンケーキ店でテイクアウトしている所は結構あるのだ。パンケーキデイズは原宿の方ではやっていなかった気がするので支店ごとに確認してみて欲しい。

パンケーキデイズ吉祥寺店

ちょっと看板に年季が入っている?2006年オープンなのでもう7年ですか。場所は井の頭公園のいせや本店側の入り口脇。ちなみに公園口のいせやは絶賛工事中だった。
パンケーキデイズ吉祥寺店

パンケーキデイズ吉祥寺店のクッキー

公式サイトで載っているのは吉祥寺店だけだから多分限定だと思う。
プレーンと茶色の方がココア。カワ(・∀・)イイ!!

幸せを運ぶ★『デイズくんクッキー』販売中!

パンケーキデイズでは、みんなに笑顔とみんなの幸せを届ける為に
デイズくんのクッキーが、出来上がりました!!

可愛いデイズくんと季節のクッキー発売中!(100円~)
お土産に、おやつに、自分買いに、パーティにぜひ、ご利用下さいね★
(公式サイトより)

パンケーキデイズ吉祥寺店のクッキー

パンケーキデイズ吉祥寺店からテイクアウト

パンケーキデイズの焼印、ニコちゃんマークとかフェイスマークとか適当に呼んでいたが正しくは「デイズくん」と「メイプルちゃん」という。まつ毛が付いている方が「メイプルちゃん」。ご存知でした?

マジック書きにもフェイスマークが書かれてる辺り世界観統一されていて感心。
パンケーキデイズ吉祥寺店からテイクアウト

パンケーキデイズ吉祥寺店のパンケーキ

もちろんパンケーキは焼き立てが一番ふっくらしているのだがテイクアウトの場合どうすれば良いか。電子レンジでチンした後トースターで軽く焼くと表面がカリッとする。
パンケーキデイズ吉祥寺店のパンケーキ

吉祥寺のスイーツ「パンケーキデイズ 吉祥寺店」のパンケーキ情報東京のパンケーキ

吉祥寺オリジナルパンケーキハウスのパンケーキ

吉祥寺のオリジナルパンケーキハウスに行ってきた。アメリカのパンケーキ店が日本初上陸。吉祥寺は意外とパンケーキ店が少ないのだがパンケーキデイズ・j.s. pancake cafeと充実してきた。オリジナルパンケーキハウスのダッチベイビーとアップルパンケーキは見た目からして個性的で差別化できそう。

オリジナルパンケーキハウス(THE ORIGINAL PANCAKE HOUSE)はアメリカの老舗パンケーキチェーンということでイマイチわからない「向こうで普段食べられているパンケーキ」を食べられる…と思っていたらダッチベイビーとアップルパンケーキが目玉ということでむしろ変化球系であった。

オリジナルパンケーキハウス3行まとめ

  • 創業60年のアメリカの老舗パンケーキチェーン
  • アメリカでは100店舗近く展開していて今回日本・吉祥寺に初上陸
  • ダッチベイビーとアップルパンケーキが目玉メニュー

ダッチベイビーとは何?という話はこちらで(ダッチベイビーとはどんなパンケーキか

オリジナルパンケーキハウス開店待ち行列

営業時間が9:00–21:00(ラストオーダー20:15)と平日社会人が行くのはちょっと難しい。初めての週末で混みそうなので日曜8:40にオリジナルパンケーキハウスへ到着した。場所は吉祥寺南口、丸井吉祥寺店の一階。既に50人くらい行列ができていた。店員さんによると土曜一番長くて1時間半待ちということで原宿のパンケーキ店よりは待たないイメージで良いと思う。
丸井吉祥寺店のオリジナルパンケーキハウス待ち行列

オリジナルパンケーキハウスのロゴ

ロゴに付いてはノーコメント…60年前だからなのかアメリカだからこういうキャラなのかは興味がある。これが本家の公式サイト(The Original Pancake House)だがデザインに関心が無いのかもしれない。
オリジナルパンケーキハウスのロゴ

オリジナルパンケーキハウスの店内

以前カフェがあった場所で3階分の高い天井が開放感ある。オープニングだからかスタッフは多い。土地柄ファミリー層が多く子供連れな方も沢山見かけた。
オリジナルパンケーキハウスの店内

オリジナルパンケーキハウスのメニュー

オリジナルパンケーキハウスのメニューはこちらにまとめているがダッチベイビー1280円、アップルパンケーキ1680円といいお値段なので迷う所。男性2人でダッチベイビーとアップルパンケーキでお腹一杯だったので4人で2つをシェアくらいが良さそう。

オリジナルパンケーキハウスのアップルパンケーキ

シナモンの香りが立ち上ってくるアップルパンケーキは「うん、焼き立てアップルパイだね!」という感じ。パンケーキに1680円は高いがアップルパイがホールで1680円と考えれば安い。ボリュームは男性なら2-3人分、女性なら3-4人分ある。
オリジナルパンケーキハウスのアップルパンケーキ

オリジナルパンケーキハウスのアップルパンケーキの断面

生地が萎んでしまうので液体で染み染みなパンケーキは珍しいのだがご覧のとおり。クレープのような弾力のある生地にリンゴ、シロップがかかっている。
オリジナルパンケーキハウスのアップルパンケーキの断面

オリジナルパンケーキハウスのダッチベイビー

オリジナルパンケーキハウスのスペシャリティもう一つはダッチベイビー。鉄板に流し込んだ生地を焼きあげるドイツ風パンケーキ(ジャーマンパンケーキ)で生地をフライパンの縁に回して立ち上げるビジュアルに特徴がある。アップルパンケーキより小ぶりなので1人でも食べられるサイズ。

オリジナルパンケーキハウスのダッチベイビーは座席でバターやレモン、粉砂糖をかける演出がある。写真で液体っぽいのはレモンとバターが混ざったもの。
オリジナルパンケーキハウスのダッチベイビー

オリジナルパンケーキハウスのテラス席

数十席のテラス席がある。この手前のエリアは行列からも見えて目線が気になるが行列から見えないテラス席もある。
オリジナルパンケーキハウスのテラス席

吉祥寺のカフェ「オリジナルパンケーキハウス 吉祥寺店」のパンケーキ情報東京のパンケーキ