VoiVoiでジャージークリームと苺のクリスマスパンケーキ

三軒茶屋VoiVoiクリスマスパンケーキをいただいてきた。ジャージークリームのパンケーキは昨年も好評で売り切れる日も出たそうだ。今年は材料も確保して満を持して再登場。初めて食べたVoiVoiのクリスマスパンケーキはいかに?

VoiVoiジャージークリームと苺のクリスマスパンケーキ

ジャージークリームってなんだって話だが国内の乳牛の1%しかいない希少なジャージー種の生クリームを焼き立てパンケーキにたっぷり乗せた一品。パンケーキにはメープルシロップとラズベリークリームチーズを挟んで味の変化を出し周囲には苺にスイートチェリーのコンポートを散りばめた華やかなクリスマスパンケーキ。

VoiVoiジャージークリームと苺のクリスマスパンケーキ

VoiVoiホットクリームワイン

朝一だったのでホットクリームワインで体を暖めながら待つ。VoiVoiは11時のオープン前には20人ほどの行列ができる人気店。

VoiVoiホットワイン

VoiVoiジャージークリームと苺のクリスマスパンケーキ

全景。左下から右上へ抜ける感じで撮るといい構図になりそう。

VoiVoiジャージークリームと苺のクリスマスパンケーキ

VoiVoiジャージークリームと苺のクリスマスパンケーキの断面

パンケーキは4枚仕立てとボリューミー。ジャージークリームがたっぷりかかっているので足りなくなることはないはず。

VoiVoiジャージークリームと苺のクリスマスパンケーキの断面

原宿のパンケーキ店シナモンズ、SUNDAY JAMで予約受付が始まる

原宿のパンケーキ店シナモンズやSUNDAY JAMで予約受付を開始。今年はパンケーキブームということで週末を中心に混雑していたが落ち着いてきたので余裕が出てきた、ということだろう。いずれも夜の時間を中心に予約を受けている。

原宿で行列ができるパンケーキ店というとbills、エッグスンシングス、カフェカイラ、パンケーキデイズ、レインボーパンケーキなどがあげられる。billsは夕方からインターネット予約を受付けている。

原宿SUNDAY JAMの予約方法

原宿SUNDAY JAMは逗子で人気の天然酵母パンわかなぱん発のプロジェクトでbillsと同じTRANSITの運営。アメリカらしい薄手の生地を強火で焼き上げるスタイルで香り豊かなメニューが食べられる。

営業時間は9:00ー21:00。予約可能なのは平日なら終日、土日は17時以降〜。電話予約してください。

SUNDAY JAMが原宿のパンケーキ界に参戦

ホノルルパンケーキ マカダミアナッツ&メープル / SUNDAY JAM

シナモンズ表参道の予約方法

従来も平日18時以降予約を受けていたが、土日祝を含む全ての曜日で18時以降の予約受け付けを開始している。予約方法は電話のみ。

シナモンズはカフェカイラと同じハワイの朝食賞を受賞し現地で評価の高いパンケーキ店。2012年8月、表参道GYREの裏にオープンした。わかりにくい場所で迷うタイプの人はたどり着けなそうなのだが、順調にメディア露出して認知度があがっているようだ。
シナモンズ表参道でパンケーキ

シナモンズのグァバシフォンケーキ

よちよち.rb のプレゼンで触れられていたのでパンケーキミックスの話をします。

よちよち.rbというRuby初心者のコミュニティでフレームワークをパンケーキミックスに例えたプレゼンがあったらしい。技術ネタをグルメブログでやるのはどうかと思うが東大生協でパンケーキブーム小悪魔agehaの「男を殺すパンケーキ対決♥」特集までパンケーキが出てくれば何でも守備範囲、ということでパンケーキミックスについて勝手に語ろうと思う。

よちよち.rbについては第0回のイベントページで説明されている(よちよち.rb(仮) 第0回)通り初心者の、初心者による、初心者のための Ruby on Rails4.0 勉強会(読書会)である。このブログはWordPressだが「みんなのパンケーキ部」はRailsで動いているよ、ということで全く関係ない訳ではない。

なんか、手書きのプレゼンがカワ(・∀・)イイ!!以上!

…ペラペラっとめくっていくとフレームワークってなんだ、という説明でパンケーキミックスが出てくる。イラストがカワ(・∀・)イイ!!

さてこのイラストの通りパンケーキミックスというのはミックス粉+玉子+牛乳を混ぜたら後は焼くだけ、ということになっている。パンケーキミックスと言えば森永が有名だがこれらミックス粉を出している企業はパンケーキとホットケーキの違いの通り業界団体の日本プレミックス協会に属していたりする。この協会の前身が日本ケーキミックス協会であった。

昭和33年10月31日 日本ケーキミックス協会設立
日本ケーキミックス協会は、当時、市中に出始めた小麦粉を主体とするミックス製品、特にホットケーキの素が曙光を見せ始めた状況に鑑み、更にその普及発展を通じて国民の粉食による食生活改善向上に努めるとともに加盟各社が協力し合うことを目的とした6社が参加し任意団体を発足いたしました。
日本プレミックス協会について

日本ケーキミックス協会は今から半世紀以上前、ホットケーキの素ブームがあった時に設立され後にお好み焼きや唐揚げなども含めたプレミックス協会へと発展した。つまり@yucato_さんがミックス粉の代表としてパンケーキミックスを選んだのは歴史的に正しい。

以前から存在していたホットケーキの素がある年大ブームになった。その理由ははっきりしていて甘くなかった生地に砂糖を入れたタイプがヒットしたのだ。Railsが出て爆発的に使用人口が増えた、みたいなアレです。かくして日本に定着したパンケーキは「家庭で簡単に作れる手軽なオヤツ」という位置づけを強固なものにした。

その結果子供のオヤツ的イメージが付いていた「ホットケーキ」に「食事メニューとしても食べる」「オヤツ以外に朝なども食べる」「甘くないものもある」という海外のパンケーキのイメージをもってきたのが現在のパンケーキブームであるわけだが今日はここまで。

マヨネーズを使ったホットケーキ

夏の思い出。イワタコーヒーのホットケーキ

大定番、イワタコーヒーのホットケーキ。TVや雑誌でも度々取り上げられている老舗でパンケーキブームの前は分厚いホットケーキといえばイワタコーヒーのことだった。分厚さで勝負するという日本的ホットケーキの特徴が出ていていい写真が撮れた。

昨年夏、傷心旅行で一人鎌倉へ行きまして。家にいたくなかったんですね。気づいたらイワタコーヒーに入っていたのだった。週末は入店してから2時間待ちなど行列の絶えない店だが平日ということでほぼ待ち無しで入店、30分ほどでホットケーキが出てきた。

イワタコーヒーの分厚いホットケーキ

イワタコーヒーは昭和23年創業でジョン・レノンも食べたというホットケーキは知名度も高い。鎌倉中町通りの入り口の好立地とわかりやすく混雑するので鎌倉観光に組み入れるなら朝一で回ってしまうことをおすすめする。

普通、分厚い系のパンケーキは中に火を通すのに各店20分程度かかる。イワタコーヒーでも入店から1時間以上待たされることがあるようで、入店即「パンケーキは頼まれますか?」と聞かれる。

バターを添えてでてきたパンケーキがこちら。2段重ねのパンケーキは5cm超え。美しい佇まいだが量産しているからか上段が凹んでいたり穴が多かったり被写体的にはちょっと残念。窓際のやわらかい光で老舗喫茶店の雰囲気含めて良く撮れている。
鎌倉イワタコーヒーのホットケーキ

たっぷりシロップをかけて。表面の焼き色と生地とのコントラストが美しい。
P1050793

フルーツパフェを頼んでしまった…これはこれで良い物だが一人で食べるにはちょっと多かった。
P1050799

イワタコーヒーの雰囲気

イワタコーヒーの座席は手前が喫煙、奥が禁煙席となっている。奥の席は池もある庭園に面していて白い窓枠にテーブル、茶色の革張りチェアが雰囲気あって写真の背景に良い。
IMG 8274

イワタ珈琲店・イワタコーヒー両方の表記を見かけるが正式名称はどちらなんですかね。鎌倉の繁華街小町通り入り口なのですぐわかるはず。
IMG 8276

秋葉原カフェ アサン(cafe asan)で幻の極厚スフレホットケーキにチャレンジ

昨日菊水酒造のパンケーキを取り上げた所意外と反響があったので秋葉原のパンケーキをもう1つ。カフェ アサン(cafe asan)のスフレホットケーキは厚み5cmクラスと一枚物では国内トップレベル。秋葉原のカフェ アサンは電源カフェ、ハンモックカフェとして知られている。幻のホットケーキというのは週末だと15時からの1時間足らずで売り切れてしまう人気メニューだからだ。

15時からと知らずに行くとダメ、売り切れてもダメということでなかなか難易度が高い。カフェ アサンのホットケーキを確実に食べるには15時丁度に入店くらいの気合が必要だろう。
スフレホットケーキはすぐ売り切れ

秋葉原cafe asanの外観

秋葉原と御徒町の中間2k540は駅から離れてたガード下にも関わらず人通りが多い。カフェ アサンは2k540でも古株で多分最初の頃から合ったんじゃないかな。
秋葉原cafe asan

個性を出そうと工夫してきた歴史

通りがかって入るような立地ではないカフェ アサンは昔から個性を出そうと工夫してきた。例えば電源やフリーWi-Fi、ハンモックなど。まだハンモックを使ったことは無いのだがぐっすり寝入っている人々も多く羨ましい。
秋葉原のハンモックカフェ

秋葉原cafe asanのスフレホットケーキ

パンケーキとホットケーキの違いでも触れたが分厚さで勝負するのは日本のホットケーキの伝統。食事でも食べるパンケーキ、オヤツというポジションのホットケーキの中でスイーツとして若者にウケるために分厚さで目立つというのは当然の思考と言えましょう。分厚いホットケーキを焦がさず火を通すには低温で焼く必要があるため20分程度かかる。数が出せないので数量限定は妥当だろう。

多分関東で一番立派な一枚物パンケーキは横浜SONJINだがcafe asanもボリューム感では負けていない。大きいサイズと小さいサイズがあるが写真の大きい方は複数人でシェアするサイズ。一人では食べきれないので注意。

>>横浜SONJINのパンケーキで日本一5cmの厚みに圧倒される!

カフェ アサンのスフレホットケーキ

これもアリ?秋葉原・菊水酒造のカフェ&バーで日本酒を飲みながらのパンケーキ

秋葉原KURAMOTO STANDで日本酒を飲みながらパンケーキを食べてきた。ガンダムカフェの先のガード下にできた商業施設「CHABARA(チャバラ)」にある菊水酒造のカフェ&バー「KURAMOTO STAND」でパンケーキを出しているのだ。酒粕を使ったパンケーキはしっとりしていてアリなんじゃないかと思った。

秋葉原の「CHABARA」はまだ認知度低いようだが先週末【見事な包丁捌き】現役女子高生によるマグロ解体ショーに歓声!と話題になった場所だ。日本全国の逸品を集めたマルシェ、というコンセプトでやなか珈琲など幾つか飲食店も入っている。
秋葉原CHABARA

菊水酒造のカフェ&バー「KURAMOTO STAND」

CHABARAの入り口にパンケーキの看板が出ている。菊水酒造初の飲食店で物販と飲食で2店舗分出店と気合が入っている。

公式サイト:日本酒と遊びましょ。 Amazing Sake World – KURAMOTO-STAND

CHABARAのパンケーキ看板

菊水KURAMOTO  STANDのバーカウンター

KURAMOTO STAND(蔵元スタンド)は蔵元だからできる、今までにないフードスタイルを提案する、ということでパンケーキもその一環のようだ。内装は木目が活かされたバーカウンターや椅子でお金がかかっている。
KURAMOTO STANDのバーカウンター

生原酒飲み比べ(ふなぐち3種)

普通にランチセットもあるようだが午後ということでおもむろに日本酒の生原酒飲み比べ(ふなぐち3種)1000円を注文。私のような弱いけど飲むのは好きな人に向いている。大抵左から右に辛口or複雑になっていくのだが味の違いがはっきりしているものがセレクトされているので素人でも楽しめる。個人的には一番右のが良かった。

KURAMOTO STANDで日本酒飲み比べ

酒粕を使ったパンケーキとは?

新潟清酒「菊水」からつくった乳酸菌発酵酒粕「さかすけ」を生地に練り込んだパンケーキ。キユーピーがホットケーキにマヨネーズを混ぜるとふわふわになるという研究論文を発表していたり各社色々なレシピを考えるものですね。

KURAMOTO STANDのパンケーキ

生地はしっとり目で好印象。ヨーグルトを入れたパンケーキに近いかもしれない…と感じたのだが酒粕もヨーグルトと同じ発酵食品だし似た効果が出るのかもしれない。営業時間が〜20時なので平日はなかなか行きづらいがお近くの方はランチにおすすめ。

KURAMOTO STANDのパンケーキ

全部入り!吉祥寺オリジナルパンケーキハウスのクリスマスパンケーキ

吉祥寺でオリジナルパンケーキハウスのパンケーキを食べてきた。11末から季節限定のクリスマスパンケーキを出しているからだ。季節限定メニューを海外勢のパンケーキ店が出してくるのは珍しい。オリジナルパンケーキハウスのダッチベイビーやダラーパンケーキも食べてきたのでご紹介する。

吉祥寺ということでテキストサイト時代から有名な@manameさんにもお声がけして4人でメニューを楽しんだ。まなめさんの日記(まなめはうす)の方で触れられているがもっと話したいことがあったのになorz。

クリスマスパンケーキ

オリジナルパンケーキハウスのクリスマスパンケーキは抹茶パウダーを使ったバターミルクパンケーキ3枚のタワーを5種類のベリーで飾り立て周りには5枚のミニパンケーキ、と合計8枚ものパンケーキを使った一皿。

抹茶を使っていることからわかる通り日本独自のメニュー。責任者の方と話したら頑張って本国にOK貰ったらしい。マンスリーや季節のパンケーキを出すのはパンケーキ店ではお馴染みの手法だが海外勢にとっては承認通さなければいけない分ハードルが高い。
オリジナルパンケーキハウスのクリスマスパンケーキ

華やかなパンケーキタワー

生クリームではさんで高さのあるパンケーキタワーに緑・白・赤とクリスマスカラーといい出来だと思う。細かい所だがイチゴの位置が互い違いにしてあるのもバランスが良い。

2400円といいお値段だが8枚ということで2人〜のボリューム。他のメニューも食べたいなら3-4人の時頼むと良いだろう。
クリスマスパンケーキの5種類のベリー

アツアツもちもちの卵生地!ダッチベイビー

みなさん初めてのオリジナルパンケーキハウスだったので目玉メニューのダッチベイビーを。ダッチベイビーはドイツ風パンケーキで厚めのフライパンに生地をまわしてオーブンで焼き上げたもの(ダッチベイビーとはどんなパンケーキか)。ダッチ=オランダかと思うと違って、ドイツ系移民が作っていたのがアメリカで鈍ってドイチェがダッチになった、という経緯らしい。

さてダッチベイビー食べたのは久しぶりだったがアツアツもちもちの卵生地がメンバーにも好評だった。クレープとはまた違う感じですね。
ダッチベイビー / オリジナルパンケーキハウス

オリジナルパンケーキハウスのダラーパンケーキ

1ドル硬貨(シルバーダラー)を模したダラーパンケーキは小さなパンケーキを散らしたもの。帝国ホテルなどでも出しているメジャーなメニュー。調べてみたのだがWikipediaによると直径7cmのミニパンケーキを指しているらしい。昔1ドル硬貨が日本の500円硬貨のように大きかったイメージがあるようだ。10枚程度あるので人数がいる時に良さそう。
オリジナルパンケーキハウスのダラーパンケーキ

▼Amazonでダラーパンケーキ用のフライパンも売っている。

クア・アイナからクリスマス限定メニュー「クリスマスパンケーキ」登場

クア・アイナからクリスマス限定パンケーキが発表された。クア・アイナはハワイ系のハンバーガー・チェーン。クリスマス パンケーキは赤レンガ店を除く全店で提供される。

クア・アイナはグルメ系ハンバーガーでは日本最大のチェーンになるのかな。ハワイ発で1977年に上陸、全国に23店舗を構える。老舗ですね。渋谷・原宿エリアだと青山交差点に一号店、宮益坂店の2店舗ある。本社が青山な関係で多いのでしょうか。

クア・アイナとパンケーキ

ハンバーガーのイメージが強いが昔から隠れメニュー的にパンケーキを出していた。パンケーキブームの中で関東全域、全国とパンケーキ提供地域を増やしたようだ。

クア・アイナのクリスマス限定商品「クリスマスパンケーキ」

他店のクリスマスパンケーキが2000円近いものもある中で880円とお手頃価格。

ストロベリー、ラズベリー、ブラックベリー、ブルーベリー、クランベリーの5種類のベリーをトッピングした中央にはクリスマスツリーを模したホイップクリームのタワーがそびえている。
クア・アイナからクリスマス限定商品「クリスマスパンケーキ」

写真は青山交差点にあるクア・アイナ一号店。
20131204-095132.jpg

uzna omomでパンケーキ:正真正銘の隠れ家カフェ

uzna omomはパンケーキブームが来る前から普通にランチで通っていたお店。食事系パンケーキメニューも豊富でデートや女子トークにもおすすめ。

uzna omomの読みはウズナオムオムで「隠れ家風」ではなく本当に隠れ家なカフェ原宿キャットストリートのマンションの一室なので何度も来たことあるのに通りすぎてしまうことがあるくらい。原宿・表参道というお洒落や気合が入った人が多い街の中でホッとできる空間なので友人と軽く食べる時などにおすすめ。

クリスマス限定のリンゴのパンケーキ

昨年のクリスマス限定メニューから。全般に盛りが良いのが特徴と言えば特徴。
uzna omomクリスマス限定のリンゴのパンケーキ

uzna omomクリスマス限定のリンゴのパンケーキ

uzna omomのハニーレモン パンケーキ

これは2010年の8月、初訪問の時。5段もあったのね(笑。常連さんのリラックスした前かがみ具合がいいね!
uzna omomのハニーレモン パンケーキ

B.L.T.パンケーキ

食事系の写真撮りに行ったはずがカメラ忘れてiPhone orzというB.L.T.パンケーキ。
uzna omomのB.L.T.パンケーキ

サーモンとサワークリームのパンケーキ

女性オーナーさんだからか彩りも考えられているのが良い。食べたら腹ごなしに街へ出ようって気持ちになる。
サーモンとサワークリームのパンケーキ / uzna omom

uzna omomのカレー

豚の角煮カレーか牛すじカレー。ゴロッとした肉が見えるから豚の角煮かな?
uzuna omomのカレー

キャラメルなんとかティー
キャラメルなんとかティー

uzuna omom内装

マンションの一室だが低い家具で統一されていて圧迫感はない。ギャラリーになったりミニライブも開かれている。マンションのベランダにも2人席がありおすすめ。キャットストリートのざわめきをBGMに女子トークに華を咲かせよう。
uzna omomの内装

非常階段を2階(キャットストリート側からだと3階分)上がると入り口。入り口の立方体の看板が目印。
uzna omomoの立て看板

MOGMOG(下北沢)で林檎づくしの限定パンケーキ

下北沢MOGMOGで期間限定パンケーキをいただいてきた。MOGMOGは度々メディアでも取り上げられる人気店。今年パンケーキブームということで一度は行かれた方も多いと思うが各店ではマンスリーや季節ごとに限定パンケーキを出して工夫しているので新しい味に出会ってみてはいかが。

MOGMOGは2012年下北沢にオープンしたパンケーキ専門店。場所は惜しまれながら閉店した下北沢の人気カフェ「チクテカフェ」の跡地。バターミルクを使ったモダンなパンケーキが食べられる。家庭では手に入れにくいバターミルク(参照:バターミルクが日本では市販されていない理由)はご自分で仕入先を開拓されたそう。バターミルクを使うと中心部にとろっとした食感が出る。

期間限定パンケーキ

期間限定メニューを出しているパンケーキ店は三軒茶屋VoiVoiや原宿SUNDAY JAM、有楽町ビブリオテーク、j.s. pancake cafeなど結構ある。公式BLOGやTwitterで発表されるのでチェックしよう。

林檎づくしのパンケーキ / MOGMOG

林檎づくしのパンケーキ

秋は季節柄果物系のメニューが多い気がしますね。パンケーキという料理は生地が均一で変化が無いという特徴がある。この林檎づくしのパンケーキでは林檎にさつまいも、生クリーム、アイス、周りにリンゴのコンポートと様々な食感を楽しめるのが良い所だろう。11月限定メニューだが好評のため明日12/3まで提供するとのこと。

ふわふわのパンケーキの周りには、林檎のコンポートと焼き林檎を散りばめて。パンケーキの上には林檎との相性ぴったりのさつまいものハチミツ煮がたっぷり。軽い生クリームとバニラアイスクリームと一緒にほおばってください。

林檎づくしのパンケーキ / MOGMOG

MOGMOG看板のチョークアート

チョークアートで売上が結構変わったりするそうでチョークアート看板専門の業者なんかもあるそうだ。MOGMOGのものは店長さんご自身の作品。
MOGMOG看板のチョークアート

手作りジャムとバニラと生クリームのパンケーキ

以前食べたベーシックなパンケーキ。リンゴ、キウイ、イチゴから選べるが今回はイチゴのジャムで。
モグモグの手作りジャムとバニラと生クリームのパンケーキ