Tommy february6・SUGAR ♥ MEのPVにパンケーキタワーが登場

Tommy february6 待望のニューアルバム「TOMMY CANDY SHOP ♡ SUGAR ♡ ME」が2013年6月12日に発売。タイトルチューン「SUGAR ♡ ME」のPVで冒頭からパンケーキが登場、暇だったので何枚のタワーから数えてみた。

Tommy february6「SUGAR ♡ ME」

YouTubeのwarnermusicjapan公式チャンネルから配信されている「SUGAR ♡ ME」のPVは下記。

Tommyは「Q-pot. × Tommy february6 & Q-pot. ×Tommy heavenly6」でQ-potとコラボしていて(参考)、PVでもQ-pot.のロゴが映り込むなどしている。以前Q-pot CAFE.からファンシーな期間限定パンケーキが登場についてはレポートしているけれども見た感じ特に関係は無いようだ。

冒頭からパンケーキタワーのアップで始まるが1-2cmのパンケーキを15枚重ねたタワーだ。イチゴやブルーベリーのフルーツは本物なので照明や長時間の撮影でダレないようにするのは結構大変だったんじゃないだろうか。

ナタリーでTommy february6のインタビューが出ているのでこちらもどうぞ。
ナタリー – [Power Push] Tommy february6「TOMMY CANDY SHOP SUGAR ME」インタビュー (1/3)

パンケーキタワー

パンケーキ速報では過去にパンケーキタワーを2回取り上げている。

▼Moke’sのパンケーキタワー
Moke’sのパンケーキタワー

ファミマとローソンがパンケーキ戦争!新発売の厚焼きパンケーキを食べくらべ

ファミマローソンが相次いで厚焼きパンケーキを投入、早速両者を食べくらべてみた。ローソンは9月3日「UchiCafe」シリーズから「厚焼きパンケーキ(ホイップクリーム付き)」、対するファミマは9月27日から「Sweets+」ブランド第一弾「スフレ仕立ての窯焼きパンケーキ(チョコバナナ)」を発売している。

発売時期こそずれたもののファミマ・ローソン共4cm以上の分厚い系パンケーキと結果的に正面対決となっている。

▼右手前がローソン、左奥がファミマのパンケーキ
ローソンとファミマの厚焼きパンケーキ

ローソン・厚焼きパンケーキ(ホイップクリーム付き)

まずはローソン。2枚重ねでレンジで温めて食べるパンケーキ。別添のホイップクリームを自分で絞ってかける。メープルソースが一段目の生地にもかけられているのは気が利いている。分厚い系パンケーキでは均等にソースをかけるのが難しいものなので提供側でかけておいて貰えるのはありがたい。

さて、そもそも論としてパンケーキはホットケーキというぐらいで出来たてじゃないと…という課題がある。ファミマは割りきって厚みで勝負してきたがローソンはレンジで温めることでその体験を再現しようとした。上の写真でわかるように穴が大きめの生地なのでチンしてすぐ食べないとべっしゃりする部分が出てくる。

しかしながら、全体としてチャレンジングな姿勢であり評価したいパンケーキだ。
ローソンの「厚焼きパンケーキ」

ファミマ・スフレ仕立ての窯焼きパンケーキ(チョコバナナ)

生地はメレンゲを使用しふんわりしっとり焼き上げたスフレ風パンケーキ。バナナ果肉の上にホイップクリームとチョコレートソースをかけアーモンドで飾り付け。価格は290円。

窯焼きの分厚いパンケーキといえば星乃珈琲店を連想する。星乃珈琲店は2枚で4cm超えだがファミマは一枚でこの高さを出してきた。これはインパクトがある。

実食するとまああくまで「メレンゲ風」であってショートケーキをパンケーキ風に仕上げたスイーツと思えば良いだろう。
ファミマの「スフレ仕立ての窯焼きパンケーキ」

大阪を代表する極厚系パンケーキ「雪ノ下」が新宿タカシマヤに登場

大阪のパンケーキ「雪ノ下」が新宿タカシマヤの催事に出店中。「第1回美味コレクション<美味コレ>」に極厚パンケーキ2種類を出店している。雪ノ下のパンケーキが食べられるのは23日(祝・月)まで、新宿タカシマヤ11階催事場にて。

雪ノ下銀座が11/1にオープン。そのアピールも兼ねていたようです。

大阪のかき氷・パンケーキ専門店「雪ノ下」は4cmを超える極厚系パンケーキで人気がある。食べログでも3.6以上の高評価だ。新宿タカシマヤが始めた美味コレクションでは雪ノ下から「四つ葉のクリームチーズとサワークリームを練り込んだパンケーキ」、「京都森半のお抹茶を練り込んだパンケーキ」の2品がイートインでいただける。

国産レモンのパンケーキ

シャーベットにレモンは定番の組み合わせ。1枚で4cm超えの分厚い系パンケーキは明日まで。
雪ノ下のパンケーキ

梅田・雪ノ下工房で4cm超えの極厚パンケーキ

雪ノ下が東京に催事出店している。雪ノ下はかき氷とパンケーキの専門店で大阪を代表する極厚系パンケーキ。食べログでも3.6点と高評価だが予約制でいきなりは入れない。梅田にできた雪ノ下の新店「雪ノ下工房」は予約不要と遠征組にもおすすめなパンケーキ店だ。

雪ノ下関連記事はこちら

大阪パンケーキ事情

全国的に見ても大阪はパンケーキ店が多いエリアだ。東京が約300店、大阪が90店と続いている。Butter、丸福珈琲店、mog、アメリカン、トリトンカフェ辺りが有名店だろうか。分厚いパンケーキを売りにしている店は少なくて雪ノ下くらいである。

東京の有名パンケーキ店ではパンケーキデイズj.s.pancake cafeが出店している。カフェカイラは一時期大阪出店の話が進んでいたようだが押上から表参道への移転が入って立ち消えになったようだ。またハワイ系のエッグスンシングスが今夏心斎橋にオープン、行列ができる人気店になっている。billsサラベス、スラッピーケークス辺りが大阪に進出するか、で彼らがパンケーキ需要がどのくらい強いと見ているかの指標になるだろう。
雪ノ下工房のパンケーキ

雪ノ下の2号店「雪ノ下工房」

雪ノ下は大阪のかき氷とパンケーキの専門店。本店は予約制だが新店の「雪ノ下工房」は予約不要で食べログでも3.76と高評価。大阪・太融寺町はラブホがあるエリアだが雪ノ下工房には若い人が続々訪れていた。ガレージのような建物だが看板が出ていて目印になる。
雪ノ下工房の外観

4cmを超える極厚パンケーキ

雪ノ下のパンケーキは分厚くてメニューの種類が豊富。1枚で4cm超えのパンケーキを通常メニューとして出している店は全国的にも少ない。メニューの方はマンゴーやリンゴのような季節ものもあるし、クリームチーズやココアなど生地の変化もある。

生地は日本的なホットケーキの系譜でイワタ珈琲店などを想像してもらうと近いと思う。

▼国産レモンのパンケーキ
雪ノ下工房のパンケーキ

平井ワンモア:ホットケーキ目当てで行ったらフレンチトーストが絶品だった

平井の喫茶店ワンモアでホットケーキとフレンチトーストをいただいてきた。泉麻人さんの新刊のサブタイトルが「散歩の途中にホットケーキ」でスプーンハウスとワンモアが登場するのだ。ワンモアはご夫婦でやられている喫茶店で下町のくだけた感じがよかった。個人的にはフレンチトーストがおすすめ。

平井ワンモア、南千住”魔性の味”オンリー辺りは純喫茶好きなら「いつか行くぞ…」と狙っているお店。ワンモアは直木賞作家・常盤新平さんのエッセイ「東京の小さな喫茶店」で「ホットケーキは東京で一番おいしい」という常連客のコメントが紹介されて有名になった。
平井ワンモアのホットケーキ

東京いつもの喫茶店 – 散歩の途中にホットケーキ

泉麻人さんの新刊「東京いつもの喫茶店」は「東京ふつうの喫茶店」に続く喫茶店エッセイ第二弾。「まだまだある”グッとくる”喫茶店」を紹介している。第二弾ということは「東京ふつうの喫茶店」の売れ行きが良かったのだろう。

平凡社さんのTwitterで知った「東京いつもの喫茶店」、掲載されているワンモアは未訪問だったので行ってみることに。(みじんこはみじんこで近日新しい記事を公開できると思う。)

平井ワンモア

総武線で秋葉原、浅草橋、両国、錦糸町、亀戸、平井、と続く。錦糸町にはトミィニットがあって、トミィのおじいちゃんの職人技、ニットの蝶ネクタイのボーイさんなど一代限りだと思うのでぜひ行っておいて欲しい。

話が脇にそれたがワンモアは平井駅北口の大通りを右に折れて数分の角。わかりやすいので迷わないはず。
平井ワンモア

ワンモアのフレンチトースト

先に紹介してしまうけれども実はワンモアのフレンチトーストが以前から気になっていた。ホットケーキ食べに行った方の写真にちらっと映り込むフレンチトースト。あれはなんだ!レモンか?「フレンチトーストセットとホットケーキで」と頼んだら奥さんに「えっ両方!?」と笑われた。一期一会なんだから食べられるときに食べておかないとね。

普通の食パンをフレンチトーストにした家庭でも作れそうな見た目だがさにあらず!すごいふわふわ。とろりした食感が口の中に広がる。これはいいものだ!
ワンモアのフレンチトースト

ワンモアのホットケーキ

ワンモアのホットケーキはマスターが昔勤めていた渋谷の喫茶店「ロロ」と同じものなのだという。ロロはセンター街の入り口に看板があって印象的だったそうだが私は見たことがない。三島由紀夫などの文化人が訪れていたそうだ。

予め2枚の生地に有塩バターが塗られている。個人的にはバターが最初から塗られている方が好み。なぜなら人間どうしても2枚目に塗り忘れてしまうものだからだ。

生地の食感はどことも似ていないが日本風のホットケーキ。万惣系の一口目のカリッとした感触はない。ふわふわというよりしっかりしている。
ワンモアのホットケーキ

おまけ:平井から見るスカイツリー

平井から見るスカイツリー

中目黒Moke’sでパンケーキ。ハワイ発の大人パンケーキ

中目黒Moke’s Bread &Breakfastはハワイ発のパンケーキ店。サンリオの運営で8月30日に中目黒駅近くにオープンした。Moke’sは「モケス」と読む。看板メニューはパッションフルーツを使った「リリコイ パンケーキ」。彩りゆたかな盛り付けにふわふわ目の生地で食べやすいパンケーキ。これから人気が出ると思う。

Moke’s Bread &Breakfast

Moke’s Bread &Breakfast(モケス ブレッド アンド ブレックファースト)はハワイ・カイルア地区の家族経営のレストラン。トリップアドバイザーではカイルア地区116店中9位となっており「ハワイ・カイルア地区の人気パンケーキ店」と言える。(参考:Moke's Bread and Breakfast 【トリップアドバイザー】

運営はキャラクタービジネスのサンリオ。意外だったので調べてみた所ケンタッキーのフランチャイズ店を持っていたり飲食初参入ではないようだ。原宿・表参道ではなくあえての中目黒ということで興味深い。

▼Moke’s記念撮影ブースのパンケーキタワー。50枚くらいあるかな。こういうものを用意できる所がPRをわかっている会社だなあという感じ。
Moke’sのパンケーキタワー

中目黒Moke’s Bread &Breakfastの場所

中目黒は東急東横線で代官山の次。東口を出て大通りを北へ5分ほど歩けばMoke’s Bread &Breakfastの青い看板が見えてくる。1・2階を両方で50席は無いかな。営業は10-22:00だが21:20分前にラストオーダーの日もあったのでご注意を。また定休日も9月は9(月)・17(火)・24(火)・30(月)と変則的なので事前に公式サイトでチェックした方がいいですね。
Moke’s Bread &Breakfast外観

Moke’s Bread &Breakfast店内

平日の20時頃にも関わらず続々客が訪れていて認知度は高いようだ。お客さんは女性客が8割くらい。半個室的な席が2箇所あるので予約できるのなら便利かも(未確認)。
Moke’s Bread &Breakfast店内

Moke’sの看板「リリコイ パンケーキ」

リリコイ=パッションフルーツなのだとか。そこそこの大きさで850円と妥当なコスパなのでは。パッションフルーツのソースがたっぷりということで警戒したのだが酸味が前面に出ることなくバランス良し。

特筆すべきは生地で、厚みは1cmあるかないかだがプレーンでふわふわ目の生地が食べやすい。残念だったのはサーブされた時にはホイップクリームが流れ落ちてしまっていたこと。全体にソースかける系ではよくあって、一回流れ落ちちゃうと修復不可能なので困る。解決策として中央にくぼみを付けている店もあるので試してみて欲しい。

リリコイ(ハワイ語でパッションフルーツ)ソースがたっぷりかかったパンケーキ。爽やかな酸味とほのかな甘さが楽しめる人気No.1メニューです。

リリコイパンケーキ

個人的なヒットMoke’sの「スパムバーガーパンケーキ」

Moke’sのメニューとしては名物の「リリコイ パンケーキ」と日本独自メニュー「ミックスベリー パンケーキ」「スパムバーガー パンケーキ」からどれを選ぶか悩ましい所だったが「スパムバーガー パンケーキ」で正解だった。

パンケーキでスクランブルエッグ、スパム、トマト、レタスを挟んだハンバーガー風のメニューで生地の黄色、トマトの赤、レタスの緑、オリーブの黒と彩りがよい。パンケーキで彩りというとソースを全体にかけるか、フルーツミックスにするかくらいしかないので新鮮。またスパムというと塩味が強くてジャンクなイメージを持っていたのだがそれほど主張せずバランスよく仕上がっている。おすすめ。

ハワイの朝食には欠かせないスパムをパンケーキで挟み、ハンバーガーのように仕上げました。

スパムバーガーパンケーキ

原宿「夏のパンケーキ自由研究」でパンケーキ5種類食べくらべ

大人になっても自由研究!「パンケーキ・ノート」著者トミヤマユキコさん企画のイベント「原宿・夏のパンケーキ自由研究~お家でもぶあつい美味しいパンケーキ」が8/2-8/6、原宿のアートギャラリーROCKET(ロケット)で開催された。「家焼き」をテーマに
5種類のパンケーキ粉を食べ比べられるプレートを用意するという趣向。

パンケーキブームの始まりに内容がしっかりした唯一のパンケーキガイド本であった「パンケーキ・ノート」は3万部とヒットしている。書籍がヒットするとこれだけ販促イベントが開けるのだなあ、と感心した。イベントを開催するとプレスリリースを出して各種ニュースサイトに掲載されるからいいよね。

原宿 夏のパンケーキ自由研究 in ROCKET

ROCKET、こんな所にあったんですね。キャットストリート裏の細い路地に「原宿 夏のパンケーキ自由研究 in ROCKET」の看板が。黒板があると一気に教室感が出るから不思議。
原宿 夏のパンケーキ自由研究 in ROCKET

夏のパンケーキ自由研究とは

会期中トミヤマユキコさんが選んだ「5種のパンケーキ粉・食べ比べセット」が提供される。氏が登場する焼き方指南のトークイベントもあったようだがそちらには参加していない。
原宿パンケーキイベントの案内

ROCKET内部の様子

壁一面のパンケーキ写真

年間200食ペースで知られるトミヤマさんが食べたパンケーキ写真がところ狭しと貼られている。Instagramにアップしたものを印刷したようだ。めくれかえってしまっているのは残念だが雰囲気が出ていて良かった。
壁一面のパンケーキ写真

パンケーキが登場する絵本たち

「 パンケーキ・ノート おいしいパンケーキ案内100」ではパンケーキにまつわるトピック100個を取り上げている。店舗の紹介が70店。その他にコラムやパンケーキミックス、パンケーキが登場する絵本の紹介など合わせて100個という構成。
パンケーキが登場する絵本たち

5種類のパンケーキ食べ比べセット

トミヤマユキコさんに選ばれたパンケーキミックスは「TARO PANCAKE MIX」、「黒糖ROYAL MILK TEA PANCAKE MIX」、「LONG TRACK FOODS THE JAR SHOP PANCAKE MIX」、「九州パンケーキ」、「いかり芦屋ホットケーキミックス」。

ハワイ系の「TARO PANCAKE MIX」はタロイモを使っていてもちもちした食感が出る。「黒糖ROYAL MILK TEA PANCAKE MIX」は生地自体に味がついてて焼き色も濃い。「九州パンケーキ」は過去「東京パンケーキ速報」でも焼いてみた系の記事を書いている→九州パンケーキのパンケーキミックスがいい色で焼けた
5種類のパンケーキ食べ比べセット

自分でも食べくらべ系の企画を考えたことがある。バターミルク系、もちもち系、ふわふわ系、しょっぱい系、分厚い系など考えられるが同時並行で調理するのは一人では無理、ということで諦めたのだった。

今回の食べくらべ、生地にはそれほど差異がみられなかったがトッピングの方が個人的には惹かれた。パンケーキにはメープルシロップというイメージが強いが別にそういう決まりがあるわけでもない。シーパッション(パッションフルーツ、金柑、甘酒、塩)、サマーベリー(イチジク・ラズベリー・甘酒)などは新鮮だった。
5種類のパンケーキ食べ比べセット縦構図

パンケーキ本「行列のできるパンケーキショップ101」もよろしく!

パンケーキ・ノートもいい本ですが私が「みんなのパンケーキ部」側の担当者として関わった「行列のできるパンケーキショップ101」も外れのないお店のセレクションになっていると思いますのでよろしくおねがいします!

パンケーキ関係なら大抵のことは答えられると思うのでイベント・お店紹介などの依頼もお待ちしています。

驚愕のボリューム!ホノルルコーヒーのパンケーキが表参道に上陸

ホノルルコーヒー表参道がオープンしたのでパンケーキを食べてきた。ホノルルコーヒーはハワイ発のコナ・コーヒーやパンケーキを出すカフェ。都内ではお台場限定だったホノルルコーヒーのパンケーキが気軽に食べられるように。びっくりボリュームのパンケーキなのでうっかり頼むとランチに食べきれませんwww

ハワイ発コーヒー店ホノルルコーヒー

ホノルルコーヒーはハワイ発のコーヒー店で大阪で「まいどおおきに食堂」などを展開するフジオフードシステムが運営。2012年にお台場ダイバーシティに一号店を出店している。ボリューミーなパンケーキで知られるがパンケーキを出すのはダイナー形式の一部店舗で都内ではお台場店のみであった。パンケーキブームを受け満を持して表参道へ進出といった所だろう。
ホノルルコーヒーのフルーツレインボーパンケーキ切り取り

ホノルルコーヒー表参道

ホノルルコーヒーはとんかつ まい泉 青山本店の斜向かいにある。入り口は一段引っ込んでいるが看板が出ているので迷うことはないだろう。
ホノルルコーヒー表参道

ホノルルコーヒーの店内

店内は個室っぽいテーブル席エリア、手前のロングテーブルエリアなど幾つか区切られている。ハワイと言えばコナ・コーヒーということでスタバ的な使い方をしているお客さんが多い。
ホノルルコーヒーの店内

ホノルルコーヒーのメニュー

我々のお目当てはもちろんパンケーキ。お台場で大盛りなことは知っていたので若い子も連れてきてどんと来い!気が大きくなっていた私は何やらダントツにお高いフルーツレインボーパンケーキを「行っちゃう?行っちゃうか!」してしまったのであった。。。

  • オリジナル・パンケーキ 650円
  • コナコーヒークリーム パンケーキ 850円
  • マカダミアナッツクリーム パンケーキ 1000円
  • フルーツレインボーパンケーキ 1850円

ホノルルコーヒー表参道のパンケーキメニュー

フルーツレインボーパンケーキ/ホノルルコーヒー

来たのは20cmサイズのパンケーキ3枚にホイップクリームを乗せストロベリー、ブルーベリー、キウイ、パイナップル、ナッツなどを散らしたパンケーキ。大皿過ぎて乾いた笑いが。これランチタイムに食べて帰れるの?!

カイラやエッグスンシングスみたいな専門店ならわかるが一見スタバかドトールかみたいなコーヒー店で2人でもお腹いっぱいみたいなサイズが出てくるとは油断していたと言わざるをえない。
ホノルルコーヒーのパンケーキ

カイラの「カイラ・オリジナル・パンケーキ トッピング全部のせ」 もそうだが日本人サイズにすると「現地と違う!」という声が出るのでボリュームがアメリカンサイズ。値段が1500円以上のものは2人でシェアするサイズだと心得えよう。
ホノルルコーヒーのフルーツレインボーパンケーキ全景

パンケーキの盛り/ホノルルコーヒー

大きいことにはメリットもあって盛り付けがゴージャスになる。例えば恵比寿のアクイーユも女性客がほとんどなのに20cmクラスの大皿が出てくる。これも見栄えを考えてのこと。パンケーキブームの解説で言われるように「今日友達と原宿でパンケーキ食べてきた〜。」と写真をアップする所までが一連の体験なのでソーシャルネットワークで反応されやすい見栄えが求められている訳だ。
ホノルルコーヒーのパンケーキ縦構図

パンケーキ断面/ホノルルコーヒー

3枚重ねなので一人だと食べきれなかったと思うが2人ならなんとか。ランチで行くとギリギリなので週末カイラやエッグスンシングスが混んでて入れない!という時におすすめ。お客はそこそこ入っているが行列はできていない。
ホノルルコーヒーのパンケーキ断面