オリジナルパンケーキハウスにクリスマスパンケーキが登場!

オリジナルパンケーキハウスに「クリスマス期間限定メニュー」など新メニューが登場。先週金曜29日から既に提供が始まっているようだ。クリスマスパンケーキの方は12月26日までの期間限定メニュー。

吉祥寺オリジナルパンケーキハウスはアメリカで創業60年、100店舗以上展開するパンケーキチェーンで吉祥寺丸井に6月オープンした。ドイツ風の「ダッチベイビー」やアップルパイに近い「アップルパンケーキ」など個性的なメニューを出している。

クリスマスパンケーキ

なんとびっくり2400円だそうです(゚A゚;)ゴクリ。4人で1つとかそういう感じでしょうか。カフェカイラのフルーツ山盛りのパンケーキが2000円、ホノルルコーヒーのパンケーキで1800円ですからね。写真だとボリュームがわからないのでレポートお待ちしています。
#プレスリリースの写真プロが撮った写真じゃないのがもったいないですね。

抹茶パウダーを練りこんだバターミルクパンケーキのクリスマスツリーとダラーパンケーキも5枚のせて、雪をイメージしたホイップクリームと旬のいちごをたっぷり使いました。さらにブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリー、セルフィーユも添えて 贅沢な一品に仕上げました。
11月29日(金)から12月26日(木)の28日間のみの販売です。暖かいお飲物と一緒にどうぞ。

オリジナルパンケーキハウスの49’s FlapJacks

アメリカで人気ということでこれはクレープっぽいですね。バターミルクともダッチベイビーとも違う生地、ということで気になる所ですが食べた感を出すにはもちもち感やしっかり感を出す感じと予想。

アメリカで人気のメニュー。超薄焼きのシンプルなパンケーキが3枚。ホイップバターとメープルシロップをかけてお召し上がり下さい。バターミルクパンケーキともダッチベイビーともまた違う生地の味が楽しめます。一度食べたらやみつき間違いなしの味です。

オリジナルパンケーキハウスの49's FlapJacks

ヤッケブースのパンケーキ

ヤッケブース(JAKKEPOES)は沖縄で食べログNo.1のパンケーキ店だ。トップは石垣島の店なので本島のパンケーキならヤッケブースかパニラニがツートップになる。美ら海水族館へ行く途中にあるのでパンケーキ候補に入れて欲しい店だ。

ヤッケブースの特徴

  • 食べログで沖縄本島No.1評価のパンケーキ店
  • ヤッケブースは読谷村の海辺、外人住宅を改装した店舗
  • 東京・ももちどりに似たさくふわ食感のパンケーキ

沖縄ヤッケブースの入り口

ヤッケブースは読谷村の海辺の住宅街にある。お店から数分で海岸なので忘れずに覗いておきたい。ヤッケブースでは米軍関係者向けの外人住宅を店舗に改装して使っている。終戦直後、基地内では足りなかったので周辺に作った外人住宅が今ではお洒落カフェになっていたりする訳だ。規格化された白壁の平屋が立ち並ぶ様子には雰囲気がある。
沖縄ヤッケブースの入り口

沖縄ヤッケブースのリビング

入り口を入ると玄関なしで客席だ。間取りがそのままなので「あ、ここがリビングだったんだろうな」と想像しやすい。
沖縄ヤッケブースのリビング

沖縄ヤッケブースのパンケーキメニュー

ベーシックなクラシックパンケーキが600円で高くても800円と手頃。生地の美味しさに特徴があるのでクラシックパンケーキかシンプルなチョコレートラバー辺りがおすすめ。

パンケーキジュニアは500円とお値段控えめオレンジジュースorミルク付き。
スイーツ系パンケーキ

  • クラシックパンケーキ
  • ベリーパンケーキ
  • チョコレートラバー
  • ストロベリーパンケーキ
  • バナナパンケーキ
  • あんこラバー
  • ラムレーズンプチパンケーキ
  • パンケーキジュニア

食事系パンケーキ
食事系は本格的でチリビーンズパンケーキが美味しそうだったので頼んでみた。

  • チリビーンズパンケーキ
  • ミートボールパンケーキ

沖縄ヤッケブースのパンケーキメニュー

クラシックパンケーキ / 沖縄ヤッケブース

事前に調べた所トッピングで食べる系ではなく生地を堪能する系と聞いていたのでクラシックパンケーキに。オリジナルホイップバター添え。ふわふわ系でもありしっとり系でもあり。敢えて言うなら東京・ももちどりに似ているかな。
沖縄ヤッケブースのクラシックパンケーキ

パンケーキの断面

独自レシピと聞いているがVoiVoiさんともつながりがあるようだからしっとり感はバターミルク由来だと思う。生地が少しポロポロ崩れているからしっかり系ではないことがわかるだろう。
パンケーキの断面

チリビーンズパンケーキ / 沖縄ヤッケブース

ピリ辛チリビーンズ&ソーセージという大人のパンケーキ。食事として十分なボリューム。
沖縄ヤッケブースのチリビーンズパンケーキ

これはいいねえ。バター、チリビーンズ、ソーセージ。一枚ずつ別のトッピングという盛り付けがいい。
沖縄ヤッケブースのチリビーンズパンケーキ

沖縄ヤッケブースの個室

リビングの奥には個室がある。これを見るとここが住宅であったことがわかりやすい。
沖縄ヤッケブースの個室

VoiVoiのパンケーキ

パンケーキ専門店VoiVoiにはファンが多い。パンケーキブームの前から三軒茶屋にお店を構えパンケーキ文化の定着に尽力してきたVoiVoi。パンケーキ好きなら一度は巡礼したいお店である。バターミルクパンケーキがベースだがスイーツ系・食事系に季節のパンケーキなどメニューの幅も広い。

パンケーキママ・カフェVoiVoiとは

一口にパンケーキ店と言っても色々な系統がある。例えばエッグスンシングスbillsのような海外勢、シビタス・香咲のような喫茶店系、ロイヤルホスト星乃珈琲のようなチェーン店系などがあげられる。パンケーキママ・カフェVoiVoiはパンケーキ好きが高じてお店を開いてしまった、という独立系。他にはももちどりや天国も含められるだろう。VoiVoi店長の阿多さんのインタビューは幾つかネットに載っている(参考)。大阪のmog、名古屋のVegeなど巣立った人々が各地に店舗を広げている。

VoiVoiは東京のパンケーキ店の中でも味の評価はトップクラス。都心から少し離れているがパンケーキ好きなら一度は訪れたい名店だ。

VoiVoiのパンケーキメニュー

VoiVoiの魅力の一つは食事系からスイーツ系までメニューが豊富な所にある。一番人気はチーズフォンデュ・パンケーキで良く写真を見かける。オムレツとスパムのパンケーキはスパムの塩味がアクセントになりぺろっと行ける。

4種類のチーズフォンデュ・パンケーキ / VoiVoi

ゴルゴンゾーラ・カマンベール・クリームチーズ・チェダーのアツアツチーズソースをかけたパンケーキ。サラダで舌をリセットしながら食べ進めよう。
4種類のチーズフォンデュ・パンケーキ / VoiVoi

半熟オムレツとスパムのパンケーキ / VoiVoi

とろとろ半熟オムレツをパンケーキに乗せスパムを添えた一品。ボリュームありそうに見えるが女性でも普通に食べきれる。
ふわとろオムレツとスパムのパンケーキ / VoiVoi

デビルス・パンケーキ / VoiVoi

生クリームにミックスベリーがかけられている。右奥の容器からチョコレートソースをかけていただく。「デビルズ」の由来はわからないのだが悪魔的な魅力、という趣旨だろうか。
デビルス・パンケーキ / VoiVoi

旗がかわいい「スペシャル・パンケーキ」 /  VoiVoi

ベーシックなパンケーキにアイス・山盛りのホイップクリームをかけた甘党向けのメニュー。
旗がかわいい「スペシャル・パンケーキ」 /  VoiVoi

VoiVoiの2月のマンスリーメニュー:チョコ バナナ ストロベリーパンケーキ

今回のお目当ては2月限定のバレンタイン系パンケーキ。チョコにバナナにストロベリー、と全部乗せな一品。左側のキノコ?はバナナとクリームでできている。イチゴやバナナをハート型に切り抜くなど細部も丁寧。

個人的には苺ソースの色合いが好み。チョコパンケーキにチョコソースをかけると色彩が暗くなってしまう課題をうまく解決している。
チョコ バナナ ストロベリーパンケーキ / VoiVoi

VoiVoiの混雑と行列具合

日曜11:40頃の店頭。細い路地に続々人が訪れ「げっこんなに並んでるの?!」という光景が繰り返されている。ボードに名前を書いて携帯で呼び出してもらうシステムになっており1回転40分-60分ほどかかるので周辺で暇を潰す方法を考えておくと良い。
三軒茶屋VoiVoi

VoiVoi奥のテーブル席。カウンターと奥にテーブル席。木目のナチュラルな感じ。
VoiVoi店内風景