全部入り!吉祥寺オリジナルパンケーキハウスのクリスマスパンケーキ

吉祥寺でオリジナルパンケーキハウスのパンケーキを食べてきた。11末から季節限定のクリスマスパンケーキを出しているからだ。季節限定メニューを海外勢のパンケーキ店が出してくるのは珍しい。オリジナルパンケーキハウスのダッチベイビーやダラーパンケーキも食べてきたのでご紹介する。

吉祥寺ということでテキストサイト時代から有名な@manameさんにもお声がけして4人でメニューを楽しんだ。まなめさんの日記(まなめはうす)の方で触れられているがもっと話したいことがあったのになorz。

クリスマスパンケーキ

オリジナルパンケーキハウスのクリスマスパンケーキは抹茶パウダーを使ったバターミルクパンケーキ3枚のタワーを5種類のベリーで飾り立て周りには5枚のミニパンケーキ、と合計8枚ものパンケーキを使った一皿。

抹茶を使っていることからわかる通り日本独自のメニュー。責任者の方と話したら頑張って本国にOK貰ったらしい。マンスリーや季節のパンケーキを出すのはパンケーキ店ではお馴染みの手法だが海外勢にとっては承認通さなければいけない分ハードルが高い。
オリジナルパンケーキハウスのクリスマスパンケーキ

華やかなパンケーキタワー

生クリームではさんで高さのあるパンケーキタワーに緑・白・赤とクリスマスカラーといい出来だと思う。細かい所だがイチゴの位置が互い違いにしてあるのもバランスが良い。

2400円といいお値段だが8枚ということで2人〜のボリューム。他のメニューも食べたいなら3-4人の時頼むと良いだろう。
クリスマスパンケーキの5種類のベリー

アツアツもちもちの卵生地!ダッチベイビー

みなさん初めてのオリジナルパンケーキハウスだったので目玉メニューのダッチベイビーを。ダッチベイビーはドイツ風パンケーキで厚めのフライパンに生地をまわしてオーブンで焼き上げたもの(ダッチベイビーとはどんなパンケーキか)。ダッチ=オランダかと思うと違って、ドイツ系移民が作っていたのがアメリカで鈍ってドイチェがダッチになった、という経緯らしい。

さてダッチベイビー食べたのは久しぶりだったがアツアツもちもちの卵生地がメンバーにも好評だった。クレープとはまた違う感じですね。
ダッチベイビー / オリジナルパンケーキハウス

オリジナルパンケーキハウスのダラーパンケーキ

1ドル硬貨(シルバーダラー)を模したダラーパンケーキは小さなパンケーキを散らしたもの。帝国ホテルなどでも出しているメジャーなメニュー。調べてみたのだがWikipediaによると直径7cmのミニパンケーキを指しているらしい。昔1ドル硬貨が日本の500円硬貨のように大きかったイメージがあるようだ。10枚程度あるので人数がいる時に良さそう。
オリジナルパンケーキハウスのダラーパンケーキ

▼Amazonでダラーパンケーキ用のフライパンも売っている。

オリジナルパンケーキハウスにクリスマスパンケーキが登場!

オリジナルパンケーキハウスに「クリスマス期間限定メニュー」など新メニューが登場。先週金曜29日から既に提供が始まっているようだ。クリスマスパンケーキの方は12月26日までの期間限定メニュー。

吉祥寺オリジナルパンケーキハウスはアメリカで創業60年、100店舗以上展開するパンケーキチェーンで吉祥寺丸井に6月オープンした。ドイツ風の「ダッチベイビー」やアップルパイに近い「アップルパンケーキ」など個性的なメニューを出している。

クリスマスパンケーキ

なんとびっくり2400円だそうです(゚A゚;)ゴクリ。4人で1つとかそういう感じでしょうか。カフェカイラのフルーツ山盛りのパンケーキが2000円、ホノルルコーヒーのパンケーキで1800円ですからね。写真だとボリュームがわからないのでレポートお待ちしています。
#プレスリリースの写真プロが撮った写真じゃないのがもったいないですね。

抹茶パウダーを練りこんだバターミルクパンケーキのクリスマスツリーとダラーパンケーキも5枚のせて、雪をイメージしたホイップクリームと旬のいちごをたっぷり使いました。さらにブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリー、セルフィーユも添えて 贅沢な一品に仕上げました。
11月29日(金)から12月26日(木)の28日間のみの販売です。暖かいお飲物と一緒にどうぞ。

オリジナルパンケーキハウスの49’s FlapJacks

アメリカで人気ということでこれはクレープっぽいですね。バターミルクともダッチベイビーとも違う生地、ということで気になる所ですが食べた感を出すにはもちもち感やしっかり感を出す感じと予想。

アメリカで人気のメニュー。超薄焼きのシンプルなパンケーキが3枚。ホイップバターとメープルシロップをかけてお召し上がり下さい。バターミルクパンケーキともダッチベイビーともまた違う生地の味が楽しめます。一度食べたらやみつき間違いなしの味です。

オリジナルパンケーキハウスの49's FlapJacks

吉祥寺オリジナルパンケーキハウスのパンケーキ

吉祥寺のオリジナルパンケーキハウスに行ってきた。アメリカのパンケーキ店が日本初上陸。吉祥寺は意外とパンケーキ店が少ないのだがパンケーキデイズ・j.s. pancake cafeと充実してきた。オリジナルパンケーキハウスのダッチベイビーとアップルパンケーキは見た目からして個性的で差別化できそう。

オリジナルパンケーキハウス(THE ORIGINAL PANCAKE HOUSE)はアメリカの老舗パンケーキチェーンということでイマイチわからない「向こうで普段食べられているパンケーキ」を食べられる…と思っていたらダッチベイビーとアップルパンケーキが目玉ということでむしろ変化球系であった。

オリジナルパンケーキハウス3行まとめ

  • 創業60年のアメリカの老舗パンケーキチェーン
  • アメリカでは100店舗近く展開していて今回日本・吉祥寺に初上陸
  • ダッチベイビーとアップルパンケーキが目玉メニュー

ダッチベイビーとは何?という話はこちらで(ダッチベイビーとはどんなパンケーキか

オリジナルパンケーキハウス開店待ち行列

営業時間が9:00–21:00(ラストオーダー20:15)と平日社会人が行くのはちょっと難しい。初めての週末で混みそうなので日曜8:40にオリジナルパンケーキハウスへ到着した。場所は吉祥寺南口、丸井吉祥寺店の一階。既に50人くらい行列ができていた。店員さんによると土曜一番長くて1時間半待ちということで原宿のパンケーキ店よりは待たないイメージで良いと思う。
丸井吉祥寺店のオリジナルパンケーキハウス待ち行列

オリジナルパンケーキハウスのロゴ

ロゴに付いてはノーコメント…60年前だからなのかアメリカだからこういうキャラなのかは興味がある。これが本家の公式サイト(The Original Pancake House)だがデザインに関心が無いのかもしれない。
オリジナルパンケーキハウスのロゴ

オリジナルパンケーキハウスの店内

以前カフェがあった場所で3階分の高い天井が開放感ある。オープニングだからかスタッフは多い。土地柄ファミリー層が多く子供連れな方も沢山見かけた。
オリジナルパンケーキハウスの店内

オリジナルパンケーキハウスのメニュー

オリジナルパンケーキハウスのメニューはこちらにまとめているがダッチベイビー1280円、アップルパンケーキ1680円といいお値段なので迷う所。男性2人でダッチベイビーとアップルパンケーキでお腹一杯だったので4人で2つをシェアくらいが良さそう。

オリジナルパンケーキハウスのアップルパンケーキ

シナモンの香りが立ち上ってくるアップルパンケーキは「うん、焼き立てアップルパイだね!」という感じ。パンケーキに1680円は高いがアップルパイがホールで1680円と考えれば安い。ボリュームは男性なら2-3人分、女性なら3-4人分ある。
オリジナルパンケーキハウスのアップルパンケーキ

オリジナルパンケーキハウスのアップルパンケーキの断面

生地が萎んでしまうので液体で染み染みなパンケーキは珍しいのだがご覧のとおり。クレープのような弾力のある生地にリンゴ、シロップがかかっている。
オリジナルパンケーキハウスのアップルパンケーキの断面

オリジナルパンケーキハウスのダッチベイビー

オリジナルパンケーキハウスのスペシャリティもう一つはダッチベイビー。鉄板に流し込んだ生地を焼きあげるドイツ風パンケーキ(ジャーマンパンケーキ)で生地をフライパンの縁に回して立ち上げるビジュアルに特徴がある。アップルパンケーキより小ぶりなので1人でも食べられるサイズ。

オリジナルパンケーキハウスのダッチベイビーは座席でバターやレモン、粉砂糖をかける演出がある。写真で液体っぽいのはレモンとバターが混ざったもの。
オリジナルパンケーキハウスのダッチベイビー

オリジナルパンケーキハウスのテラス席

数十席のテラス席がある。この手前のエリアは行列からも見えて目線が気になるが行列から見えないテラス席もある。
オリジナルパンケーキハウスのテラス席

吉祥寺のカフェ「オリジナルパンケーキハウス 吉祥寺店」のパンケーキ情報東京のパンケーキ

吉祥寺オリジナルパンケーキハウスがオープン

既報の通り、明日吉祥寺丸井にオリジナルパンケーキハウスがオープンする。丸井吉祥寺は井の頭公園への通り道。オリジナルパンケーキハウスは路面店ということで目立つ店舗になりそうだ。

行って来ました >> 吉祥寺オリジナルパンケーキハウスのパンケーキ

6月4日と5日の2日間限定で先着100名に「オリジナルパンケーキハウス」特製トートバッグをプレゼントとのこと。20時15分ラストオーダーということで定時上がりすれば行けるかなあ、と思案中。明日は代表戦があるから意外と空いているかも?

幾つか写真を見かけたがエッグスンシングスといいbillsといいパンケーキ店はテラス席付きの所が多いようだ。

オリジナルパンケーキハウス 吉祥寺店のメニュー

サイズはわからないが1000-2000円と吉祥寺エリアとしては強気な価格設定。表参道カフェカイラのパンケーキ・トッピング全部のせが2000円なのでそれに匹敵するお値段だ。飲み物を入れると一人2000円〜な客単価だろうか。

場所はいいが全体に他店の同種メニューより高めな価格設定なので2回目以降も来て貰えるかちょっと心配。

パンケーキ

  • ダッチベイビー 1280円
  • アップルパンケーキ 1680円
  • ポテトパンケーキ 980円
  • ミックスフルーツパンケーキ 2000円
  • ココナッツパンケーキ 980円

クレープ

  • チェリークレープ 1280円
  • タヒチアンクレープ 1200円
  • ポテトパンケーキ 980円

ワッフル

  • プレーンワッフル 800円
  • ストロベリーワッフル 1400円

オムレツ

  • ハムオムレツ 1400円
  • チーズオムレツ 1200円

セットメニュー

  • ベーコン&エッグ 1400円
  • ソーセージ&エッグ 1400円

オリジナルパンケーキハウス 吉祥寺店

オープン日時:2013年6月4日(火)9:00
場所:丸井吉祥寺店(東京都武蔵野市吉祥寺南町1-7-1)1F
営業時間:9:00~21:00(ラストオーダー20:15)
休業日:不定休(丸井吉祥寺店に準ずる)
問い合わせ先:
オリジナルパンケーキハウス 吉祥寺店
TEL:0422-26-6378

吉祥寺にパンケーキ専門店「THE Original PANCAKE HOUSE」がオープン。創業60年ダッチベイビーが売りのアメリカのパンケーキチェーン店が日本初上陸

吉祥寺にアメリカのパンケーキ店が日本初上陸。「THE Original PANCAKE HOUSE(ザ オリジナル パンケーキハウス)」はアメリカのオレゴン州ポートランド発で創業60年という老舗パンケーキチェーン

なるほどこれがダッチベイビーか!ラゾーナ川崎ロージーズカフェのパンケーキ

川崎ラゾーナのROSIE’S CAFE(ロージーズカフェ)のパンケーキに遠征。ロージーズカフェはドイツ風パンケーキの「ダッチベイビー」が名物。ダッチベイビーは鉄板に流し込んだ生地をオーブンで焼き上げそのまま提供する料理。パンケーキ生地の縁が盛り上がったビジュアルに特徴がある。

ROSIE’S CAFE Pancake&Shake(ロージーズカフェ)はリニューアルした川崎ラゾーナに入ったパンケーキ店。2012年10月18日(木)オープン。自家製生地を焼き上げたアツアツもちもちのダッチベイビーとオリジナルシェイクの2本立て。

運営のCAFE COMPANYはWIRED CAFEや渋谷のカフェRESPECT、ヒカリエで一番席数が多いFLOWERS COMMON、表参道246COMMONSの「キユーピー3分クッキング 南青山三丁目キッチン」など多彩なカフェ・レストランを展開している。

ラゾーナ川崎のロージーズカフェ

6月に吉祥寺にオープンするアメリカン・パンケーキハウスがダッチベイビーを売りにしている。ダッチベイビーはまだ認知度が高くなくて、専門で出しているのはロージーズカフェだけではないかと思う。

最近のパンケーキブーム、川崎ラゾーナ、連休ということで行列覚悟して行ったのだが10人くらいで意外と並んでいなかった。
ラゾーナ川崎のロージーズカフェ

ロージーズカフェの店内

スタバと同じで席は客が自由に取って、カウンターで注文・支払いする方式。少人数で回せるメリットがありそうだがダッチベイビーの注文方法がわからない人が多くてレジで詰まっていた。
ロージーズカフェの店内

ダッチベイビーのメニュー / ラゾーナ川崎のロージーズカフェ

パンケーキは全てダッチベイビーでスイーツ系と食事系両方ある。スイーツ系はレギュラーサイズとスモールサイズを選べて差は100円。ドリンクセットは+200円、トッピングのバニラアイスクリームは100円と良心的。

食事系ダッチベイビー

  • チリビーンズチーズ 780円
  • キノコ&トマト 830円
  • マッシュルーム&ベーコンサラダ 830円
  • プロシュート&グラナパダーノ 830円
  • カリーブルスト 880円

スイーツ系ダッチベイビー

  • クリームチーズ/レモン/メープル R730円、S630円
  • ホイップバナナチョコレート R800円、S700円
  • キャラメルアップルシナモン R780円、S680円
  • マンゴーピーチパッション R800円、S700円
  • カスタードMIXベリー R830円、S730円
  • オレンジコンフィナッツ R830円、S730円

ダッチベイビーのメニュー

キャラメルアップルシナモンのダッチベイビー / ラゾーナ川崎のロージーズカフェ

間違いなく美味しそうなアップルシナモンを注文。番号札を座席に置いて10分ほど待つと現れたのがこれ。これがダッチベイビーか!生地が黄色いのは卵多めのクレープっぽい生地だからだろう。
キャラメルアップルシナモンのダッチベイビー

ダッチベイビーのホイップクリーム / ラゾーナ川崎のロージーズカフェ

ダッチベイビーは写真を撮る時縁と盆地どちらにピントをあわせるか悩ましいのだが、盆地にホイップやフルーツが盛られているといい感じになるので覚えておくと良い。
キャラメルアップルシナモンのダッチベイビーのホイップクリーム

ダッチベイビーのロゴ / ラゾーナ川崎のロージーズカフェ

「We are Oven」のキャッチコピーと共に鍋つかみでフライパンを持つ若い女性のイラストが。この女性がロージーという設定らしい。
ロージーズカフェのロゴ

参考

川崎のカフェ「ROSIE’S CAFE」のパンケーキ情報横浜・江ノ島・鎌倉・元町のパンケーキ

【NEW OPEN】2012年10月18日(木)川崎駅直結の「ラゾーナ川崎」4Fに新業態「ROSIE'S CAFE Pancake&Shake」がオープン!|News|CAFE COMPANY

週刊文春にトミナガユキコさん監修の「大人のパンケーキ案内」ウエスト青山ガーデン・赤坂ORIGAMI・川崎ロージーズカフェ・原宿CAFE BANYAN・阿佐ヶ谷とらや椿山

週刊文春2013年5月23号(2724号)にパンケーキ・ノートトミヤマユキコさん監修の「大人のパンケーキ案内」が載っていると聞いて買ってきた。週刊文春を買うのは初めてかも。トミヤマユキコさんが選んだのはウエスト青山ガーデン赤坂ORIGAMI・川崎ロージーズカフェ・原宿CAFE BANYAN・阿佐ヶ谷とらや椿山の5店。

週刊文春の「大人のパンケーキ案内」は「パンケーキ・ブームに乗りきれない人にこそお薦めしたい、大人をも魅了するパンケーキ案内」ということでカラー4ページにわたってパンケーキが紹介されている。読者層を意識して年代高めな方でも入りやすい店がセレクトされていると思う。

椿山以外は行ったことがあるので各パンケーキ店をご紹介しよう。

ウエスト青山ガーデンのホットケーキ

冒頭に登場するのはウエスト青山ガーデン。ここは洋菓子舗ウエストが持つ喫茶室。青山霊園の脇にありリゾート地の別荘かはたまた高級ホテルのラウンジかという空間で人気が高い。

ホットケーキは客のほとんどが注文する名物でここと横浜店でしか出していない。淡いキツネ色の円盤は大ぶりで1枚をシェアするくらいでちょうどいい。

ホットケーキ以外にも美味しそうなメニューが沢山あるのでお連れ様にも選択肢が豊富。
ウエスト青山ガーデンのホットケーキ

赤坂ザ・キャピトルホテル東急ORIGAMIのジャーマンアップルパンケーキ

首相官邸そばのザ・キャピトルホテル東急こオールデイダイニングORIGAMIは高級ホテルのラウンジという側面も強い。混まず深夜まで営業しているので使い勝手が良い。

ジャーマンアップルパンケーキはオバマ大統領に提供された一品。薄いクレープ上の生地がフライパンの縁に沿って壁になっている珍しい形。

見た目、壁を崩す感触、シロップしみしみにしていただく味覚と様々な楽しみ方ができるジャーマンアップルパンケーキは話のネタになるだろう。
ORIGAMIのジャーマンアップルパンケーキ

川崎ロージーズカフェ

WIRED CAFE系列のロージーズカフェは今の所川崎にしか無い。

ダッチベイビーという鉄板をオーブンで焼き上げてそのまま提供するパンケーキが売り。

ラゾーナ川崎のわりには混んでいないがそれでも週末はそこそこ並ぶ。提供までしばらく時間がかかるので年配のご夫婦は手持ち無沙汰になるかもしれない。
川崎ロージーズカフェのダッチベイビー

表参道CAFE BANAYN

BANYANは表参道のGYRE裏手にできたハワイ風カフェ。

小綺麗な内装で盛り付けが綺麗なパンケーキが出る。空いているので表参道を歩き疲れたら休憩に使えそう。
CAFE BAYAN

阿佐ヶ谷とらや椿山の小倉ホットケーキ

とらや椿山というのは和菓子屋さん。ホットケーキと言うよりもどら焼きにあんこというイメージらしい。詳しくは文春本誌をご購入ください(笑。

週刊文春2013年5月23号の興味深かった記事

文春を買ったのは初めてだがたまたま話題の号だったらしい。目次はこちら週刊文春2013年5月23日号 | 最新号 – 週刊文春WEB

  • 「就活女子学生をホテルに連れ込んだ「大手マスコミ」人事部長の名前」
    共同通信の人事部長が就活の女学生をホテルに連れ込んで問題になっているのを隠している不祥事のスクープ。これは昨日社長以下処分が発表されたが文春の報道を受けてのものだろう。
  • 「『八代亜紀作』の絵は私が描きました」 大物演歌歌手の盗作疑惑を告発

八代亜紀の絵を描いたのは「誰」か? – Ohnoblog 2 真偽は判断できないがタレコミに基づいて予備校生を斡旋していた人物にも直撃しており記事の体裁は成していると思う。八代亜紀の絵は地元の市役所にも飾ってあるというTweetを見かけたが『”あの八代亜紀”が描いたという「設定」だけに意味のある、八代亜紀のサイン入り色紙(有料)なのだ。』というポジションが大きな話題になっていない要因かなと。

ダッチベイビーとはどんなパンケーキか

最近話題のダッチベイビーって何という話。吉祥寺に上陸するアメリカのパンケーキ店「オリジナルパンケーキハウス」がダッチベイビーを売りにしているので今後メディアで取り上げられる機会も増えそう。

ダッチベイビーとは

まずパンケーキなのか別のメニューなのかという話。ダッチベイビー=ジャーマンパンケーキでつまりドイツ風パンケーキ。ダッチ=オランダかと思うと違うんですね〜。アメリカに移民したドイツ系の人たちが作っていたパンケーキがドイチュから訛ってダッチになったらしい。

調理方法としてはダッチオーブンで焼き上げる、アツアツもちもちの卵生地が特徴のパンケーキ。スキレットなど鋳鉄製の分厚いフライパンの縁にそって生地が立ち上がる所に外見的な特徴がある。生地は薄くクレープに近い感じ。一般にはオーブンの方が多いが赤坂ザ・キャピトルホテル東急ORIGAMIで出るジャーマンパンケーキはシェフがフライパンを器用にまわして縁を立てている。豆知識としてはORIGAMIのジャーマンアップルパンケーキはオバマ大統領が所望したメニューと聞いている。

見ていただいたほうが早いのでロージーズカフェのダッチベイビーの写真。
ダッチベイビー

ダッチベイビーが食べられるパンケーキ店(川崎・吉祥寺・東京)

パンケーキメニューが全部ダッチベイビーなのが川崎ロージーズカフェ、渋谷宮益坂方面のL.Loves R.(通称エルラブ)は最近できた店、吉祥寺のオリジナルパンケーキハウスは6月オープン予定でアメリカでは100店以上あるパンケーキチェーン店。