純喫茶好きなら行っておきたい錦糸町ニットのホットケーキ

Tags: , ,

錦糸町ニットのホットケーキは爪楊枝が目印。THE昭和って感じの純喫茶。メリヤス工場を廃業して喫茶店にしたとかでウェイターさん(そう、蝶ネクタイのウェイターさん!)がニットを着ている。ホットケーキは日本的ホットケーキを極めた感じで分厚くていい佇まい。

3月に訪れていたのだが昨日錦糸町特集だったアド街ック天国に出たと聞いて遅ればせながら記事を公開。

錦糸町ニットの外観

錦糸町のパンケーキと言えばトミィが有名だが純喫茶好きなら駅の反対側のニットにも足を運びたい。駅からは数分。

この佇まい、パンケーキ食べ歩きしていければ入る機会無かったと思う。
錦糸町ニットの外観

錦糸町ニットのショーウィンドウ

古びたショーウィンドウにはちゃんとニット特製「ホットケーキ」がある。とはいえこの食品サンプルで入りたくなる人も少ないだろうなあ…。勿体ない。
錦糸町ニットのショーウィンドウ

錦糸町ニットの内装

純喫茶好きにはたまらないんじゃないだろうか、この内装。
錦糸町ニットの内装

錦糸町ニットのホットケーキ

ニットのホットケーキは厚みもさることながら楊枝が刺さっているのでひと目で区別できる。銅板で焼いていて、磨かれたようなきれいな表面。壁が綺麗なのはセルクルを使っているから。セルクル(型)を使っているからバリを落としてもいいのだがおまけとして付けているのが下町風かな。

これは日本的ホットケーキを極めたものかもしれないなあ。パンケーキとホットケーキの違いで延々と書いたようにパンケーキとホットケーキはメニューとしては同じものだが出てくるものには違いがある。日本では生地が甘いホットケーキミックスがヒットしたことで「家庭で作れる手軽なおやつ」として普及したしお店で出るものもその延長にある。おやつだからご褒美的に厚みで勝負する傾向があって焼き色や表面の綺麗さにこだわる。ニットは厚さ2cm以上の色形整ったホットケーキで正に日本的なホットケーキと言えるだろう。
錦糸町ニットのホットケーキ

ホットケーキの断面

男性向けというかちゃんとお腹にたまる感じ。おやつに食べると夕食が入らないかもしれない。ご近所に評価の高いトミィがあるので味には触れないがニットは昭和の純喫茶の雰囲気とホットケーキのビジュアルを楽しむお店だと思う。
錦糸町ニットのホットケーキの断面

錦糸町ニットのメニュー

錦糸町ニットのメニュー

純喫茶好きなら行っておきたい錦糸町ニットのホットケーキ by

↓ランキングに参加中!応援ぽちありがとうございます!

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

反応をいただけるとやる気がUPします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

Powered by WordPress. Designed by Woo Themes